September 7, 2006

どこかで見た光景。イエメンvsニッポン@アジア・カップ予選

●「ギリシャ神話に似た話があるが、エネルギーが大地からわき上がって全身を満たすということが、ホームでのイエメンに起こるかもしれない」とオシムが語っていた通りになった。イエメンvsニッポン。ていうか、ニッポンが大地からエネルギーを吸い取られてたのかも。エナジー・ドレインくらってぐったりレベル・ダウン。
●とはいえ、ニッポンのほうが強いってのもまた明らかで、イエメンにあったチャンスは勝利というよりはせいぜい引き分け。サウジ戦に続いて、ニッポンは決定機はあるのに決められない。こっちが疲れてきて、でもよく見たら向こうも疲れてて、もう最後は時間がないから時計を見ながらパワープレイ、ボールをゴール前に放り込んでたら後半46分というロスタイムに我那覇ゴール、うぉ、やった、1-0で劇的な勝利だ……あれ? これ、前回のアジア・カップでのジーコ・ジャパンも毎試合こんな感じで戦ってなかった? なにもかも変わったようで、なにも変わってない、みたいな。
●注目の大熊監督、いや大熊コーチ。今日はベンチに座って静かだなあ、と思っていた。やっぱり前の試合でやりすぎて怒られちゃったのかなあ、それとも空気が薄くて声出ないのかなあ。が、終盤ニッポンがパワープレイに入ってからは大熊絶叫ショー。「啓太、スペース」「遠藤、サイド!サイドから高いボール!」「加地、その辺から!」「佐藤!」「遠藤!」。シャウト大熊の大声が一人でイエメン大応援団を圧倒。空気の薄さも全然感じさせない! しかもこれで1点取って勝っちゃうし。オシム・ジャパンなのにシャウト大熊。一粒で二度おいしい。いいのか。

トラックバック(1)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/704

アジアカップ予選 グループAイエメン 0†1 日本 日本代表メンバー=GK:川口、DF:阿部、闘莉王、坪井、ボランチ:鈴木、左サイド:三都主、右サイド:加地、トップ下:羽生(→我那覇、73分)、遠藤、... 続きを読む

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「♪フィ~ガロ、フィガロフィガロフィガロ、フィーガロ」です。

次の記事は「アイイーッ!」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。