January 21, 2019

トゥガン・ソヒエフ指揮N響、山田和樹指揮読響

●17日はサントリーホールでトゥガン・ソヒエフ指揮N響。プログラムはフォーレの組曲「ペレアスとメリザンド」、ブリテンの「シンプル・シンフォニー」、リムスキー・コルサコフの交響組曲「シェエラザード」。ベルリン・フィルの首席ヴィオラ奏者、清水直子さんが客演。ソヒエフの筆圧の強いタッチで描かれる物語性豊かなプログラム。どの作品もスケールの大きな表現で、ブリテンのようなかわいい曲も大柄でドラマティックな音楽に生まれ変わる。「シェエラザード」はそんなソヒエフの特徴が生かされた壮大なスペクタクル。アラビアンナイトの幻想性や猥雑さよりも、壮麗でパワフルな音のドラマが前面に打ち出されていた。
●今月来月はなぜか「シェエラザード」がよく演奏される。すでに終わった山田和樹指揮読響に今回のソヒエフ指揮N響、これからバッティストーニ指揮東フィル、ムーティ指揮シカゴ交響楽団と続く。関西でもソヒエフ指揮N響の大阪公演があって、岩村力指揮兵庫芸術文化センター管弦楽団、大植英次指揮大阪フィルが続く。日本の冬を彩る謎の「シェエラザード」現象。
●もうひとつ、18日はサントリーホールで山田和樹指揮読響。とても刺激的なプログラムで、前半に諸井三郎「交響的断章」、藤倉大のピアノ協奏曲第3番「インパルス」(小菅優独奏/共同委嘱作品/日本初演)、後半にワーグナーの舞台神聖祭典劇「パルジファル」第1幕への前奏曲、スクリャービンの交響曲第4番「法悦の詩」。聴けばわかるのだが、これはプログラム全体が官能性や陶酔感といったキーワードで貫かれた「快楽プロ」。そして前後半が微妙に相似形をなしている。諸井三郎作品ではリヒャルト・シュトラウス的な後期ロマン派風の豊麗な響きが横溢する。軽くフランク風味も。藤倉大の新作は、きらめき飛び跳ねるような独奏ピアノにオーケストラが寄り添って、脈動する。さらにソリスト・アンコールに「ウェイヴス」。これもまた脈打つような波。後半はワーグナーとスクリャービンによる宗教的な恍惚感と妖しいエクスタシー対決。スクリャービンはオケが気持ちよく鳴りきってパワフルなクライマックス。緻密な響きの彫刻というよりは、よりフィジカルな、作曲者の煩悩の実体化といった感。
------------
●お知らせをひとつ。ONTOMO1月特集「アニバーサリー」に「だれか祝ってほしい、スッペの生誕200年を」寄稿。ご笑覧ください。

January 19, 2019

ニッポンvsウズベキスタン@アジア・カップ2019UAE大会

ウズベキスタン●アジア・カップ2019UAE大会、グループリーグの第3戦は、ニッポン対ウズベキスタン。すでにグループリーグ突破を決めている者同士の対戦となった。勝てば1位突破だが、引分け以下なら2位で勝ち抜けになる。で、これが少々困った事態になった。というのも、決勝まで勝ち進むのであれば2位で勝ち抜けたほうが移動が楽。しかも最強国イランと決勝まで当たらずに済む。ただし、2位の場合は決勝トーナメント一回戦の相手が前回王者のオーストラリア。一方、1位で勝ち抜けると次はサウジアラビア。どっちにしてもまるで決勝戦でもおかしくない強いチームと当たる。今回、グループによっては3位でも勝ち抜けできるわけで、実際、ベトナムとかキルギスだって決勝トーナメント進出を決めているのに、なんでニッポンはいきなりそんな厳しい相手と当たるの?
●で、森保監督はチームをほぼ全とっかえして控え組を先発させた。GK:シュミット・ダニエル、DF:室屋、三浦弦太、槙野、佐々木翔-MF:塩谷、青山-伊東純也、乾(→ 原口)-FW:北川(→冨安)、武藤(→遠藤航)。塩谷を中盤の底に起用するとは。守備ならどこでもできるユーティリティ・プレーヤー。ちなみにこのスタジアムは塩谷が所属するアルアインのホームグラウンド。スタンドからはウズベキスタン・コールが聞こえてくる。ウズベキスタンの監督は名将クーペル。これにはびっくり。先日、フィリピン代表が元イングランド代表監督のスヴェン・ゴラン・エリクソンを招聘したというニュースがあったが、大監督が次々とアジアにやってくる。
●試合は思った以上にニッポンがボールをキープする展開に。序盤からずっとニッポンは細かいミスが多く、プレイの質は決して高くなかったのだが、ウズベキスタンもこちらの想定よりも低調で、技術の面でもパワーの面でもベストには遠い感じ。締まりのない試合展開のなか、前半40分、スルーパスに抜け出たショムロドフが槙野と三浦のふたりのセンターバックを交わしながら右足アウトサイドで技巧的なシュートを決めた。ウズベキスタン先制。この守備の脆さ。救いはすぐに同点に追いつけたことで、43分、室屋が右サイドを縦に抜けてクロス、中央で武藤がフリーで頭で決めて同点。前半は1対1で終了。
●後半13分、ニッポンに決勝ゴールが生まれる。こぼれ球を塩谷が思いきり蹴り込んで豪快なミドルシュートが炸裂。これは見事。さすが中東組。マルタ島でのバカンスを切り上げて追加招集に応えただけのことはある。塩谷はもっと見たい選手。
●試合はそのまま2対1でニッポンの勝利に終わったのだが、さて収穫はどうだろう。監督が我慢強く使う北川は、惜しいチャンスもあったが、やはりチームにフィットしていない。頼みの乾もベストコンディションとはいえない様子。大迫の回復が遅れているようなので、武藤はこのままレギュラーに定着するかも。伊東純也のスピードは魅力だが、この日もシュートを決めきれず。全体にどうにも調子が上向いてこないまま、決勝トーナメントに臨むことになってしまった。

January 18, 2019

新国立劇場2019/20シーズンラインアップ説明会

大野和士新国立劇場オペラ芸術監督
●17日は新国立劇場で2019/20シーズンラインアップ説明会。今回もオペラ、舞踊、演劇の三部門共通の説明会が大勢のプレス関係者を集めて行われ、その後、部門ごとにわかれて各芸術監督を囲んで懇談会として質疑応答が続けられた。写真は大野和士オペラ芸術監督。で、オペラの2019/2020シーズン・ラインアップはこちら。注目の新制作はチャイコフスキー「エウゲニ・オネーギン」、ドニゼッティ「ドン・パスクワーレ」、ヘンデル「ジュリオ・チェーザレ」、ワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」。
●以下、大野さんの言葉をさしはさみつつ紹介すると、「この劇場のレパートリーにはロシア・オペラがない。その第一弾となるべき作品」ということで「オネーギン」。モスクワ・ヘリコン・オペラのインテンダントで斬新さで知られるというドミトリー・ベルトマンの演出。それと「レパートリーとしてのベルカント作品が少ない」ことから、ドニゼッティ「ドン・パスクワーレ」。こちらはダニエル・ドゥ・ニースの登場がうれしい。「彼女がいるだけで稽古場の雰囲気が一変してしまうほどの稀有な才能を持ったスーパースター」。ヴィツィオーリ演出のプロダクションは、スカラ座で94年に初演されて以来、各地で上演されている人気作。これを新国立劇場が購入した。
●昨年から発表されていたように、1年おきにダブルビルとバロック・オペラに取り組みたいということで、2019/20シーズンはバロック・オペラの年。演目はヘンデル「ジュリオ・チェーザレ」。指揮はリナルド・アレッサンドリーニ! 東フィルがピットに入る。ロラン・ペリーの演出で、11年にパリ・オペラ座で上演されて大成功をおさめたプロダクション。こちらはレンタルになるが、「次からは自前で制作したい」。
●「ニュルンベルクのマイスタージンガー」は東京文化会館とともに展開する「オペラ夏の祭典 2019-20 Japan↔Tokyo↔World」の一環で、「トゥーランドット」に続く第2弾になる。新国立劇場、東京文化会館、ザルツブルグ・イースター音楽祭、ザクセン州立歌劇場の共同制作。演出はイェンス=ダニエル・ヘルツォーク。大野和士芸術監督自らが指揮する唯一の演目。
●また、来シーズンは「特に指揮者の質にこだわった」ということで、レトーニャ、レプシッチ、トリンクス、カリニャーニ、ロヴァーリス、アッレマンディ、オルミら、「今の世界の歌劇場を賑わせている人々」を選んだという。
●ということで、全体の大きな方向性としては、今シーズンから継続してレパートリーの多様化、拡充に向けて、一歩一歩前進していることを実感。なにしろオペラはオーケストラと違って、監督が変わったからといって翌シーズンからガラッとレパートリーを刷新するというわけにはいかない。新しい演目をひとつを増やすだけで大変。もっとも、再演は「椿姫」「ラ・ボエーム」「セビリアの理髪師」「コジ・ファン・トゥッテ」「ホフマン物語」「サロメ」。シーズン全体で眺めれば、意外と落ち着いたラインナップになったという感も。
●特別企画として目をひいたのは、2020年8月に新制作される「子供オペラ」。渋谷慶一郎作曲、島田雅彦台本で、演出は新国立劇場演劇芸術監督である小川絵梨子、指揮は大野和士。子供たちの合唱が主役で、これに「AIロボット」が絡む。「新しいオペラのあり方という意味でも実験的な作品と位置付けている」。この公演に関しては、また別途、発表会が開かれるそうなので、詳細はそこで。これは期待大。

January 16, 2019

「ヨーゼフ・メンゲレの逃亡」(オリヴィエ・ゲーズ著/東京創元社)

●ヨーゼフ・メンゲレといえば、アウシュヴィッツの収容所で大勢のユダヤ人たちを死に至らしめ、残虐かつ非人道的な人体実験を行った「死の天使」と呼ばれるナチスの医師。映画「ブラジルから来た少年」に出てくる狂信的医学者や、映画「マラソンマン」の拷問歯科医のモデルにもなっている。アウシュヴィッツ解放後、メンゲレは身分を偽って南米に潜伏する。最初はアルゼンチンへ。そしてパラグアイ、ブラジルへ。すぐそこまで追手が迫っていたにもかかわらず、メンゲレは30年に渡って逃亡生活を続け、最終的に捕まることなく自然死を遂げた。いったいどうやって逃げ続け、なにをやっていたのか。
●そんなメンゲレの逃亡生活を丹念に描いたのが、ノンフィクション小説なる触れ込みの「ヨーゼフ・メンゲレの逃亡」(オリヴィエ・ゲーズ著/東京創元社)。これがめっぽうおもしろい。最初の章は、仲介人に金を払って、船旅でアルゼンチンに渡ったものの、約束していたはずの迎えの者は何時間待っても来ず、港でひとり取り残されて途方に暮れるシーンから始まる。逃亡モノというのはなんであれ主人公に共感してワクワクしてしまうものだが、では主人公が史上まれに見る凶悪な人物だった場合ははたしてどうなのか。しかもこの主人公はクラシック音楽の愛好家だったりもする。
●メンゲレが最後まで逃げ切ることができたのは、ツキも大きいわけだが、大前提として資力があってこそというのはまちがいない。実家が裕福。アルゼンチンに渡った後、いったんはもう安全だろうと見計らって実名のパスポートを回復していたりもする。逃亡生活といいつつ暮らしぶりはリッチ。ところが、ナチス残党狩りが激しくなると、ふたたび別人になりすまし、ブラジルの片田舎のハンガリー人農夫の家族と同居する。この奇妙な依存関係が興味深い。農夫一家にメンゲレの正体はばれてしまうのだが、メンゲレは一家に対して横柄にふるまい支配し、一方で一家はメンゲレを金づるとして利用し、貢がせる。どちらも互いを心底嫌いながら、必要とする状況が続く。そこから年月が次第に変化を生み出し、最後には両者の依存関係のバランスも崩れてしまうのだが、はたして最晩年の姿をどう形容したらいいものやら。

January 15, 2019

オマーンvsニッポン@アジア・カップ2019UAE大会

オマーン●アジア・カップ2019UAE大会、ニッポンの第2戦は対オマーン戦。オマーン代表の監督はかつて大宮や京都を率いたピム・フェルベーク。組織的なポゼッション・サッカーを目指している、らしい。森保監督は初戦からふたりメンバーを変更、大迫が使えないために北川をワントップに抜擢、冨安をセンターバックに戻して、セントラルミッドフィルダーに遠藤航と柴崎を入れた。なお、GKの東口は腰痛でベンチにも入っていない。GK:権田-MF:酒井宏樹、冨安、吉田、長友-MF:遠藤航、柴崎-堂安(→伊東純也)、南野、原口-FW:北川(→武藤)。
●試合は珍しい展開になった。オマーン選手たちの個々の足元の技術はもうひとつ。ニッポンがボールを回し、オマーンはときおりカウンターアタックでニッポンを脅かす。前半26分、南野のシュートを相手GKが弾いて、こぼれ球を原口とアルマハイジリで競り合ったところ、オマーンのファウルの判定でPKに。原口が自分で決めて先制できたが、どう見てもPKではなかったと思う。オマーンの災難はまだ続いて、前半45分、シュートブロックに入った長友の手にボールが当たったがハンドをとってもらえず。これは手が体から離れていた状態で当たったので、一般的にはハンドでPKになる場面。前半を終えてニッポンが1対0でリードしていたが、本来のスコアは逆だったと思う。毎回のように、アジア・カップでは「中東の笛」にうんざりさせられてきたニッポンだが、よもや味方してもらえることがあろうとは。主審はマレーシア人。
●これで後半に追加点を獲れればまだよかったのだが、チームの調子は上向かない。南野、堂安の奮闘ぶりは目につくものの、幸運な一点のリードでよしとするかのように、攻撃のアイディアが不足気味に。特に柴崎の枯れたプレイというか、パッションを欠いた軽いプレイが気になる。森保監督はずっと柴崎を起用しているが、W杯ロシア大会の出来にはほど遠く、消極的なプレイが続く。柴崎問題はこのチームの鍵かと。先発起用された北川は持ち味を見せられず、武藤に交代。しかしその武藤も低調な試合に埋没してしまった。伊東純也は自慢の快速で縦に抜けてシュートを打つ場面があったが、あそこで決めきれないところが惜しい。
●幸運が味方して勝利を収めて決勝トーナメント進出は決定。今大会は出場国が増えて24か国のグループリーグから16か国が決勝トーナメントに進むという緩いレギュレーションなので、グループリーグではかなり余裕がある。このままのチーム状態では決勝トーナメントであっさり敗れてしまいそうに見えるが、ここからコンディションが上がっていくのだろうか? 第3戦、ウズベキスタン戦でターンオーバーを敷くのか、レギュラー選手で戦うのか、今のところ裏目に出がちな森保采配も見どころ。

January 11, 2019

質問のない答え

会見会場
●記者会見などの質疑応答でしばしば見られる現象として、物分りの良い明快な質問より、なにが聞きたいんだかよくわからない雲をつかむような問いのほうが、よほど本質に迫る回答を引き出すということがよくある。
●すっきりした問いにはすっきりした答えしか返らない。一方、質問の体をなしていないような言葉が投げられると、壇上に「これはなにを答えればいいのかわからないけど、なにか意味のあることを言わなければならないぞ」的なムードが漂って、ついいちばん核心を突いた言葉が出てきたりする。この現象を利用して、意図的にわかりにくい質問が投げられるケースも多々あるんじゃないかと推測しているのだが、本当のところはよくわからない。
-----------
●ONTOMO連載「耳たぶで冷やせ」の第10回は「かぜに効く名曲」。ひく前に読みたい。

January 10, 2019

ニッポンvsトルクメニスタン@アジア・カップ2019UAE大会

●アジア・カップ2019UAE大会、グループFのニッポンは大会5日目にしてようやく初戦を迎えた。ワールドカップと同じで、どのグループにいようが勝ち進めば最後は決勝戦を同じ日に迎えるわけで、初戦が早いほうが試合間隔の点でお得。当然、開催国UAEが開幕戦を戦う。ニッポンのグループFは少し損だ。そしてUAEは暑そう。
トルクメニスタン●で、相手はトルクメニスタン。未知の国でFIFAランキングはずいぶん下のほうだが、このランキングは下位ほど当てにならない(試合数が少ないとランクが下がるので)。簡単に勝てそうかと思ったら、とんでもない。前半27分に相手の7番、アマノフが目の覚めるような長距離砲をニッポンのゴールに叩き込んだ。たしかにすごいシュートではあるが、距離が30メートルくらいあったので、キーパーの権田としては痛恨の一撃。ただし、その後で権田はスーパーセーブで追加点を防いでいる。アマノフは試合を通じてなんどもこちらの右サイドを脅かした。ニッポンは後方ではボールを持たせてもらえるが、前線にくさびのパスを入れようとすると、相手の激しいチェックでボールを奪われがち。攻撃の積極性が乏しく、中盤の展開力もまるで不足。なんと、前半を0対1でリードされて終えることに。
●おっと、ニッポンのメンバーを書いておかねば。先発はいくぶん意外な人選。GK:権田-DF:酒井宏樹、吉田、槙野、長友-MF:冨安健洋、柴崎-堂安、南野(→北川航也)、原口-FW:大迫。正GKは東口と予想していたのだが権田が先発。センターバックは吉田と槙野のベテラン・コンビになった。で、本来ならセンターバックの若手である冨安が中盤の底に入った。このポジションを本職とする選手たちがケガで離脱したり発熱してコンディション不良だったりということで窮余の策。柴崎はロシアW杯以後、どうも調子を崩しているように見えるのだが森保監督からの信頼は厚い。攻撃陣は「新3枚看板」から中島が離脱したため原口が戻った。トップはコンディション不良が伝えられていた大迫。森保体制で一気に若返った代表だったが、気づいてみれば経験を積んだ選手がずいぶん戻っている。
●後半11分、左サイドの原口がグランダーのクロスを送ると、中央で大迫が足元に収めて個人技で相手を交わしてシュート、これで同点。立て続けに後半15分、またも左サイドから原口、長友と渡りクロスを入れると、相手の緩慢プレーもあって、大迫が無人のゴールに流し込んで逆転。これでガクッとトルクメニスタンの足が止まった。後半26分、ゴール前で南野からのパスを堂安が巧みにターンして落ち着いて決めて3点目。これでもう試合は終わった……と思ったら、その後、トルクメニスタンのシンプルな攻撃に手を焼いて、権田のファウルでPKを献上して失点して3対2(これは権田のミスではなく、北川が不用意にボールを奪われて縦パス1本で決定機を作られた)。さらに吉田のヘディングのバックパスがあわやオウンゴールになりそうなところを権田がセーブしたりと、なにかと権田が目立った試合になってしまう。結局、そのまま3対2で勝てたのだが、終盤はすっかりドタバタに。一枚しか切らなかった交代カードが北川だったというのも、なんともベンチが機能していない感じだが、勝点3を取れたのは幸い。
●森保体制になって、堂安、南野、中島の新3枚看板が自律的に化学反応を起こして急速にチームができ上ったようにも見えていたが、初期の反応が落ち着いて定常状態になると(あるいは一人欠けると)ここまでクォリティが下がってしまう。ここからが監督の腕の見せどころか。好意的に見れば、アジア・カップにおけるニッポンはワールドカップにおける強豪国と同じ立場であって、コンディションのピークを大会終盤に設定しているので、最初はこんなものといったところか。一方、この調子の試合が続けば森保監督解任論が噴出してもおかしくない。

January 9, 2019

山田和樹指揮読響のサン=サーンス、ラロ、レスピーギ

●年末年始は演奏会に出かけなかったので、8日にようやく聴き初め。サントリーホールで山田和樹指揮読響。サン=サーンスの交響曲第3番「オルガン付き」、ラロのチェロ協奏曲ニ短調(ニコラ・アルトシュテット)、レスピーギの交響詩「ローマの祭」という華やかで祝祭的なプログラム。読響首席客演指揮者に就任した山田和樹流ニューイヤーコンサートというべきか。
●サン=サーンスの交響曲第3番は「オルガン付き」であると同時に「ピアノ付き」でもあるんすよね。しかもピアニストがふたりも必要。なんだか鍵盤楽器奏者をぜいたくに使いすぎる曲だなーとかねてより思っていたのだが、なるほど!「ローマの祭」もオルガンとピアニストふたりを要する曲だった。この2曲を組み合わせるという効率的な妙手があろうとは。笑。もっとも「ローマの祭」はバンダのトランペットはいるわマンドリンはいるわで効率的にはほど遠い総天然色スペクタクル。やっぱりぜいたく。お正月のごちそう。
●ラロのチェロ協奏曲はなかなか聴くチャンスのない曲。ニコラ・アルトシュテットのソロは雄弁闊達。同じ作曲者のスペイン交響曲のチェロ・バージョンみたいな印象も。メランコリックな第2楽章が美しい。全体にサン=サーンス、シューマンも連想させるが、終楽章はなんだかベルリオーズ風。アンコールにサプライズがあって、コンサートマスター長原幸太が立ち上がって、チェロとヴァイオリンの二重奏によるシベリウスの「水滴」。初めて聴いたけど、ピツィカートで演奏するごくごく簡潔な曲で、初期作品のよう。
●ラロの後に聴くとレスピーギのおしゃれ感は際立つ。「ローマの祭」の洗練された乱痴気騒ぎを堪能。怒涛のクライマックスで大いに盛り上がった。全般に勢い重視の演奏ではあったんだけど、最後の最後にダメ押しをするように予想外のアンコール。2階席L側に居残ったバンダのファンファーレでロッシーニ「ウィリアム・テル」序曲の「スイス軍の行進」が始まった。ここでバンダを活用できるとは。ムダがない。すっかり楽しい気分でお開き。

facebook / twitter

facebook Twitter instagram

過去記事一覧

過去記事見出し一覧はアーカイブに。

月別 アーカイブ(まとめ読みに)

制作者

飯尾洋一(Yoichi Iio)

このサイトについて/プロフィール
since 1995.

ショップ

MyBlogList

shortcut

CLASSICA [HOME]
home
links
side_b