July 10, 2020

新しい生活様式

●ようやく演奏会も少しずつ再開され、まもなくサッカーも観客入りで試合を開ける段階までこぎつけたが、昨日東京では過去最多となる224人の感染者が出た。数字のインパクトは大きい。ただ内訳としては新宿での「接待を伴う飲食店従業員」の集団検査があったこと、また緊急事態宣言の頃とは異なり若年層の感染者が多く、したがって重症者は少ないという。たしかに数字の上っ面だけを見ても、そういった質的な差はわからない。効率的に感染者をあぶりだしているから数字が増えるという面もあるのかもしれない。
●とはいえ、若者は若者だけの社会で生きているわけではないので、このまま行けばいずれは幅広い年齢層に広がりそうなもの。シンプルに数字の変遷がどうなっているのかも見たい。で、都内だけの新規感染者数を対数グラフで示した表はないのかなと検索して見つけたのがこちら。5月下旬に底を打った後、ほぼ直線的に増加している。対数グラフなので、ちゃんと(?)ねずみ算式に増えていることがわかる。
coronavirus-data-explorer20200710.png
●ついでに言えば、日本全国で見ても感染者数はけっこうな勢いで増えていて、おなじみのourworldindata.orgの上記グラフを見ると(国別7日移動平均の対数グラフ。画像だとつぶれるのでリンク先推奨)、新規感染者数に関して言えばアジア・オセアニアとヨーロッパの差はずいぶん縮まっている。オーストラリアなどはドイツとイタリアを上回ってしまった。日本と韓国はそこまでではないにせよ、6月に入ってから勢いが増して、ドイツやイタリアと同じ桁に乗っている。まあ、お互い同程度になってしまえば、ヨーロッパと日本で人の往来ができるようになる、とも言えるのか……。
●しかし、仮にもう一度緊急事態宣言と言われても、とても歓迎できる気分にはなれない。音楽業界はもちろんのこと、映画業界も観光業も飲食業もその他いろんな業界で働く多くの人々が何か月も収入を失って耐えてきた。ここまではなんとか乗り切れたとしても、すぐにもう一度自粛しろなどと言われたらたまったものではない。最後の手段としてなんらかの外出規制が必要なのは承知しているが、ある程度の水準まではウィルスと共存しながら日々の暮らしを営む「新しい生活様式」を実践していくしかないのだろう。ふたたび感染者数が増えてきたことで、「元に戻る」のではなく、「新しい生活様式」が続くのだということを実感している。

July 9, 2020

マリノスvs湘南ベルマーレ J1リーグ第3節


●えっ、この前、試合したばかりじゃないの。なのにもう試合。週末に続いて水曜日にも試合があるハイペースなリーグ戦。ニッパツ三ツ沢球技場でマリノスvs湘南。中三日のマリノスは先発を5人変更。4枚のディフェンスラインが畠中以外全員入れ替え。ブラジル人はマルコス・ジュニオール、エジガル・ジュニオ、エリキの3人が先発。守りの柱、チアゴ・マルチンスは今日もベンチスタート。GK:梶川裕嗣-DF:松原健、伊藤槙人、畠中槙之輔、高野遼(→ティーラトン)-MF:扇原貴宏(→水沼宏太)、喜田拓也、マルコス・ジュニオール(→天野純)-FW:仲川輝人、エジガル・ジュニオ(→大津祐樹)、エリキ(→オナイウ阿道)。
●マリノスはボールを保持するも、ゴールが遠い展開。スコアレスのまま後半に入り、55分、湘南が右からファーサイドへのクロスに山田直輝がダイレクトに折り返して、中に走りこんだ中川寛斗がスライディングして足の裏ボレーでゴール。左右にゆさぶるダイナミックなゴールでもう完璧。マリノスは63分、一気に攻撃の選手を3枚替え。オナイウ阿道、天野純、水沼宏太を投入。今季から交代枠が5人に広がっているが、交代の回数は従来通り3回なので、こうして複数選手を変える起用法が広がるはず。で、ここからが天野純ショー。66分、天野がゴール左斜め前から左足でループ気味のシュート、これが相手キーパーの頭上を越えてゴールに吸い込まれた。す、すごい。狙って蹴ったのか。これは伝説だ(と感心したが、試合後のインタビューによればクロスボールが風に乗って伸びただけだった……)。77分、ふたたび天野。細かいボールタッチから個人技でペナルティエリア内に侵入して、豪快に蹴りこんで逆転ゴール。これは真の個人技。ベルギーで覚醒したのか。
●その直後、湘南は右サイドからのグラウンダーのクロスに、ファーで鈴木冬一が決めて再度同点に。またしても左右の揺さぶりからやられてしまった。しかし87分、マリノスは水沼のクロスからオナイウが頭で合わせて決勝点。3対2で今季初勝利。相変わらず守備は不安定で大チョンボもあってハラハラする。昨季の裏MVP、チアゴ・マルチンスが先発に戻ってくれないと。
----------
●ONTOMOの連載「耳たぶで冷やせ」第21回は7月31日より全国公開される映画「剣の舞 我が心の旋律」の話題。ハチャトゥリアンの代表作「剣の舞」が初演前日に急遽作曲された話は広く知られているが、そこに至るまでのストーリーを肉付けして一本の映画に仕立てている。若き日のハチャトゥリアンが陰のあるイケメンとして描かれていてびっくり。

July 8, 2020

デスクトップPCを買い替える

Mini-STXの小型PC●そろそろ耐用年数を過ぎたので、仕事用のデスクトップPCを買い替えた。これまでは代々ミニタワー型を使ってきたが、今回から一気に小型化して、Mini-STXと呼ばれる小ぶりのマシンに移行することに。高さも奥行きもわずか15cmほど、幅は8cm。本当に小さい。しかしパワフルで、通常のデスクトップ向けCPUを乗せることができる。今回購入したのはサイコムのRadiant SPX2700H310。中身はASRockのDeskMini310という小型ベアボーンなので、好きな人はそちらを購入して自分で組み立てることも可。ワタシは不器用なのでプロにお任せの一択。
●で、このマシンがとてもいい。サイズが小さいとこんなに快適なのかと痛感。ひょいと持ち運べる軽さで、どこにでも置ける。しかも静か。うっかりすると電源が入っているのか入っていないのかわからないほどで、音もなく起動して音もなく終了する。これはCPUクーラーにNoctua NH-L9iを選んだおかげかも。もともと静かさには定評のあるNoctuaだが、デフォルトの設定ではCPUの温度がかなり上がるまで30%ほどの回転数に留めてあってますます静か。逆にこれではいくらなんでも回らなすぎじゃないかと心配になって、UEFIからCPUクーラーの設定を呼び出し、CPUが50℃に達したら50%で回す設定にしてみた。これから夏だし、早めに回して、早めに冷やす作戦。これくらいだと負荷がかかると軽く「フーン」と回りだすが、それでもデスク上に設置して気に障らない程度。始終「ブオオーン」とか「ヒュイーーーン」とか言ってた従来機に比べると圧倒的に寡黙だ。ちなみに電源はACアダプタ。だからますます本体が小さい。
●ストレージは最大3つも入る。Cドライブ用には高速なM.2 SSDを使い(ヒートシンク必須と見た)、加えてメディアファイルやバックアップの置き場として、SATA接続の容量大きめのSSDを増設することにした。前のマシンでもそうしていたのだが、容量を食う音楽や写真などはOSとは別ドライブに置いたほうが、なにかと気が楽。SSDは相当価格がこなれてきて、QLCだと格安だが、耐久性が気になるのでTLCに留めることに。先代のマシンではバックアップ専用のHDDを内蔵していたが、今回は完全にハードディスクなし。光学ドライブも内蔵していないので、回転系はCPUクーラーのみ。
●非常に満足しているが、唯一不足なのがUSBポートの数。USB3.0が2個、USB2.0が1個、そしてなぜかType-Cが1個(便利なの?)。キーボード、マウス、USBオーディオインターフェイスで常時3つは必要なので、すぐにふさがってしまう。なのでUSBハブが必要になる。さて、どこにUSBハブを置こうか、デスクの端か、あるいはモニターの裏に貼り付けようかな……と悩んでいてハッと気がついたのだが、なんと、ウチのモニターにはUSBハブが搭載されていた! ぜんぜん知らなかったが、そうか、こういうときに役立つのかと静かに感動。
●ちなみに自分はインテルのチップセットを選んだが、AMD Ryzenを搭載したモデルもある。今はそちらを選ぶ人も多そう。

July 7, 2020

J1も再開! 浦和レッズvsマリノス J1リーグ第2節


●さて、J2とJ3に続いてJ1も再開。まずは無観客試合、続いて今週末から段階的に観客を入れて開催することが決まっている。第1節から時間が経ちすぎてほとんど忘れているが、昨年チャンピオンのマリノスは第1節でガンバ大阪に敗れている。浦和レッズvsマリノスをDAZNで観戦。これがかなり激しくて熱い試合だった。
●マリノスは今季もポステコグルー監督のもと、ハイラインのエキサイティングかつハイリスクなサッカーを展開。全体としてはボールをよく支配して、パスも回っていたが、終わってみればシュート17本で枠内3本。攻めた割には報われないというか、浦和の守備を崩しきれなかった。0対0の引き分け。
●マリノス側についてのみ触れると、昨季の主力であったブラジル人たちの内、チアゴ・マルチンス、マルコス・ジュニオール、エジガル・ジュニオの3人がいずれもベンチスタート。唯一エリキのみが先発。キーパーも朴が不在。ベルギーのロケレンから復帰した天野純と、ともに同クラブからやってきた小池龍太が先発するという新鮮な布陣。GK:梶川裕嗣、DF:小池龍太、實藤友紀(→チアゴ・マルチンス)、畠中槙之輔、ティーラトン-MF:扇原貴宏、喜田拓也、天野純(→マルコス・ジュニオール)-FW:仲川輝人(→水沼宏太)、エリキ、遠藤渓太(→エジガル・ジュニオ)。徳島から移籍のキーパー梶川は、足元の技術を買われたのだろうと思っていたが、この試合を見る限り、セービングもかなり優秀。正キーパーの座を狙える。全般に選手たちのコンディションにばらつきを感じるが、このあたりはどこのチームも条件は同じか。これからハードスケジュールで試合を消化していくので、戦いながらチームを整えていくしかない。試合間隔は密、客席は疎。感染より観戦。ああ、スタジアムに行きたくてたまらない。夏場ゆえに夜の試合ばかりなのが難点だが。

July 5, 2020

読響特別演奏会 日曜マチネーシリーズ この自然界に生きる

東京芸術劇場
●5日はこちらも久々の東京芸術劇場で、鈴木優人指揮読響の特別演奏会日曜マチネーシリーズ「この自然界に生きる」。読響の再開後最初の演奏会。客席は一席おきに空席を配置、入り口ではサーモグラフィで来場者の体温をチェック。マスク着用、ブラボー禁止。休憩なしの約1時間プログラムということだったが、アンコールもあったので1時間20分くらいか。日曜日としては都内の人出は少なめだったと感じたが(ちなみに知事選があった、関係ないけど)、そうはいっても池袋は賑やか。
●プログラムはマーラーの交響曲第5番からアダージェット、メンデルスゾーンの「管楽器のための序曲」、モーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」。4月から読響の指揮者/クリエイティヴ・パートナーに就任した鈴木優人さんが用意したのは再開にふさわしく「すべてドの音から始まる曲」。マーラーの「アダージェット」、本質的に愛の音楽だと思うが、この状況下では映画「ベニスに死す」を連想せずにはいられない。疫病名曲(←そんな言葉はない)で始まって、最後は「ジュピター」のアポロン的な解決に至るというストーリーを思い浮かべる。というか、読響の場合は、下野竜也指揮の1月定期でグバイドゥーリナの「ペスト流行時の酒宴」があったので、巧まずして疫病名曲(?)シリーズができてしまった。
●マーラー5番の「小編成の弦楽器によるアダージェット」という、通常の全曲演奏では決して耳にできない響きが新鮮。シャープな8型アダージェット。弦楽器のアダージェットの後は、管楽器の出番でメンデルスゾーンの「管楽器のための序曲」。こちらは弦楽器以上に奏者間距離をうんと取って演奏。この曲、ベートーヴェンの交響曲第7番を連想させる。そして、やたらと耳にこびりつく曲でもある。最後は気迫のこもったモーツァルトの「ジュピター」。少人数ながらもパワフル、演奏する喜びにあふれていた。アンコールにラモーの「優雅なインドの国々」から「未開人の踊り」。客席で何人か紙を掲げていたけど、あれは「紙ブラボー」だったのか。笑。なるほど!
●オーケストラの音がいつもと違った響き方をするのは、散開配置のせいなのか、それとも半分空席の客席のせいで残響が変化するからなのか。これはBunkamuraの東フィルでも感じたことだけど、たとえるなら、お気に入りのアルバムを友人宅のオーディオ装置で聴いたら音質がぜんぜん違っていてた、みたいな感覚。
●最初のオーケストラの入場時にも拍手があった。最後の退場時にもずっと拍手が続いた。優人さんのソロカーテンコールもあった。今はどの演奏会も舞台と客席が一体となっているのでは。再開ブースト。

July 3, 2020

METライブビューイング ヘンデル「アグリッピーナ」MET初演/新演出


●3日は東劇へ。久々に都内の大移動だ。2020年銀座の旅。電車では普通にみんな詰めて椅子に座っているし、駅のホームでも対人距離はとられていない。都内の感染者が三桁に乗ったというニュースが報じられていることもあってか、マスク着用率はほぼ10割。現代のドレスコード。
●で、復活したMETライブビューイングでヘンデルのオペラ「アグリッピーナ」を観た。4時間の長丁場(休憩1回)ともなれば、いかにヘンデルの音楽がすばらしくとも、現代人にとってドラマとして楽しめるだろうか……とやや不安を抱きつつ臨んだが、これはまったくの杞憂。METの底力を見せつけるような最上級の舞台だった。演出、歌唱、オーケストラ、すべてを満喫。
●悪女として知られる主人公アグリッピーナは、ローマ帝国の皇帝となるネローネ(ネロ)の母親。息子を皇帝の座に就かせるために策略を巡らせる。史実に比べるとオペラの物語はマイルド。話の本筋はローマ皇帝という権力を巡る歴史劇だが、演出のデイヴィッド・マクヴィカーは舞台を現代に置き換えて、洗練されたコメディに仕立てた。ラブコメならぬパワコメ。これが実にセンスがいい。ネローネ(ケイト・リンジー)はパンクな若者で、中指を立てるわ白い粉を吸うわの大暴れ。皇帝クラウディオ(マシュー・ローズ)のストリップシーン(?)も巧みで練られている。恋人に見捨てられてやさぐれるオットーネ(イェスティン・デイヴィーズ)が酒場にやってきて歌うアリアで、「湧きあがる泉よ、水はさらさら流れて」(←うろ覚え)みたいな歌詞に合わせて、酒瓶を見つめてからグラスに注ぐあたりとか、なんともシャレていて笑う。
●歌手陣は驚異的。難度の高い歌を楽々と歌いながら、それぞれ演技の面でも芸達者。特にインパクトがあったのはポッペア役のブレンダ・レイ。これだけ歌えて、しかも演じられる人はそうそういないのでは。題名役ジョイス・ディドナートは貫禄。ピットの様子は一切画面に映らないが、ハリー・ビケット指揮のオーケストラはおそらく小編成の弦楽器で鋭くくっきりしたサウンド。重戦車のようなモダンオケ仕様のヘンデルではあるが、これだけ生気に富んでメリハリのある演奏をしてくれれば大吉。メトのピットからリコーダーが聞こえてくるのも新鮮。ちなみに「アグリッピーナ」はメトで上演されたもっとも古い作品なんだとか。1709年初演なので、ヘンデル(1685~1759)のなかでも初期の作品になる。
●終演後、カーテンの向こう側を見せてくれるのはMETライブビューイング名物だが、人々がみなヒシッと抱き合って健闘を称え合う様子に一瞬ぎょっとする。かつての普通もウィルス禍にあっては異様な光景に。いつもは「オペラの今」を伝えてくれるMETライブビューイングだが、今回ばかりは過去を懐かしむ気分になった。

July 2, 2020

東京フィル 渋谷の午後のコンサート

2019年夏の渋谷
●2日、ついに久しぶりのコンサートへ。尾高忠明指揮東京フィルの「渋谷の午後のコンサート」をBunkamura オーチャードホールで聴いた。曲はエルガーの行進曲「威風堂々」第1番、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番(髙木竜馬)、シベリウスの交響詩「フィンランディア」、ジョン・ウィリアムズの組曲「スター・ウォーズ」抜粋。実はこの演奏会、曲目はほぼ当初の発表通り。本来なら満席の公演だったのだが、客席は一席ずつ間隔を開けなければならない。で、どうしたかというと、12時開演と15時開演の一日2公演になった。ただし、休憩なしの一時間公演。全曲が演奏されるはずだった「スター・ウォーズ」組曲は「インペリアル・マーチ」「レイア姫のテーマ」「メインタイトル」の3曲のみの抜粋に。それでも予定通りマエストロやソリストのトークも入り、さらにはアンコールにエルガーの「ニムロッド」まで演奏されて、実際には1時間をだいぶ超えていたと思う。
●この「渋谷の午後のコンサート」、もともとは平日昼間のリラックスムードの演奏会ではあるが、なにしろこの状況で実現したコンサートなので、やはり平時にはない特別な緊張感があったと思う。ワタシ自身にとっては2月以来の生オーケストラ。もう最初の一音からゾクゾクした。なんというぜいたくなサウンドなのか。普段のオーチャードホールの音より響きが豊かに感じられたのは、客席の半分が空いていたからなのか。気持ちのこもった演奏で、オーケストラを聴く喜びをしみじみと味わった。とりわけ「スター・ウォーズ」はキレがあって華やか。
●マエストロのトークは深刻ぶることなく軽妙なのが吉。「朝、電車に乗るときはこ~んなになって揺られているのに、どうしてここは一席ずつ開けなきゃいけないんでしょうね」。客席から笑い。実際、会場よりも渋谷までの電車のほうがよほど感染リスクが高かったんじゃないだろうか、朝でなくても。
●再開後、最初のコンサートで聴いたのが「スター・ウォーズ」。フォースの導きを感じる。しかもプログラムノートの執筆者は自分だ。ジェダイの騎士たちはフォースでウィルスを退けることができるのだろうか。接触感染を避けるために、自販機のボタンを押したりドアノブを回すときは、手を使わずにフォースを使いましょう、みたいなジェダイの感染対策を空想する。くくく。

July 1, 2020

東京アラート、じゃなくて

●今週はいくつか演奏会等に足を運ぶ予定なのだが、ここに来て東京の感染者数が増えてきたというニュースが連日報じられるようになった。緊急事態宣言を解除すれば揺り戻しがあるのは当然のこととして、問題は程度。報道では「今日は58人」みたいに生の人数が伝えられて、これだと規模感がわからないので、人口あたりの感染者数が全国と比べてどうなのかを見てみよう。
6月29日時点のデータによれば、直近一週間の人口10万人あたりの新規感染者報告数は全国では0.5人、東京都では2.6人となっている。おおむね全国平均と比べて、東京は5倍くらいの感染者数ということになる。一週間で2.6人ということは一日平均で0.37人。見慣れた数字にするために、100万人あたりの感染者数に直すと3.7人/日。この数字は正直なところ、意外と多いなという実感。東京の過去の数字と比べると5月5日あたりの水準だが、例によって数字は現実から約2週間遅れる。感染収束局面では「実際にはもっと減っているはず」と安心していられたのに対し、拡大局面では「実際にはもっと増えている」。ゴールデンウイークの頃はかなり楽観的に思っていたが、今の気分はそうではない。
●こんなタイミングに都知事選挙が重なってしまった。投票日は7月5日。ウィルスにとって選挙のタイミングなど知ったことではないが。

facebook / twitter

facebook Twitter instagram

過去記事一覧

過去記事見出し一覧はアーカイブに。

月別 アーカイブ(まとめ読みに)

制作者

飯尾洋一(Yoichi Iio)

このサイトについて/プロフィール
since 1995.

ショップ

MyBlogList

shortcut

CLASSICA [HOME]
home
links
side_b