September 13, 2019

ロイヤル・オペラのグノー「ファウスト」

●12日は、東京文化会館で英国ロイヤル・オペラ2019、グノーのオペラ「ファウスト」。指揮は音楽監督アントニオ・パッパーノ。デイヴィッド・マクヴィカー演出。歌手、オーケストラ、舞台装置、バレエ、いずれも高水準で大いに楽しんだ。ファウスト役のヴィットリオ・グリゴーロは輝かしく張りのある声で、奔放なキャラクターも加わってスターのオーラ全開。マルグリートのレイチェル・ウィリス=ソレンセン、メフィストフェレスのイルデブランド・ダルカンジェロも聴きごたえ十分。ロイヤル・オペラのオーケストラは明るく華やかな音色を持ち、弦楽セクションのしなやかなサウンドも吉。なにより効果的だったのはバレエ。ほとんどアスリート的なキレのある動き。第5幕「ワルプルギスの夜」のバレエがエグい。あの妊婦と来たら!
●グノーの「ファウスト」って、ファウストのマルグリートへの恋が成就する第2幕、第3幕あたりは話があまりおもしろいとは思えないんだけど、第4幕でファウストがマルグリートを捨てた後に話が飛ぶと、がぜんおもしろくなる。ファウストってあれだけ学問を究めた人物なのに、悪魔に魂を売ることと引き換えに手にする現世的欲望は意外とフツーだ。若返ってマルグリートと愛し合って、でも妊娠させて捨てる。マルグリートは罪を犯し、牢獄に入る。それを助けようとするファウスト。若さを手に入れて待っているのはそんな鬱展開。どうせなら、もっと爽やかな青春とか手に入れられなかったのか。キラッキラに輝く青年ファウスト、とか。そして、悪魔の話であるにもかかわらず、グノーの音楽はまったく悪魔的ではなく、美しく磨き上げられた宝石がどこまでも並んでいるような上品さがある。なので、バレエシーンであれくらい思い切りやってくれてちょうどいいのかも。
●悪魔に魂を売る話はしばしば目にするが、悪魔は買った魂をなにに使うのだろうか。

September 12, 2019

ディエゴ・マテウス指揮サイトウ・キネン・オーケストラ ~ セイジ・オザワ 松本フェスティバル2019

セイジ・オザワ 松本フェスティバル2019 キッセイ文化ホール
●7日はあずさに揺られて松本のキッセイ文化ホールへ。セイジ・オザワ松本フェスティバル、今年はファビオ・ルイージ指揮のマーラー「巨人」やチャイコフスキー「エフゲニー・オネーギン」などもあったのだが、諸々の日程を考えるとこの日の一択で、ディエゴ・マテウス指揮サイトウ・キネン・オーケストラ。これが音楽祭最終日。プログラムはレブエルタスの「センセマヤ」、モーツァルトの交響曲第35番「ハフナー」、チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」。
●会場に入ると、テレビ収録あり。もしかして……とは思った。このプログラム、「センセマヤ」はマテウスならではのプログラムだし、「悲愴」は大曲だから難しいと思うんだけど、「ハフナー」だったらレジェンドのサプライズ登場が可能なのでは!? というか、そういう可能性を見越しての「ハフナー」なのでは。「センセマヤ」を振り終えたマテウスが袖に引っ込み、ステージの準備が整い、さあ「ハフナー」だと思ったら、そこで袖からすすっとさりげなくあらわれるレジェンド、あっと息をのむ客席、そして地響きのような大ブラボー……なんてことには、ならなかったんである。ちゃんと普通にマテウスが最後まで指揮した。マテウス、最高にすばらしかった。だよねっ!
●「センセマヤ」は歯切れよくくっきりとしたサウンドで大蛇秒殺。「ハフナー」は20世紀の伝統的なスタイルを一段シャープに磨いたようなモーツァルト。「悲愴」は冒頭ファゴットからただならない気配を感じさせる緊迫感にあふれた演奏。白熱した第3楽章の後にダーッと拍手が出た。おまけにブラボーまで出た。最近、なかなか見ない光景だけど、これでいいんだと思う。まだ終わってないと承知の上でのブラボー、たぶん。この曲はすごーく盛り上がったときだけ第3楽章で拍手、そうでもなかったら黙って次、ということでいいかも。第4楽章は抒情的で、決して暗鬱ではない。沈黙のあと、拍手喝采。普通ならこれでおしまいだが、音楽祭最終日ということもあってなのか、「エフゲニー・オネーギン」のポロネーズを豪快に。最後はハッピーエンドに着地した。楽員退出後、ソロカーテンコールならぬ、みんなでカーテンコールが2回。
●JRの中央線特急「あずさ」「かいじ」って、いつのまにか自由席がなくなってたんすね(→参考)。各席の上方にランプがあって、緑は予約済み、赤は空席になっていて、指定席を確保していない人は赤の席に座れる(でも、乗ってる途中でその席が売れたら色が変わってしまうんだとか)。「あずさ」回数券は廃止。

September 11, 2019

ニッポンvsミャンマー代表@ワールドカップ2022カタール大会 アジア2次予選

ミャンマーの国旗●早くもワールドカップ2022カタール大会の2次予選がスタートした。サッカー界は2020よりも2022。いや、灼熱のカタールで本当に大会が開かれるのかという疑問はいまだにあるのだが、とにかく予選は始まった。ちなみにこの2次予選は、アジアカップ2023中国大会の予選も兼ねている。サッカー界は過密スケジュールなのだ。もうひとつ言っておくと、いきなり2次予選から始まったのは、ニッポンは1次予選を免除されているから(全46チーム中、FIFAランキング上位34チームが免除。つまり免除される国のほうがずっと多い)。
●さて、ニッポンが2次予選で戦う相手はキルギス、タジキスタン、モンゴル、ミャンマー。なんと、中東勢がいない。そして、2次予選といっても感覚的には実質的に1次予選程度の相手。各組1位、および2位の成績上位チームの合計12チームが最終予選に進む。えー、なんでこんな楽な相手になっちゃったんだろう。不思議な気がするがこれはクジ運、ということなんだろう。日本は他のアジアの強豪と並んで第1シード。第2シードにはイラク、ウズベキスタン、シリア、オマーン、ヨルダンなど厄介な相手もいたのに、キルギスが日本と同組になった。そして、第3シードにも北朝鮮、バーレーンなどがいたのに、タジキスタンが同組になった。第4シードにもクウェートがいたのに、ミャンマーが来た。まるでモーゼが海を割って最終予選への道を作ってくれたかのように、平坦な2次予選になってしまった。これをラッキーと言っていいのかどうかは微妙なところだが……。
●で、アウェイのミャンマー戦だ。森保監督は予想通り先日のパラグアイとの親善試合と同じメンバーを先発させた。GK:権田-DF:酒井宏樹、冨安、吉田、長友-MF:橋本拳人、柴崎-堂安(→伊東純也)、南野(→鈴木武蔵)、中島(→久保建英)-FW:大迫。なんと、フィールドプレーヤー10人が全員別の国でプレイしているという珍事。フランス、イタリア、イングランド、トルコ、日本、スペイン、オランダ、オーストリア、ポルトガル、ドイツ。途中出場の伊東がベルギーだから、彼を中島と交代させていれば、キーパーも含めて11人全員が別の国になったのに、惜しい、惜しすぎる!
●いやー、全員Jリーガーだったころに比べると、ホントに時代は変わった。「サッカーのプロ化なんて、ムリムリ。まだバレーボールのほうが可能性ある」なんて言われてた日本リーグ時代から、Jリーグを創設してここまでやってきたサッカー界、ホントにすごい。
●肝心の試合内容であるが、雨がすさまじく、水をたっぷり含んだ芝でまるでボールが転がらない。ミャンマーは雨期。ボールが途中ですっと失速して思わぬところで止まる。スムーズなパスワークなどできるはずもない。なので、ニッポン代表はそれに応じたプレイ。高さでも優位に立てたので空中戦でも無問題。ほとんどの時間、ニッポンがボールを持つ展開。前半16分に中島が左サイドからカットイン、得意の角度からドライブ回転のかかったシュートをゴール右上に決めて先制点。早めのゴールで楽になった。前半26分、堂安のアシストで南野が頭で決めて2点目。個の力に大きな差があり、しかもミャンマーの守備組織が緩いとあって、その後も次から次へとチャンスを作ったが、いらだった相手のラフプレイがあったり、ヨルダンの審判がそう信頼できるとも思えなかったりで、2点を取った後は「いかにケガをせずに無事に終えるか」がテーマになった感。実力差がありすぎると、大量点は入らないもの。唯一ミャンマーで印象的だったのは、スタンドにつめかけたサポーターで、本当に盛り上がっている。一度、笛で試合が止まっている場面で、たまたまボールが日本のゴールに入ってネットを揺らせたら、それだけでワーッと歓声が上がった。そのノリ、よくわかる。ミャンマー 0対2 ニッポン

September 10, 2019

山田和樹指揮日本フィルのフランス&日本音楽プログラム

●6日夜はサントリーホールで山田和樹指揮日本フィル。プログラムが魅力的。前半にサン=サーンスの「サムソンとデリラ」より「バッカナール」、間宮芳生のヴァイオリン協奏曲第1番(日本フィル・シリーズ第2作)、大島ミチルの Beyond the point of no return(世界初演/日本フィル・シリーズ第42作)、ルーセルのバレエ音楽「バッカスとアリアーヌ」第1・第2組曲。フランスの作曲家によるバッカスの音楽に、日本フィルの新旧委嘱作がサンドイッチされるという構成。外側はフランスパン、中身はあんこみたいなハイブリッド感が吉。外はサクッ、中はふわっ、みたいな。
●最初の「バッカナール」は終盤で煽りに煽っていきなりやってくるクライマックス。自分の聴く限り、サントリーホールでいちばん大きな音を出すオーケストラが日フィル。一方、響きの彩度は控えめ。間宮芳生作品ではコンサートマスターに就任した田野倉雅秋が渾身の演奏。このヴァイオリン協奏曲第1番、日本フィルが1959年に委嘱した作品なんだそう。新作委嘱はオーケストラの財産になるのだと改めて痛感。そして初演とは違ったハードルの高さがある再演を、こうして別の初演曲といっしょに実現するというアイディアは秀逸。名演が名曲を作り出すもの。主にプロコフィエフ、ときにバルトークを連想させつつも、随所で独自の音色に彩られた作品。演奏後、客席から90歳の作曲者がステージにのぼり、盛大な喝采を浴びた。レジェンドの醸し出すオーラ。大島ミチル新作は変拍子で突き進む推進力にあふれた快作。たまたまなんだろうけど、ここにもバッカス的な熱狂があるかも。聴きやすく、映画やアニメの一場面風でもあり。こちらも作曲者臨席。最後のルーセルは山田和樹がスイス・ロマンド管弦楽団とPentaToneレーベルに録音している曲。華麗なオーケストレーションを楽しむ。フィナーレの執拗な熱狂が快感。

September 9, 2019

英国ロイヤル・オペラ2019日本公演開幕記者会見

英国ロイヤル・オペラ2019 記者会見
●6日はグランドプリンスホテル新高輪で英国ロイヤル・オペラ2019日本公演開幕記者会見。9月12日から23日にかけて、グノーの「ファウスト」とヴェルディの「オテロ」が東京文化会館と神奈川県民ホールにて上演される。指揮はいずれもアントニオ・パッパーノ。写真は左よりイルデブランド・ダルカンジェロ(「ファウスト」メフィストフェレス役)、ヴィットリオ・グリゴーロ(同 ファウスト役)、指揮のアントニオ・パッパーノ、フラチュヒ・バセンツ(「オテロ」デズデモナ役)、グレゴリー・クンデ(同 オテロ役)、ジェラルド・フィンリー(同 ヤーゴ役)。
●パッパーノは2002年から音楽監督を務めているので、もう17年も続いている。会見からもパッパーノと歌手陣たちの信頼関係の強さがうかがえた。今回が日本デビューとなるデズデモナ役のバセンツからは「パッパーノは私たちを守ってくれる守護天使のような人」。F1好きのグリゴーロは「最高の指揮者と共演できることがうれしい。指揮者をF1にたとえると、みんなはエンジンだと思うかもしれないが、実はタイヤ。最高のタイヤがないと車体は正しい方向に進まない。パッパーノはすべてを信頼して任せることができる音楽家であり友人でもある」。
●「ファウスト」はデイヴィッド・マクヴィカー演出、「オテロ」はキース・ウォーナー演出。パッパーノは「『ファウスト』は2004年以来、ロンドンでも高く評価されるプロダクションで、音楽に大変力があり、ゴシック的な要素もある魅力的な舞台。『オテロ』はシェイクスピアの原作のメッセージをまっすぐに伝える作品。オテロとヤーゴはもっとも難しい役といってもいいが、デズデモナ役も含めて、すばらしい歌手がそろった。まったくスタイルの異なる2作品を日本で披露できることがうれしい」と語った。

September 6, 2019

ニッポンvsパラグアイ@親善試合

パラグアイ●9月10日に早くもワールドカップ2022カタール大会の2次予選、アウェイのミャンマー戦が行われる。で、その直前の強化試合として行われたのが昨夜のパラグアイ戦。せっかく代表メンバーを招集するのだから、1試合だけではもったいないというわけでカシマで親善試合を開催。もし親善試合が2試合だったら森安監督はAチームとBチームに分けてほぼ全員を出場させるだろうが、今回はテスト+本番。テストのほうがずいぶん格上の相手だが、なにせ本番はアウェイ。テストでも本番と同じメンバーを先発させたと考えるのが自然か。
●ニッポンのメンバーはGK:権田、DF:酒井宏樹(→植田)、冨安、吉田、長友(→安西幸輝)-MF:橋本拳人、柴崎(→板倉滉)-堂安(→久保建英)、南野、中島(→原口)-FW:大迫(→永井謙佑)。所属先のポルティモネンセで出番を失っている権田は4か月ぶりの試合だった模様。無問題。ベンチの川島永嗣も試合には出ていない。ベルギーのシントトロイデンに移籍したシュミット・ダニエルがおそらく正キーパーだが、けがをしたらしい。バックラインは盤石の4人といった感じ。唯一プレミアリーグでプレイする吉田に、マルセイユで主力の酒井宏樹、ボローニャに移籍して右サイドバックとして評価を高める冨安、そしてガラタサライの長友。欧州での実績という点でいえば、このチームの核はバックライン。後半は酒井宏樹に代わって植田をセンターバックに入れて、冨安をサイドバックに。酒井宏樹が絶対的な存在になっているので、冨安はセンターバックでの起用が基本だと思うが、右サイドバックのオプションができたのはありがたい。
●東京の橋本拳人は唯一のJリーガー。落ち着いたプレイで守備で大活躍。交代出場した板倉が冴えなかったのとは好対照。攻撃ではやはり堂安、南野、中島の技術の高さが圧倒的で、パラグアイ相手でも一対一に強い。屈強な相手のタックルをするすると交わす。特に中島のドリブルは痛快。南野はいつまでザルツブルクにいるんだろう。途中出場の久保建英は代表最年少ゴールを決める気マンマンで、がんがんと仕掛けてきたが、惜しくも決めきれず。さすがに巧い。今回はもっぱらニッポンが攻める展開だったので問題はなかったが、守勢に回ったときにどれだけできるかが気になるところ。
●ニッポンの2ゴールはいずれもサイドバックからの低いクロスを中央で決める形。1点目は左の長友から大迫、2点目は右の酒井から南野がゴール。長友のクロスは幸運もあったが、どちらもチーム全体の連動性が高くて、きれいな形。パラグアイは移動と気候の影響か、体が重そう。ニッポン 2-0 パラグアイ

September 5, 2019

DCHでペトレンコ指揮ベルリン・フィルのベルク&「第九」

●ベルリン・フィルのデジタル・コンサートホールで、キリル・ペトレンコの首席指揮者就任演奏会を観る。ペトレンコ、ついに首席指揮者に就任。というか、決まってから就任するまでに何年かかったのか。新しい旅の始まりというよりは、スタートラインに立つまでの長い旅がようやく終わったという感慨すらある。プログラムはベルクの「ルル」組曲とベートーヴェンの「第九」。新旧ウィーンの音楽。歌手陣はマルリス・ペーターゼン(ソプラノ)、エリーザベト・クルマン(アルト)、ベンヤミン・ブルンス(テノール), ユン・クヮンチュル(バス)、ベルリン放送合唱団。コンサートマスターは樫本大進。木管楽器セクションの中央にはフルートのパユとオーボエのマイヤーの2枚看板。はっと気がつくと、パユとマイヤーもずいぶん髪に白いものが目立つようになっていて、2トップが熟している。クラリネットはオッテンザマー。
●「第九」は奇をてらわないけれども新鮮な演奏。第1楽章はやや速めのテンポで歯切れよく、弾むよう。第2楽章も弾力性があって、きびきびと進む。合唱は最初からスタンバイしていて、第3楽章の前に独唱者が入場(拍手は出ない)。第3楽章から第4楽章へはアタッカで。vor Gottのフェルマータで、目をむいて真っ赤な顔で音をひっぱるペトレンコ。すごい気迫。高解像度と熱量を両立させた立派な演奏。でも、少し気まじめすぎるかな。ペトレンコが目指しているのは、ひとつにはオートマティズムの排除なんだろうと思うんだけど、ディテールまで意匠を凝らしたとしても、どこまで細部に神は宿るんだろう。

September 4, 2019

大野和士指揮東京都交響楽団のベルク&ブルックナー

●3日は東京文化会館で大野和士指揮都響。ベルクのヴァイオリン協奏曲(ヴェロニカ・エーベルレ)とブルックナーの交響曲第9番という「白鳥の歌」プログラム。告別のプログラムを、新たな生命の誕生を間近に控えるソリストが奏でる。大野和士のブルックナーはやや意外な選曲で、ベルクをより楽しみにしていたのだが、強い印象を刻んだのはブルックナーのほう。伝統的なブルックナー像が深い森を思わせる重厚な響きを連想させるとしたら、こちらは重工業的というか、巨大な溶鉱炉で赤光を放つ鉄塊のようなブルックナー。強い筆圧で描かれた、剛健でたくましい造形美を堪能。祈りや神が不在でもブルックナーは成立するという心強い宣言。ビバ、世俗のブルックナー。
●京成上野駅側から文化会館方面に上る坂道が工事中で通行できなくなっていた。JRからホールに直行する際は関係ないが、下で先に食事をとった場合は上野公園内を通ることになりそう。上野の森さくらテラスのエスカレーターを使って上ってみた。

facebook / twitter

facebook Twitter instagram

過去記事一覧

過去記事見出し一覧はアーカイブに。

月別 アーカイブ(まとめ読みに)

制作者

飯尾洋一(Yoichi Iio)

このサイトについて/プロフィール
since 1995.

ショップ

MyBlogList

shortcut

CLASSICA [HOME]
home
links
side_b