ドミノ・ピザ
August 18, 2008

ブラジルvsカメルーン@北京五輪

●北京五輪はどの競技のどの試合をいつどこのチャンネルで放映しているのか、全然わからんなー。情報が不足してるんじゃなくて、多すぎるのかも。で、男子サッカーの準々決勝はこの1試合しか見つけられなかったのだが、ほかの試合は放映されたんだろうか。
ブラジル●で、ブラジルvsカメルーン。ブラジルはロナウジーニョがオーバーエイジで出てる。つい数年前までは毎試合神のようなプレイを連発していたのに、昨シーズン途中からバルセロナで出場機会を失っていたロナウジーニョ。出場していた頃も、いつも「本来のロナウジーニョではありませんねえ」って言われてた。それが、念願のオリンピック出場を果たしてみると、なんと! やっぱりロナウジーニョは「本来のロナウジーニョではありませんねえ」って言われてた(by相馬直樹)。もうサッカー解説者はロナウジーニョを見るたびに反射的に「本来のロナウジーニョではありませんねえ」って言い続けていてOKな気がする。ファウルをもらおうと倒れるロナウジーニョの姿に漂う悲哀。でも本来ってどの辺が本来なんだ。「本来、この人は神であるはず」と信じられてしまった人間は大変だ。
●以前、オリンピックでカメルーンとブラジルが戦って、二人退場者が出ていたカメルーンが延長で勝ったことがあったじゃないですか、たしか。二人減って延長戦だったらスカスカになってて何でもやられ放題だと思うのに、ブラジル相手にゴールしちゃう。何者っすか、この人たちは。という記憶あり。
●そしてこの試合でもやはりカメルーンから1名退場者が出て延長に突入したのだが、そうそう奇跡が起きるはずもなく、ブラジルが2ゴールを美しく決めて準決勝進出。2-0。
●試合後にアルゼンチンvsオランダのハイライトが放映されて、そっちは凄まじかった。メッシがありえない超絶プレイを次々と披露してて、「これがワールドカップだったら伝説なのに」と妙に惜しい気がした。次の準決勝アルゼンチンvsブラジルは必見かと。

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/969

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「行ったことないのに知りすぎてる路地」です。

次の記事は「いつも心に伝説を」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ