ドミノ・ピザ
December 19, 2008

ガンバ大阪vsマンチェスター・ユナイテッド@FIFAクラブワールドカップ2008

ガンバ大阪●旧トヨタカップ、現FIFAクラブワールドカップの準決勝、ガンバ大阪vsマンチェスター・ユナイテッド。この大会、決勝が予定調和的に欧州vs南米の対決になることが期待されているし、事実今までそうならなかったことはない。なので、猛烈にガンバ大阪を応援する(笑)。だってJリーグ代表なんだし。マンチェスター・ユナイテッドがいきなり敗北すると、この大会がどうなるのか気になる。
●ガンバは大健闘した。ユナイテッドは明らかに普段のゲームよりユルユルだったし、おかげでガンバもボールを保持できたんだけど、それでもああやって強豪相手に臆せずに攻め合いをできるのは偉大。ビディッチとクリスティアーノ・ロナウドにゴールを決められた後、橋本のパスから山崎がゴールを決めて1-2になったじゃないですか。その直後、まるで「じゃあ、本気でプレイしちゃうよ」っていうかのごとく、1分も経たないうちにルーニーにゴールを奪われて突き放された。普通はここで俯いてしまいそうなもんだ。ワタシだったら(いや、ほとんどの人は)、ベソかきながらピッチを去る。
●でもガンバは居直って攻めた。だから守備も崩壊したけど、3-5になった。同じ土俵で戦えない相手と試合をするときに取りうるもっとも立派な態度だと思うな、やられても顔を上げ続けるっていうのは。ワタシはマリノスサポだから、意外な場面の連続に純粋に大喜びして見てたけど、これが自分のチームの戦いだったらどれだけ心を動かされたか。「負けて悔しい」とかいう感情を抱くには、まだまだJリーグと欧州ビッグクラブの差がありすぎる。
●遠藤保仁がユナイテッドのファン・デル・サール相手にコロコロPKを挑むとか、もう空想上にしかないような場面だし。あれ、コロコロPKにしてはスピードがあった。だからギリギリで決まった。ファン・デル・サールは相手が蹴るまで微動だにしなかった。
●試合終了の笛が鳴ると、安田理大がクリスティアーノ・ロナウドとユニ交換。試合前から狙っていたにちがいない。でもお互いマッチアップするポジションにいたわけだから、これは納得。
●クリスティアーノ・ロナウドを「ロナウド」って呼ぶ中継がヤだ。ロナウドは(元)ブラジル代表の9番だろ。縮めるなら「クリスティアーノ」か「クリロナ」か。「ロナルド」なら許せる。もともとロナルド・レーガンにちなんでるわけだし。
●あと、異様な頻度でシュートの本数を数え上げるアナウンサーが謎。野球のヒットの本数みたいな感じで伝える。そんなサッカー中継、ほかで聞いたことないぞ。

トラックバック(1)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1062

サッカーというスポーツとして純粋に楽しめたのかと言えば、必ずしもそうではないかもしれません。でも、エンターテインメントとしては最高に楽しいゲームでした。前... 続きを読む

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「自主申告する「感動の物語」」です。

次の記事は「「クラシック新定番100人100曲」(林田直樹著)」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ