October 23, 2008

浦和レッズvsガンバ大阪@アジア・チャンピオンズ・リーグ準決勝

作戦盤ACL準決勝第2戦。レベルの高い好ゲームだった。結果を知った後で録画を見たんだけど、これはライブだったらおもしろかっただろうなあ。西野監督が常に先手を取って、エンゲルス監督が後手を踏むという戦いで、ガンバが3-1で完勝、決勝進出。チーム一丸となって戦うという姿勢でもガンバが上回っていた。浦和は個々のタレントは超強力なんだけど……いや、人様のチームについてはあれこれ言いにくいな。
●浦和は前半に高原のゴールで先制、しかし後半コーナーキックから2失点。特に決勝点となった2失点目はニアポストで坪井が触ったのか明神がコースを変えたのかよくわからなかったが、そのボールがそのままファーのポストに当たってゴールするという浦和には不運なもの。これだけ見ると「勝負は時の運」という気もするが、ここで西野監督はさらに攻撃しろと指示するのがスゴい。アウェイゴールの関係で、1-2となった時点で浦和はもう2点が必要となったにもかかわらず。事実、前がかりになった浦和から美しいカウンターで3点目を奪った。
●アジア・チャンピオンズ・リーグの試合だから、日本でJリーグ勢同士が戦ってるのに審判は中東勢。なんか不思議な感じ。
●ガンバ大阪の決勝の相手は、オーストラリアのアデレード。ジーコ監督率いるウズベキスタンのクルヴチを破って勝ちあがってきた。W杯予選のみならず、ACLでもオーストラリア勢が強いとは。アジアでは新参の彼らに簡単にタイトルを奪われるのは癪である。ぜひガンバには大男たちを打ち倒して、カップを持ち帰って欲しい。

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1019

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「文具側から日本語入力機」です。

次の記事は「「名画で読み解く ハプスブルク家12の物語」」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。