July 9, 2008

音楽大量摂取可能時代

ラジオ「おかか1968」ダイアリーさんの記事で知った、BBC Radio3 の Performance on 3 でゲルギエフ指揮ロンドン交響楽団のマーラー交響曲連続演奏会がオンエア中。期間限定だけど、これはオンデマンドで聴けるからありがたいっすね。さっそく「復活」を聴いてお腹いっぱい、すごく脂っこいものを大量に食した気がする。「復活」は大好きな曲ではあるのだが、午前中から聴くってのはどうなのか。
●当ページ右下のところにPerformance on 3へのリンクをしばらく設置。
●でもホント、聴き切れない。どれもこれも。聴くべきものが多すぎるというか、聴けるものが多すぎるってことか。CDのBOX物もすさまじい。ドイツ・ハルモニア・ムンディ50周年記念スペシャル・ボックス、50枚組とか。プッチーニ:オペラ全集、20枚組とか。あまりの単価の安さにひかれてワタシも両方とも買ってしまったが、これだけでも合わせて70枚だ。
●以前は「聴ききれないほどの膨大なライブラリー」を所有しようと思ったら、並外れた資力が必要だったけど、今はそれがほとんど要らない。CDは安いし、ネットラジオは無料だし。今からクラシック聴く人は信じられないくらいラッキー。
●えーと、ついでにグダグダと。プッチーニのオペラ全集はレーベルがSONY/BMGなんすよ。で、「妖精ヴィッリ」とか「蝶々夫人」とか「西部の娘」「外套」「修道女アンジェリカ」「ジャンニ・スキッキ」など、結果的にマゼール指揮の録音が多くなってて嬉しいんだけど(オペラ的にはドミンゴの録音が多いというべきなのか、フツーは)、「トゥーランドット」はBMGのメータ指揮なんすよ。DVDにもなってる、あの北京の紫禁城で公演したライヴ。これがなー。どうしてSONYのマゼール指揮ウィーン国立歌劇場のにしなかったんだろか。あっ、そういえばドイツ・ハルモニア・ムンディ50周年記念ボックスのほうもSONY/BMGなのか。これ、中身はどれもこれも素晴らしいっぽくて史上最強なんだけど、通し番号がジャケ裏の右下隅に非常に小さく入っているだけなのが惜しい。箱から出さなくても見える位置に番号を入れてくれてたら嬉しかった。ま、些細なことなんだけど。

トラックバック(1)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/940

PUCCINI The Complete Operas Various Artists SONY BMG... 続きを読む

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「ウィンブルドンのセレモニー」です。

次の記事は「ブリュッヘン/新日本フィルが2009年2月にハイドン・プロジェクト」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。