ドミノ・ピザ
August 4, 2008

夢の島競技場で初観戦

夢の島競技場●Jリーグはお休みだったこの週末、しかしJFLは試合があったのだ。「東京第三勢力」たる横河武蔵野FCvsジェフリザーブズ。で、これは横河武蔵野FCのホームゲームなのだが、いつもの武蔵野陸上競技場は11月まで使えないらしくて、なんと、夢の島競技場での開催だったんである。夢の島ってあの埋立地のあそこだ。ブックフェアに行くときに通る豊洲よりももっと向こう側。武蔵野陸上競技場起点で考えると、完全に東京の反対側の果てって感じがして、心理的には大変遠い。むしろそれって武蔵野よりもジェフのホームだろうってくらいに。行ってみると案外近いんすけどね。
●ちなみにジェフリザーブズっていうのはJEF千葉の下部組織でアマチュアチームという位置付け。Jリーグの中では珍しいタイプの存在。
●で、試合内容は武蔵野本来の堅守が戻ってきた感じで、コーナーキックのこぼれ球を思い切って蹴った安東のシュートが決まって1-0で勝利。久々のホームゲームの勝利で嬉しい。18時キックオフで涼しかったこともあり(真夏に13時とかに比べれば)、引き締まった好ゲームだった。観衆530名。いつもの半分ほどだが、地元から遠いんだからしょうがない。
●夢の島競技場は飲食物の売店がまったくないのが辛い。最寄り駅は新木場。駅周辺にはいくらかお店があることはあるが、この競技場に足を運ぶときは事前に食べ物などは用意しておいたほうが吉と見た(←その情報ここに書いて誰の役に立つの?)。あと座席数は意外と少ない。駅からは近いんだけど、町が大作りだから地図で見るより遠く感じる。道路を絶え間なくトラックが轟々と走っていておののく。
●競技場の反対側は夢の島公園になっている。ここは熱帯植物館もあるそうなので、次の機会があればぜひ訪れてみたい。

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/959

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「バイロイト、ザルツブルク、プロムス開幕中」です。

次の記事は「「真・神々の黄昏」」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ