ドミノ・ピザ
November 11, 2008

ワクワク鬱々ショッピング

●うーむ、とブラウザを眺めながら、腕組みして悩む。パソコンを買い替えたい。
●すでに去年くらいから「2008年はパソコンを買い替える年」と決めていた、耐用年数的にも厳しいし、処理速度的にも限界まで来ている、っていうのもあるし、会計上の事情からもどうしても年末までに購入しておきたい、だが気が付けばもう11月中旬。どうする。
●PCを移るのって大変じゃないっすか。全部ゼロからインストールしたりデータを引っ越したり、アプリの設定したりで、うまくいっても軽く丸一日は潰れる。ああ、気が重い。でも重い腰を上げて、いろいろ調べてみた。
マザボ●求められる条件は、1.壊れにくい 2.安い 3.サポートがある。業務用なので高性能なグラフィックボードやら最強最速のCPUを必要としない。だから、まあ、フツーでいいわけだ。適当にBTOで買えばいい。購入先は3つほどに絞った。安さならDELL、品質やサポートならエプソンダイレクト、あるいは現在も使っているサイコムか(←修理時対応好印象)、そのあたりでお買い得そうなものを選ぼう。そう思って、3社のサイトでCPUやらドライブやらを選んだりして比較していたら、だんだん楽しくなってきた。そうかあ、今はこんな選択肢があるのかー。CPUはどれにする、メモリは2ギガ積んどくか、OSはVistaのいちばん安価なのでもいいんじゃないか、とか。省スペース型は魅力的だけど内部が狭いほど排熱は不利だろうから、壊れにくさではミニタワーのほうが有利なのかなあ?とか。
●そうしたら、ついついワクワクしてきて、あれこれ猛然とPCの各パーツについて調べ出してしまった。最初は「フツーのなら何でもいいや」と思ってたのに、今は「チップセットはIntel G45とG31とどちらがいいのか」とか「マザーボードはASUSのP5Q-EMか、GIGABYTEのGA-EG45M-DS2Hか、悩むな」とか、だんだんどうでも良かったはずのところが気になり始めた。もう調べれば調べるほどわかんなくなる。世間の評判もまちまちだし。
●そして、ぜんぜん楽しくなくなった。これ以上情報を集めてしまうと、しまいにはCPUファンをどれにするかで年末まで悩み倒すことになりかねない。また気が重くなり、憂鬱になった。やっぱりハードウェアは苦手だな。眠ってる間に小人さんが新しいPCを導入してくれたらいいのに。

トラックバック(1)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1033

パソコンの調子が悪くなり、ここ数日、パソコンの引っ越し作業をしていました。ホント、パソコンの引っ越し作業には、時間もお金も労力も掛かります。もうへとへとで... 続きを読む

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「週末フットボール・パラダイス暗雲編」です。

次の記事は「「ぼくは猟師になった」(千松信也著)」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ