ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
January 20, 2017

ロペス=コボスとN響のオール・レスピーギ・プロ

●19日はヘスス・ロペス=コボス指揮N響のオール・レスピーギ・プロ(サントリーホール)。前半に「グレゴリオ風の協奏曲」(ヴァイオリン:アルベナ・ダナイローヴァ)、後半に「教会のステンドグラス」、「ローマの祭り」という、なかなか聴けないプログラム。「グレゴリオ風の協奏曲」って、ヴァイオリン協奏曲なんすよね。独奏はウィーン・フィルのコンサータマスター、アルベナ・ダナイローヴァ。どうしてこんな珍しい曲を弾こうと思ったんでしょ。「教会のステンドグラス」はレスピーギ得意の大編成のオーケストラによる色彩感の豊かさが聴きもの。バンダのトランペットあり、オルガン・ソロあり。第2楽章だっけ? おしまいでドラが「シャーン」と鳴らされるところが少し可笑しい。「グレゴリオ風の協奏曲」ともども、レスピーギの特徴である擬古的な趣向や宗教的イメージの活用、豊麗な色彩感がよくあらわれていたが、とはいえ、曲の魅力でいえば断然、「ローマの祭り」。やっぱり人気曲ってよくできてるなとも痛感。そもそも「ローマ三部作」のなかでもワタシは「祭り」派なので、総天然色の音の奔流をたっぷりと堪能。
●先日のファンホ・メナに続いて、またもスペイン人マエストロがN響に登場。ロペス=コボスとN響の音楽は精緻で明快、細部までピシッとピントが合ったようなレスピーギで、「祭り」もカオスな乱痴気騒ぎというよりは、サービスの行き届いた清潔なテーマパークのよう。とりわけブラスセクションは見事。
●「教会のステンドグラス」って、先に曲ができていて、その後にこの曲名とか各楽章の標題が後付けでできたっていうんすよ。しかもレスピーギ本人が考えたんじゃなくて、友人の文学者クラウディオ・グアスタッラの提案で。だから、曲の成立とステンドグラスにはなんの関係もないし、第1曲が「エジプトへの逃亡」だったり、第2曲が「大天使聖ミカエル」だったりするのも後付け。妙手なり。なんだかレスピーギへの親近感がわく。こういう曲こそ、「これはステンドグラスだ!」と信じて聴きたいもの。

January 19, 2017

Jリーグ開幕前の練習試合

●ジュビロ磐田に移籍した中村俊輔の健闘を祈りつつ、いよいよ来季のマリノスはアレかもしれない的な危機感をうっすらと抱いているのだが、それはともかくとして。1月24日と26日にタイで開催される「アジアチャレンジinタイ インターリーグカップ」の試合がDAZN(ダ・ゾーン)で生中継されるとか。Jリーグから参加するのはマリノスと鹿島。タイからはバンコク・ユナイテッドとスパンブリー。
●普通なら開幕前の練習試合といったところだが、今回はファンにとっても「ネット観戦の練習」になるのかもしれない。Jリーグの開幕は2月。スカパーの中継はなくなり、DAZNが全試合をネットで中継する。このままいけば(いくはずだが)、これまでスカパーでJリーグを観戦していた人たちはどっとDAZNに流れ込み、否応なくサッカーをネットで観戦しなければならなくなる。どうなんすかねー。まずはこのインターリーグカップと、同時期に国内で行われるニューイヤーカップで、サポからの不満がドッと噴出する予感。画質とか、接続の安定性とか、無線LANでも平気なのかとか、タイムラグ問題とか、実況の質とか、インターフェイスとか、いろんなことが気になる。Jリーグ、思い切った。
●たとえばPCの画面で見るのか、テレビの大画面に出力するのか、どっちがいいのかってところから、まだピンと来てないのだが。

January 18, 2017

最果ての原典主義

●あなたはムーミンのガールフレンドの名前を知っているだろうか。もちろん、知っているとも。ノンノンだ。そう即答するのはオッサンとオバサン。なんと、いつのまにか名前がフローレンに変わっていた。ムーミンとフローレン。ノンノンはもういない。
●ということを知って動揺したワタシは、あわててムーミン公式サイトにアクセスした。なにかのまちがいだろう、ノンノンがフローレンだなんて? そこで発見したのはさらに驚くべき事実だった。moomin.co.jpによれば、このキャラクターの名前はノンノンでもなければフローレンでもなく、「スノークのおじょうさん」なんである。いやいや待て待て、スノークはノンノンのお兄さんだろう、なのに「スノークのおじょうさん」はないだろう。そう思うかもしれないが、彼女の名前は「スノークのおじょうさん」としか書かれていない。
●どうしてこんなことになったのか。原作者のトーベ・ヤンソンはこのキャラクターに「スノークのおじょうさん」という呼び名しか与えていない。日本でアニメ化するにあたって、名前がないのでは困るということで(だいたい妹を「おじょうさん」とは呼ばない)、ノンノンというかわいい名前が与えられた。ところが原作者は「ノンノン」という名を嫌った(と、あちこちに書いてある)。それで、フローレン(ドイツ語のフロイラインから来ているのだろうか?)に改名された。でも、これだって原典にはない名前だ。だから本家公式サイトは「スノークのおじょうさん」で通しているのだろう。
●「スノークのおじょうさん」は正しい。でも「ノンノン」はかわいい。どっちを選ぶべきかは明らかだろう。それは、ウッ、ゲホッゲホッ……。

January 17, 2017

「宇宙探偵マグナス・リドルフ」(ジャック・ヴァンス著/国書刊行会)

●ようやく読んだ。抜群におもしろい。ジャック・ヴァンスの「宇宙探偵マグナス・リドルフ」(国書刊行会)。トラブルシュータ―であるキレ者の主人公マグナス・リドルフが宇宙各所の惑星を訪れて、次々と問題を(ときにはムチャクチャな方法で)解決するという連作短篇集。ヴァンス得意の異世界探訪もので、それぞれの惑星には多彩にして異様な風土やら習俗やら生態系やらがあって、卓越した異世界描写にホラ話のエッセンスとミステリー仕立ての筋立てが加わる。なんとも楽しく、俗っぽく、そしてカッコいい。国書刊行会の立派な装幀で出てるけど、内容的にはペーパーバックが似合うようなテイストだと思う。
●で、ぜんぶの短篇が大傑作だとは言わない。最後の「数学を少々」とか、「暗黒神降臨」みたいに、なまじSF的な趣向を凝らそうとしたものほどしっくり来ない。一方、多少強引でもミステリー仕立ての話のほうがキレがある。特にいいなと思ったのは「ココドの戦士」「禁断のマッキンチ」「盗人の王」。話の大枠もおもしろくて、ディテールも痛快。そのあたりの凸凹も含めて、一冊丸ごと思いきり楽しめる。
●この本は国書刊行会の〈ジャック・ヴァンス・トレジャリー〉全3巻の第1巻。すでに第2巻「天界の眼――切れ者キューゲルの冒険」まで刊行されているのだが、第3巻は「スペース・オペラ」っていう題なんすよ。「惑星を渡り歩く歌劇団の珍道中を描く傑作長篇」というふれこみなんだけど、いったいどんな歌劇団なんだか。ワクワク。

January 16, 2017

ファンホ・メナ指揮N響のスペイン・プロ

●13日はNHKホールでファンホ・メナ指揮N響。ファリャのオペラ「はかない人生」からの間奏曲とスペイン舞曲で幕を開け、カニサレスを独奏に迎えたロドリーゴのアランフェス協奏曲、休憩をはさんでドビュッシーの「イベリア」、ファリャのバレエ組曲「三角帽子」第1部&第2部という変則スペイン・プロ。
●昨年、ベルリン・フィル定期にも招かれて注目を集めたファンホ・メナだが、日本にはちょうど10年前にラ・フォル・ジュルネでビルバオ交響楽団とともに来日している。覚えてます、東京国際フォーラムのホールAでの朝一コンサート(0歳から入場可)で赤子たちが泣くなかで見せてくれた雄姿を。LFJでわりとひっそりめで来日して、その後メジャーになってN響に帰ってくるというパターンは何度目だろうか。 フランソワ・グザヴィエ・ロトもそうだったし、ベルトラン・シャマユもそうだし。そう考えると、ルネ・マルタンは慧眼。しかし10年経っただけあって、メナは恰幅がよくなっていて、一瞬「え、この人だっけ?」と思ってしまったのだった。変わらずムンムンしてて、カッコいいのだが。
●カッコいいといえばカニサレス。足を組んでギターを構えただけでもうカッコいい。PAあり。アランフェス協奏曲の後、アンコールで自作の「時への憧れ」を演奏してくれた。聞きほれる。
●メナの音作りは基本的に明快緻密で、整然とした音楽を作り出していたと思う。が、「三角帽子」では思い切り盛り上げてくれた。終盤では指揮台で複雑なステップを踏みながら、オーケストラを焚き付ける。「洗練された土臭さ」みたいなファリャの魅力が全開に。
●ちなみにメナはバスク地方の出身なんだとか。で、ビルバオ交響楽団の芸術監督を務めているわけだ。そこでサッカーファンならすぐに連想するのが、スペインリーグのアスレチック・ビルバオ。このクラブは伝統的にバスク系の選手だけと契約するという純血主義を貫いている。欧州主要リーグではすっかり国際化が進んでおり、先発選手に自国人がひとりもいなかったなどという事態が出来して久しいのだが、いまだにこのクラブは選手の血筋や出身地にこだわり続けているのだ(それでいて結構強い)。さて、メナをシェフとするビルバオ交響楽団にもそんな発想があるのだろうか? まさか。

January 13, 2017

オノフリ&OEKのニューイヤーコンサート

●「ニューイヤーコンサート」と銘打たれてはいるけれど、ワルツもポルカも登場しないエンリコ・オノフリとオーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)の東京公演。祝賀にちなんだ音楽を集めた、ヴィヴァルディ、ヘンデル、モーツァルトからなるプログラム。独唱は森麻季さん。
●前半はヴィヴァルディのセレナータ「祝されたセーナ」より「シンフォニア」とヴァイオリン協奏曲ト長調作品3ー3、ヘンデルのオラトリオ「時そして覚醒の勝利」より「神によりて選ばれし天の使者よ」とヘンデル「王宮の花火の音楽」、後半にモーツァルトの「踊れ、喜べ、幸いなる魂よ」と交響曲第35番「ハフナー」。オノフリは序盤はヴァイオリンを弾きながら、途中からは楽器を持たずに指揮者としてアンサンブルをリード。OEKの共演は今回で3回目。すっかりOEKがオノフリ仕様に変貌していて、ピリオド感満載。ヘンデルにせよモーツァルトにせよ、ときに強烈なティンパニが鋭く楔を打ち込むようなヴィヴィッドで心揺さぶる音楽なのだが、森麻季さんの清澄な歌唱が華やかさをもたらし、新年の祝いであることを思い出させる。「踊れ、喜べ、幸いなる魂よ」の後に、森さんのアンコールとして得意のヘンデル「私を泣かせてください」。さらに「ハフナー」の後に、同曲の第3楽章をもう一度。アーノンクール張りの大胆な強弱の対比やテンポのゆらぎで、アンコールは一段と弾けた演奏に。
●CD売場に名物のOEKどら焼きが並べられて異彩を放っていた。金沢の茶菓工房たろうのオリジナルどら焼き。大人気で完売。人気高すぎだろうってくらいの勢いで。

January 12, 2017

価格と価値

●昔、ある音楽雑誌のベテラン編集者がこんなことを言っていた。「CDはぜんぶ同じ値段で売ってるだろう? あれはおかしいと思うんだよね。だって1回しか聴かないCDと、何百回も繰り返し聴くCDが同じ値段なんて、ヘンじゃないの」
CD棚●いやー、まあ、たしかに購入者にとっての価値と価格が比例すべきであればその通りだろうし、ワクワクしながら買った一枚が期待外れだったときにそういうことを考えたこともなくはない。でもムリじゃん。そうなったら、買ったけど封も開けずに積まれてるCDはタダなわけ? 一見もっともらしいけど、なんだかその考え方って腑に落ちないなー、てなことを、たぶんワタシは思った。
●でも、そのベテラン編集者の言ってたことは、半ば現実になった。ただし、裏返しになって。対価を払う側ではなく受け取る側が、ストリーム配信で再生された回数に応じた報酬を手にするようになったわけだ。そして、聴く側はSpotifyのような形で「買ったけど封も開けずに積まれてるCD」と同等のものを大量にほぼ無料で手にしている。ここまでの事態を予見した人には会ったことがない。

January 11, 2017

FIFAワールドカップ、2026年大会から出場国が48か国に

●まさかこんな案が正式決定されるとは……。ワールドカップ本大会の出場国が現行の32か国から48か国に増えることに。2026年大会からの話なので、鬼が笑うどころではない先の話だが、あまりうれしくない。以前は24か国だったのが現行の32か国になって、さらに48か国へ。どんな試合よりエキサイティングだったワールドカップ予選への興味が薄れてしまいそう。
●48か国になると、どんな大会になるか。地域別の出場枠を見ればイメージできる。一部報道によれば、欧州が16、アフリカが9.5、アジアが8.5、南米が6.5、北中米カリブ海が6.5、オセアニアが1。アジアから8または9か国が出場するとなると、(規模感として適当に国を挙げるけど)たとえばオーストラリア、日本、韓国、イラン、サウジアラビア、イラク、ウズベキスタン、中国あたりが出場して、カタールがプレイオフに回るみたいな規模の大会になるわけだ。オセアニアからは毎回ニュージーランドが出場しそう。南米にいたってはたいていの国が出場できるというか、予選は「出場する国を決める」ためというより「出場できない国を決める」ためみたいな感じ。北中米カリブ海の6.5ってのも、たいがいにしてほしい。アメリカ、メキシコ、コスタリカ、ホンジュラス、えーと、あとはどこだ?
●本大会の大会形式も問題が多い。3か国ずつの16グループで1次リーグを戦って、各グループ上位2か国が決勝トーナメントに登場するというのだが、なんですかそれは。グループステージでは各国が2試合ずつを戦って、3か国中1か国が脱落する敗者決定戦。全3試合であっさりグループステージが終わるわけだが、現行のようにグループステージ最終日を公平性のために同時キックオフするという方式がとれない。3試合目はそれまでの試合結果に応じた戦い方が可能になり、フェアではないし、そもそもあまりエキサイティングな方式とも思えない。「決勝まで最大7試合」を維持するためにこんな大会方式になったのだと思うが、予選も本大会も水で薄めたコーヒーみたいな味になりそう。

facebook / twitter

Twitter

過去記事一覧

過去記事見出し一覧はアーカイブに。

制作者

飯尾洋一(Yoichi Iio)

このサイトについて/プロフィール
since 1995.

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。

MyBlogList

shortcut

CLASSICA [HOME]
home
links
side_b