September 10, 2008

ブラウザを乗り換えた

モジラの逆襲●常用するブラウザを乗り換えた。いろいろと比較してみたのだが、これからはFirefox 3 をメインで使おう。
●今まではDonut系のタブブラウザを使ってきたのだが、これらのレンダリング・エンジン、つまり中身はMicrosoftのIEだった。でも本家IEがバージョン7からタブブラウザに進化してくれたのだから、今後はフリーウェアをわざわざ使わなくても、シンプルにIE7を使えばいいんじゃないか。そう思ってIE7をしばらく使ってみたが、どうしてもなじめない。
●で、念のため試しにと思ってFirefox 3 やAppleのSafariも並行して使ってみたら、これが速いのなんの、あきれるほど快適。HTMLの描画も速いが、特にJavaScriptを使ったページは雲泥の差。ウチのPCが古くて非力なせいもあるけど、IE7だとしばらく固まるような重いページがFirefox 3やSafariだとサクサクと開ける。
●タブブラウザとしての挙動もFirefox 3のほうがなじみやすい(新しいページをウィンドウではなくタブで開くように設定できる)。以前のバージョンと比べても完成度は高くなっている。あと、これはIE7も同じだけど、機能に不足を感じればアドオンで追加することもできる。
●本当は自分のサイトの動作確認のために、世間でもっとも広く使われているIE系ブラウザを使いたかったんだけど、もうあきらめた。次のIE8でまた乗り換えを再検討することにして、当面はFirefox 3。
●今、話題になっているGoogleのChrome、これのレンダリングはSafariと同じものが使われている。なので期待大。でもまだ公開されたばかりなので、しばらく様子を見てから試してみるつもりな慎重派。

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/987

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「思い立ったらクリックしてプロムス」です。

次の記事は「リムスキー=コルサコフ没後100周年と「カスチェイ」」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。