December 9, 2019

祝! マリノス、15年ぶり4度目のJリーグ優勝


●こんな展開をだれが予想していたのか。J1最終節はマリノスvsFC東京で、1位対2位の優勝を決める直接対決になった。もっとも、前節に東京が浦和と引き分けたことから、マリノスは「4点差以上で負けなければ優勝」という有利な状況。まあ、以前に4点差で負けたこともある相手なので、油断はできない。早い時間帯で失点を重ねれば勢いで押されるということだってありうる。なにしろマリノスは得点も失点も多いチームなので……と、思っていたが、前半26分、ティーラトンのミドルシュートがスライディングしてきた東慶悟に当たってコースを変え、これがきれいにキーパーの頭を超えてゴールへ。その後、エリキ、後半に遠藤渓太(見事な個人技)が追加点を奪って、3対0。祝祭的な雰囲気の中、ホームで優勝を決めた。
●DAZNではその後のセレモニーも延々と中継してくれて、これが泣ける場面続出。シャーレを掲げて喜びを分かち合う選手やコーチ、スタッフたち。そして、選手たちは途中でチームを去ったかつての仲間のシャツを着て、彼らに成り代わって優勝を祝う。キーパーの飯倉大樹やベルギーに行った三好康児、等々。極めつきは松田直樹の3番だ。天に向けての優勝報告。それから大ベテランとなった栗原勇蔵の長い長い引退セレモニー。功労者の栗原に花道を用意することができて本当によかった。ザッケローニ元日本代表監督らがビデオメッセージを寄せてくれた。
●リーグ戦の間、ずっとてっぺんに東京がいて、マリノスは3位くらいで追いかけていたのが、最終盤になってはじめて1位に躍り出て、そのままゴールを切った。なので、優勝争いを実感したのは本当に最後のほうになってから。終わってみれば1位マリノスが勝点70、2位東京が64。勝点6も引き離しているのに驚く。22勝8敗4分。得点68、失点38。失点の多いチームだったが、終盤ではずいぶん守備が落ち着いてきたのがよかった。
●昨季、残留争いまでしたマリノスが、同じポステコグルー監督、同じ戦術でなぜ優勝できたのか。きっと「この超攻撃的な戦術が浸透したから」というまとめられ方になると思うが、自分にはそんな実感はない。最大の勝因は、選手層の厚みかなと思っている。なにしろ途中まで11ゴールをあげていた絶対的エース・ストライカー、エジガル・ジュニオがケガで離脱したというのに、その後にエリキやマテウスら、次々と優秀な選手を獲得できたのが大きかった。リーグMVPに輝いた仲川輝人と、マルコス・ジュニオールのふたりが15ゴールで並んで得点王。急成長を遂げた仲川のMVPは文句なしだが、このチームで決定的な存在はセンターバックのチアゴ・マルチンスだったとも感じる。ずっと上のレベルでやれる選手がなぜかここにいるというか。遠藤渓太のようにベンチに置かれた選手もクォリティが高かった。両サイドバックのポジション争いも熾烈。これだけの層の厚みはかつてなかった。

December 6, 2019

わかりやすい文章を書く秘訣

●よくある誤解で、執筆者が自信を持って書いた原稿を編集者に送ったところ「これは難しすぎるから直してほしい、もっと平易な原稿をお願いしているのだ」と差し戻されてしまい、執筆者はいったいどこが難解なのか見当がつかず、ここにはぜんぜん難しい話など書いていない、おたくの読者にとってこの程度の話はまったく問題がないはずであり、これを難解と差し戻すとは編集者としての見識が疑われる、といったような反発が起きてしまい、機嫌を損ねた執筆者と途方に暮れる編集者の間で不穏な空気が漂う、そんな事故はそれほど珍しくないものであるのだが、なぜそんなことが起きるのかといえば、実をいうと編集者側は必ずしも原稿中に扱われる概念や思考の道筋が難解だと感じているわけではなく、本音では日本語が拙くて文章がわかりにくいからもっと上手に書けと要望しているのであるが、それを婉曲的に「易しくしてほしい」と表現しているだけなのではないか、そんな疑念がずっとつきまとっており、実際に記憶をたどってみれば思い当たる節がなくもなく、軽く身震いしながら認めるなら、わかりやすい日本語を書くことは本当に大切で、その内容がかなり込み入ったものだったり論理が飛躍したものであったりしても、日本語がきれいであれば編集者はしばしば「わかりやすい原稿をありがとうございます」と感謝してくれることすらある一方で、たんに目玉焼きのレシピを記したにすぎない原稿が日本語が整えられていないばかりに「難解すぎる」とダメ出しを食らう危険性は十分にあると確信しているわけで、それではどうやったらわかりやすく書けるのか、するりとスムーズに編集者に受け入れてもらえるのかといえば、それについてはかつて絶対的な真実をある偉大な先人から教わったことがあるので、ここに気前よくズバッと大公開しておくと、いわく、一文は長くならないように文章を短く切れ、それだけのことであるがまさしく極意と呼ぶほかなく、これほど有益なアドバイスをワタシはほかに知らない。

December 5, 2019

ビシュコフのチャイコフスキー「悲愴」論

●しばらく前に来日公演があったビシュコフ&チェコ・フィルのプログラムノートに、ビシュコフのインタビューが載っていた。この種のインタビューには珍しく、作品解釈についてあれこれ語っていて、チャイコフスキー「悲愴」の話がおもしろかった。
●ビシュコフは「悲愴」最大の秘密はフィナーレの意味だとして、初演を指揮して9日後に亡くなったチャイコフスキーの死因について、よく言われるコレラ説ではなく「自殺説がもっとも信憑性が高い」としている。自殺説はかつてニューグローヴ世界音楽大事典でも採用されていた時期があったが、最近はあまり耳にしない。まあ、どれも決定的な証拠を欠くだろうから、なんだってありうるのかもしれないが、その説を作品解釈の形で実践できるのが指揮者ならでは。ビシュコフはフィナーレを「死への抵抗」と解釈して、「死を受容したという一般的な解釈とは違った観点で臨む」と語っている。そんなの表現できるものなの?とも思うが、確かめたかったら彼らの録音を聴けばいいわけだ。

December 4, 2019

今シーズンのJFL全日程が終了、J3昇格は今治のみ

●だれにも興味を持ってもらえなさそうな話題だが、今季のJFLの全日程が終了したので、結果を記しておこう。優勝はHonda FCで4連覇。2位はソニー仙台。1位も2位もJリーグを目指していない企業チームになってしまった。そのため3位の今治がJ3に昇格。問題は4位の東京武蔵野シティFC。成績はJ3昇格条件を満たしており、J3ライセンスも持っているのだが、「平均入場者数2000名」という昇格条件を満たせなかったので、来季もJFLに残ることに。
●先日書いたように武蔵野シティは平均2000名をクリアすべく、最後の数試合で極端に入場者数を増やしていた。ラスト2試合目は武蔵野陸上競技場にまさかの5284名。これでホーム最終戦に5703名を集めれば平均2000名に届くということで、奇跡が起きるかと思っていたら、事前にクラブから「2020年のJ3入会断念について」というメッセージが発表された。そもそも同競技場の収容人数は5192名しかなく、安全管理上問題があったということで、J3昇格はないと明言。ちなみに、その最終戦に何人足を運んだかといえば、2608人で普段だったら十分に立派な数字。来季は2000名をクリアすべく開幕から盛り上がるとは思うが、ホームゲームに武蔵野陸上競技場を使えない週の集客が課題か。
●JFLの降格争いは最終節に直接対決があって、勝った松江シティが残留決定、敗れた流経大ドラゴンズ龍ケ崎(名前にリュウがいっぱいいる)が最下位となり地域リーグに降格。といってもこのチーム、流通経済大学サッカー部のサテライトチームという扱いのようで、はたから見ていると本体のチームとの関係性がよくわからない。同大学サッカー部の部員数は213名もいるそうなので、サッカー部だけでひとつのリーグが創設できそう。

December 3, 2019

鈴木優人指揮N響のメンデルスゾーン「宗教改革」他

青の洞窟
●30日、NHKホールで鈴木優人指揮NHK交響楽団。すでにオルガニストとしては出演済だが、今回は指揮者としてN響デビュー。どうやら恒例となったらしい「青の洞窟」のイルミネーションでホール前の代々木公園は真っ青。みんなスマホで写真を撮っている。前半にメシアンの「忘れられたささげもの」、ブロッホのヘブライ狂詩曲「ソロモン(シェロモ)」(チェロにニコラ・アルトシュテット)、後半にコレッリ(鈴木優人編曲&チェンバロ)の合奏協奏曲「クリスマス協奏曲」、メンデルスゾーンの交響曲第5番「宗教改革」。12月のクリスマスにちなんで、カトリック、プロテスタント、ユダヤ教入り混じった宗教プログラム。「青の洞窟」の日本風クリスマス・イベントを通り抜けた向こうにこんなプログラムが待っているというさすがの趣向。ゲストコンサートマスターにロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団のヴェスコ・エシュケナージ。先週のコンセルトヘボウ管弦楽団来日公演に引き続いて。
●前半、ブロッホが終わったところで妙に長い沈黙が訪れて、なかなか拍手できず。謎の空白。アルトシュテットはアンコールになるとエンドピンをしまってバッハの無伴奏チェロ組曲第5番のサラバンド。これが極端に弱音に寄った淡々としたモノローグ風の演奏で独特。
●後半が断然おもしろかった。コレッリのクリスマス協奏曲は鈴木優人編曲でオーボエ2、ファゴット1が加えられたもの。チェンバロを弾きながら指揮。近年、モダン・オーケストラの定期演奏会でバロック音楽が取り上げられる機会がめっきり減っているけど、レパートリーの多様化という点からもこういったチャレンジは大歓迎。小編成なので、サントリーホールのB定期ならなおよかったとは思うけど……。続く、メンデルスゾーンの「宗教改革」はこの日の白眉。ホグウッド校訂による初稿で、第4楽章を導くフルート・ソロの長いレチタティーヴォが入る。これは効果的。そして、稿のいかんにかかわらず、「宗教改革」が圧倒的な名曲であることを改めて実感。信仰を超越した普遍性を感じる。

December 1, 2019

アレクサンドル・タロー 「ヴェルサイユ」


●29日はトッパンホールでアレクサンドル・タローのピアノ・リサイタル。最新アルバムと同じく「ヴェルサイユ」と題された公演で、ラモー、クープラン、ロワイエ他のフランス・バロック名曲集。小曲ばかりなのに、なぜか本人の希望により休憩なし。全体を貫く一本の大きなドラマがあるとは思えない内容なので、どういう意図なのかよくわからないが、曲の配列がよかったのか、結果的に問題なし。なお、ピアノはヤマハCFXを持ち込んで使用。
●まずは幕開けの音楽ということで、リュリ(タロー編)の「町人貴族」より「トルコ人の儀式のための行進曲」。いきなり愉快。続いて、クープランのクラヴサン曲集から「ロジヴィエール(アルマンド)」「神秘的なバリケード」「パッサカリア」「さまよう亡霊たち」「ティク・トク・ショック、またはオリーヴしぼり機」。タロー十八番の「ティク・トク・ショック」、いろんな人が弾いてるとは思うけど、タローの「持ち曲」みたいなイメージになっている。ところで前から謎なんだけど、この「ティク・トク・ショック」っていうのは「オリーヴしぼり機」とやらが動く際の擬音ということなんだろうか? そもそも Les maillotins が「オリーヴしぼり機」なのがよくわからない。画像検索しても棍棒とか斧みたいな形状のものが出てくるのだが、オリーブをしぼるためのメカニズムとして棍棒状のパーツを用いた「しぼり機」があったのか?
●と話がずれてしまうが、これに続いたのがロワイエのクラヴサン曲集第1巻より「愛すべき」「スキタイ人の行進」。この「スキタイ人の行進」が痛快。これもタローにぴったりの曲で、第二の「ティク・トク・ショック」というか、運動性とユーモアが同居した名演。ここで思い切りはじけて、盛り上がったところでようやく立ち上がって拍手を促して袖へ。遅刻したお客さんを入場させると同時に、客席にもプログラムの切れ目を知らせる。
●続いて、ラモーの「プレリュード」「鳥のさえずり」、バルバートルの「ラ・シュザンヌ」、デュフリの「ラ・ド・ブロンブル」「ラ・ポトゥワン」。ここでまた立ち上がって一息入れて、ラモーの新クラヴサン組曲より、アルマンド、クーラント、サラバンド、小さなファンファーレ、ガヴォットと6つの変奏。これも録音が既出だが、ライブならではの熱い演奏でノリノリ。全体としてモダンピアノのダイナミズムときらびやかな音色を最大限に生かした演奏で、曲のユーモアとエレガンスを拡大したコントラストの強い表現。オシャレ悪ノリというか。
●アンコールではメモを読みながら日本語で曲名を案内する茶目っ気も披露。ラモーの「未開人」、スカルラッティのソナタ ニ短調 K141、ロベール・ド・ヴィゼのサラバンドの3曲。スカルラッティは羽目を外して大はしゃぎするかのよう。執拗さが笑いに通じる曲。タローは終始ご機嫌で、どうしちゃったのかと思うほどハイテンション。こんなキャラだったっけ?と思わなくもないけど、今季随一の楽しさ。

November 29, 2019

十二国記「白銀の墟 玄の月」第3巻&第4巻 (小野不由美著/新潮社)

●さて、18年ぶりに出た「十二国記」シリーズの最新作「白銀の墟 玄の月」、先日の第1巻&第2巻に続いて、第3巻&第4巻も読み切った。いやー、長かった。読みやすいけど、長かった。第1巻と第2巻はストーリーがぜんぜん展開しなくて、ずーっと人探しをしていて、あっちを探したら見つからない、こっちにいるかと思って来てみたらやっぱりいなかった、みたいな出来事の連続だった。
●で、後半の第3巻&第4巻。どんどん話が動き始めた。そして、第4巻に入ると猛烈な勢いで話が畳まれる。なにしろ登場人物が多いので、最後は「えっと、この人はだれだっけ……?」みたいな事態にもなりがちだが、なんだか途中で物語の設計図が変更されてしまったかのような印象を受けるのはワタシだけだろうか。特に阿選と琅燦のふるまいに違和感が残っていて、「十二国記」世界観を揺るがすような大きな展開があったかもしれないのに、前半が長すぎてうやむやになってしまったような気が。でも、個別にいいシーンはたくさんあったので、読書の楽しみは存分に味わった。講談社X文庫ホワイトハート以来の付き合いという意味では、映画「スター・ウォーズ」に匹敵するくらいの気長なシリーズ。もっと読みたいけど、やっぱり話がどんどん動いたほうが「十二国記」らしいかな。

November 28, 2019

J1は残りあと2節、J2は全日程を終了してプレーオフへ


●大きな声では言えないことなので、ひっそりと記しておくが、先週末、マリノスは松本山雅に勝って、今季はじめて首位に立った。次が難敵の川崎戦、そして最終節は首位を争うFC東京戦との直接対決ということで、最終節に勝てばなにかが起きるという展開だ。語りたいことはあれこれあるが、今はぐっとこらえる。あの2文字を口に出してはいけない気がする。
●で、J2は一足先に全日程を終えて、1位の柏レイソルと2位の横浜FCがJ1昇格決定。柏はともかく、横浜FCがここまで強いとは。横浜FCといえばいまだ現役の三浦カズ52歳だが、カズは年間で3試合に出場したにすぎない(それでもスゴいんだけど)。最終節、勝利を決定づけた後でカズが途中出場して話題をさらったが、本当なら下平監督の手腕なり主力選手の活躍に焦点があたるべきところ。カズを崇める者として出場シーンをDAZNで見たが、さすがにフィジカルの衰えは隠しようがなく、見ていて辛くなった。どんなに鍛えていても、超えられない壁があるのか。来季は……?
●そして、J2からの降格枠に目を向けると、最下位がFC岐阜、21位が鹿児島ユナイテッドFC。岐阜のJ3降格は決まったが、鹿児島はJ3の結果待ち。というのもJ3はまだ終わっていない。もしJ3で藤枝が現状の2位を守った場合、藤枝にJ2ライセンスがないため、鹿児島は残留が可能になる。ちなみにJ3の1位はギラヴァンツ北九州でJ2昇格決定。
●J2残留を決めた町田だが、ついに相馬監督が退任するそう。町田ではJFL時代も含めると都合7年間も監督を務めたことになる。途中、J1の川崎でも指揮を執っているので、JFL、J3、J2、J1すべてのカテゴリーで監督経験を持つ。どう考えてもほかのクラブが放っておくはずがないが、鹿島は手を挙げるのだろうか。

facebook / twitter

facebook Twitter instagram

過去記事一覧

過去記事見出し一覧はアーカイブに。

月別 アーカイブ(まとめ読みに)

制作者

飯尾洋一(Yoichi Iio)

このサイトについて/プロフィール
since 1995.

ショップ

MyBlogList

shortcut

CLASSICA [HOME]
home
links
side_b