June 7, 2006

交響曲第666番「あ、熊」

●最近、ヒットだったニュースはこれ。名は「中京女子大」、でも「男子学生受け入れ」。つまり大学の名称は女子大のままだけど、男子も入学できることに決まったと。それって、結局男子に来てほしいのかホントは来てほしくないのか、どっちなんだろ。よくわからんけど、きっとスゴい会議を経由して決定されたにちがいない。
●昨日、2006年6月6日で、666だったんすね。この日、リメイクされた映画「オーメン」が世界同時ロードショー。怖そうである。っていうか、公式サイト見るだけでも逃げ出したくなるくらい怖い。この映画(のオリジナル版)のおかげで「666=獣の数字」っていうのが日本人にも知られることになったんだと思うんだけど、最近の研究によると、獣の数字は本当は616だったらしい(Wikipedia 新説の項)。ダミアン的には「どうしてくれるのか」って言いたいところだろう。

トラックバック(1)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/633

さでブログの容量も怪しげなネームカードの登録で増したこと故に、突然マーラーの交響曲第六番を特集してみようかと思う次第。 追記六番の記事を追記2006六月六日に無意識に書いてしまっている(汗)悪魔のなせる業か?前のトピックにあるように、コンドラシンのハービ... 続きを読む

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「騾馬の群れの悲鳴と谷底に落下するピアノのためのデュオ」です。

次の記事は「虹を掴む(川淵三郎著)」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。