三越・伊勢丹オンラインストア
August 29, 2016

ベルリン・フィル・デジタル・コンサートホールの新シーズン

●ベルリン・フィルは8月26日のブーレーズ「エクラ」&マーラーの交響曲第7番で開幕。指揮はもちろんサイモン・ラトル。で、いつものように公演の模様はベルリン・フィル・デジタル・コンサートホール(DCH)で生中継されたわけだが、これからのライブ中継の予定を眺めてみると、なんと、定期演奏会以外のプログラムもいくつか並んでいるではないの。この後、9月2日はBBC Promsでの上記と同じブーレーズ&マーラーが演奏されるのが中継され(ロイヤル・アルバート・ホールでもあのクォリティのカメラワークが実現できるのだろうか)、さらに9月3日以降はベルリン・ムジークフェストの公演が続々登場。ハーディング指揮バイエルン放送交響楽団によるリーム「トゥトゥグリ」、ジョン・ウィルソン・オーケストラの「30~50年代のミュージカル映画音楽集」、ゲルギエフ指揮ミュンヘン・フィルによるウストヴォリスカヤの交響曲第3番「メシア、イエスよ、我らを救いたまえ」&ショスタコーヴィチの交響曲第4番、イヴァン・フィッシャー指揮ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団のヘンツェ「ヴィタリーノ・ラッドッピアート」&ブルックナーの交響曲第7番、さらにドゥダメル指揮シモン・ボリバル交響楽団やキリル・ペトレンコ指揮バイエルン国立管弦楽団、ジョン・アダムズ指揮ベルリン・フィル、等々。なんという大盛り感。
●ベルリン・フィル以外のオーケストラまでこんなに聴けちゃっていいんだろか、ということに加えて、いちいちプログラムが攻めているのにも驚く。この先のDCH中継予定のシーズン・プログラムを見ても、この調子で意欲的なプログラムがたくさん並んでいて、迫力がある。なんというか、メジャーレーベル先導のCD時代が終わった今だからこそできることをオレたちはやるのだという力強い宣言を目の当たりにする気分。
●Apple Music等ストリーム配信だけでも無尽蔵に音源があって、さらにDCHもあればネットラジオもあり、おまけに毎日たくさんの本物のライブまであって、ありとあらゆる種類の音楽が聴衆の限られた時間を激しく奪い合っているように感じる。

August 26, 2016

サントリー芸術財団サマーフェスティバル 2016 板倉康明がひらく〈耳の愉しみ〉スバラシイ・演奏

●25日はサントリー芸術財団サマーフェスティバル(サントリーホール ブルーローズ)。板倉康明指揮東京シンフォニエッタで、ブーレーズの「デリーヴ1」、メシアン「7つの俳諧」、ベネト・カサブランカスの「6つの解釈 セース・ノーテボームのテクストによせて」(日本初演)、リゲティのヴァイオリン協奏曲というプログラム。日本初演のカサブランカス作品を除けば、現代音楽のクラシックというようなラインナップで、しかもカサブランカスも短い部分の連なりからなる曲ということで、どの曲をとっても「長さ」とバトルしなくて済むという、一見コワモテそうで実はフレンドリーな選曲。そしてブーレーズ以外はユーモアとか機知の要素が感じられるのも吉。
●予想以上に効いていたのはブルーローズ(小ホール)という空間のコンパクトさ。あえて最後列に座ってみたけど(自由席)、それでも音像が間近に迫る感じで、生々しい。これだったらブーレーズとも少しは仲良くなれるだろうか……。でもやっぱり後半のほうが楽しめたことはたしか。
●リゲティのヴァイオリン協奏曲をブルーローズで聴くというぜいたく。独奏は神尾真由子さん。強烈な存在感ですばらしい。近年なんどかロマン派の協奏曲を聴いて、あまりに濃厚な表現にたじろぐこともあったんだけど、リゲティだと別世界が開かれている感じ。特に第2楽章のたっぷりとした野太いヴィブラートが印象的。土の香りが立ち上るかのよう。

August 25, 2016

Gramophone Classical Music Awards 2016

●英Gramophone誌の Classical Music Awards 2016 の各部門賞が発表されている。さらに9月15日にロンドンのセレモニーで Recording of the Year、Artist of the Year、Young Artist of the Year等が発表されるという流れ。各部門賞の見出しが Disc Awards 2016 となっているが、イギリスではまだCDショップは健在なのだろうか。ともあれ、ストリーム配信に移行しても、こういった賞が(主に売る側に)必要とされ続けることに変わりないはず。
●部門賞の一覧は本家のサイトよりも、そこからリンクされているPresto Classicalの一覧を見るほうが手っ取り早い。このサイトはCDもデータも販売しているのだが、価格が円建てで購入できるのが吉。ワタシがダウンロード購入するときの第一選択肢としているのが、実はこのサイト(いろんな理由で、ストリームで聴ける音源であってもわざわざダウンロードで購入するというケースがある)。ただし、この受賞音源一覧だと、「日本からダウンロードでは購入できません」というタイトルがいくつかあって、少しがっかり。メジャー系の新譜だといまだにそういう国境の壁が存在する。その一方で、そもそもダウンロード販売もストリーム配信もしてくれないレーベルもまだある。そういうレーベルはどうしても相対的に視野に入る機会が少なくなってしまうのだが……。
●英Gramophone誌はがんばってるなあと思う。授賞セレモニーやったり協賛とったりとか、やるとなったらなかなか大変なこと。デジタル化もとっくに進めてて、上記Gramophone誌のページの下のほうにあるように、紙の定期購読のほかにデジタル・エディションだのデジタル・アーカイブだのレビュー・データベースだのといろんな種類のサービスがあって、価格体系が細かく設定されている。紙からデジタルからぜんぶ一式だと年間103ポンド。今ポンド安で133円くらいなので(マジで)、年間13700円ほど、月あたりだと1140円くらい。さすがにかなり安く感じる。でもこれが1ポンド240円とかの頃だったら、まるで違った感想になるわけで、恐るべし、為替レート・マジック。
●あ、受賞音源についてあれこれ書こうと思ってたのに紙幅が尽きた。ん、紙幅?

August 24, 2016

ヴァイグレ指揮読響のリヒャルト・シュトラウス

●8月下旬に入り、コンサートは夏のオフシーズン・モードが終了、これから一気に秋のハイシーズンへ。23日はサントリーホールでセバスティアン・ヴァイグ指揮読響のリヒャルト・シュトラウス・プロ。交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」、4つの最後の歌(ソプラノはエルザ・ファン・デン・ヘーヴァー)、家庭交響曲の満腹コース。鳴りっぷりのよい音の饗宴を楽しむ。流麗精緻な響きの芸術というよりは、語り口の豊かなシュトラウスというべきか。「ティル・オイレンシュピーゲル」の冒頭、「むかしむかしあるところに……」でニュアンス豊かな柔らかい弦楽器を聴かせ、本編ではティルがヤンチャにあばれて説話の型をはっきり伝える。ヘーヴァーの声はまろやか。「家庭交響曲」は爽快。コンサートマスターは日下紗矢子さんで、絶品のソロ。
●「ティル」も「家庭交響曲」もざっくり言えば「ほら話」なんだと感じる。音響としてはカッコいいんだけど、話の中身はそんなに垢抜けたものじゃなくて、「ドン・ファン」でも「英雄の生涯」でもおおむねみんなそうなんだけど、赤ら顔のおっさんが話を盛っている感が楽しいというか。自分のなかでのシュトラウス作品の分類は、ひとつは「ほら話」系で、もうひとつは「おとぎ話」系。後者の系譜は「ばらの騎士」「アラベラ」「影のない女」等々。散々「ほら話」をやりつくしたら「おとぎ話」をしたくなった、みたいなイメージ。「サロメ」は「おとぎ話」の形をした「ほら話」かな。境目は笑いの要素で、「7つのヴェールの踊り」は笑う場所だと思う。

August 23, 2016

キング・オブ・スポーツ

●今回はオリンピックをぜんぜん見ていないことを思い出し、ふとテレビをつけてみるともう大会が終わろうとしているではないの。チャンネルを回してみると(死語)、かろうじて映っていたのが近代五種。フェンシングで熱い戦いが繰り広げられていた。見てもどっちが勝ったのかぜんぜんわからない。で、近代五種っていうからには残り4種があるわけだが、残りはなんだっけ? と思い、検索してみたところ、馬術、水泳、射撃、ランニングなんだとか。日本近代五種協会のサイトによれば「ヨーロッパにおいては非常に人気があり、王族・貴族のスポーツとも呼ばれ、クーベルタン男爵にしてスポーツの華と呼ぶ競技」であり、別名は「キング・オブ・スポーツ」。キングなのだ。
●近代五種があるんだったら、古代五種はないのかと思ったが、ちゃんと本当にあったそうで、幅跳び、短距離走、円盤投げ、やり投げ、レスリングの五種目。現代でも種目として残っているものばかりで驚く。むしろ古代五種のほうが近代五種よりメジャー感があるのでは?
●そう考えると、そろそろ近代五種の次期バージョンがあってもいいのかもしれない。2020年の東京オリンピックでは野球・ソフトボール、空手、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィンの5競技が新種目として追加されたそうなので、これを全部まとめて一人で競う現代五種でどうか(ムリ)。
●ポストモダン五種とかもあっていいかもしれない。種目は、秘孔突き、かめはめ波、ヨガファイア、フォース宇宙船挙げ、ノコノコ踏み無限1UPの五種。

August 22, 2016

着色された大作曲家たち その2

●前エントリーの「着色された大作曲家たち」について、もう少し書いておこう。古いモノクロを写真をディープラーニングでカラー化できると知って、最初に思い浮かんだのはもっと古い時代の写真だった。まっさきに試したのは、ブラームスとヨハン・シュトラウス2世がいっしょに写っているよく知られてたこの一枚。
ブラームスとヨハン・シュトラウス2世
●とまあ、こんな感じで、背景の緑は比較的うまくいくものの、肝心の人物がカラーになっていない。一応、色は付くのだが、グレースケールが赤みを帯びただけというか。このパターンは割と多くて、人の顔や肌は同じようなグレースケールの写真であっても、その情報量に依存するようで、極端に古い写真はやっぱり難しい。ほかにもラフマニノフとかベルクとかバルトークとか、いろいろ試してみたのだがうまくいかない例も多かった。ブラームスで比較的うまくいったのはこれ。
ブラームスとアデーレ・シュトラウス
●左はアデーレ・シュトラウス。ヨハン・シュトラウス2世の3番目の奥さん、だっけ。上の写真と同じタイミングで撮ったものなんだろう。
●元の写真がもうひとつなのに、それなりに色が付いたのは以下のサイドカーに乗るプッチーニ。まず先にモノクロ写真を。
プッチーニとサイドカー 使用前
●これをカラー化すると以下のようになる。
プッチーニとサイドカー 使用後
●なんだか絵画っぽい? 映画館に掲げられる昔のポスターみたいになった。

August 19, 2016

着色された大作曲家たち

●少し前に、ディープラーニングによってグレースケール画像に自動的に着色する手法が話題になった。学習データに基づいてモノクロ写真から本来の色彩を推定させて、カラー写真に変換する。写真によってうまくいったりいかなかったりするのだが、ふと、これで昔の大作曲家のモノクロ写真を着色したらどうなるだろうと思いついた。以下、その作成例を。いずれも前述のサービスで自動着色させたもので、明暗のバランスのみ当方で補正している。
●まずは晩年のサー・エドワード・エルガーから。いかにも英国紳士。
着色エルガー

●続いて、ジャン・シベリウス。コワモテ。飲むと手が付けられない感じの頑固オヤジ系。
着色シベリウス

●イーゴリ・ストラヴィンスキー。顔色が悪くなってしまったが、光と影のコントラストがいい感じ。エキセントリックな人物像を想像させる。
着色ストラヴィンスキー

●モーリス・ラヴェル。これがいちばんうまくいったかも。ドキッとするくらいリアル。なんか、生きているっぽいし。
着色ラヴェル

●ドミトリー・ショスタコーヴィチ。こちらは元がモノクロとは思えないくらいだが、どうやら野外の風景がいちばん上手に着色できる模様。人の顔だけじゃなく風景や物などがいっしょに写っている写真がオススメ。
着色ショスタコーヴィチ

August 18, 2016

FM PORT番組「クラシックホワイエ」が通算300回目の放送

クラシックホワイエ●拙ナビによるラジオ番組「クラシックホワイエ」が今週土曜日、8月20日の放送で通算300回を迎える。これは新潟の民放ラジオ局FM PORTで放送している番組で、当初は新潟県内からしか聞けなかったのだが、ラジコプレミアム(有料)がスタートしたおかげで全国からネット経由で聴取可能になった。毎週、ワタシが自分で構成とナビゲートを務めており(かなり楽しい)、基本的にひとりでしゃべっているのだが、たまに新譜情報コーナー等でゲストを招くことも。収録は東京のスタジオで行ない、毎回ディレクターさんに新潟から来ていただく方式。ありがたし。
指揮棒●で、普段は土曜の22時スタートなのだが、今週末は前の時間帯にJリーグ中継が入る影響で、いつもよりぐっと遅く23時10分からのスタートとなる。せっかくの300回記念なので賞品付きのクイズも開催。イントロ当てクイズ2問とアウトロ当てクイズ1問の計3問(アウトロ=イントロの逆、そんな言葉があるんすね)。一般のラジオリスナーには難問だが、熱心なクラシック・ファンにとっては楽勝か。リスナー層がかなり多様なようなので、このあたりのさじ加減が難しいところ。賞品は番組ロゴ入りの特製指揮棒(!)を3名様に(正解者多数の場合は抽選)。写真を載せようと思ったら、まだ制作中で実物がないそう(←追記:できあがったので写真を載せました)。応募が多数ありますように。


facebook / twitter

Twitter

過去記事一覧

過去記事見出し一覧はアーカイブに。

制作者

飯尾洋一(Yoichi Iio)

このサイトについて/プロフィール
since 1995.

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。

MyBlogList

shortcut

CLASSICA [HOME]
home
links
side_b