December 15, 2008

松本初号機発進

エプソンダイレクトショップ●新パソ導入完了。エプソンダイレクトのマイクロタワーMR6000。ふー、気の重い作業だったけど、買い換えると「今まで何をしてたのか」と思うくらい快適だな、新しいパソコンは。何をさせてもビュンビュンと高速処理してくれる。キビキビしてて偉いよ、君は。今後グズグズしがちな飼い主に似ないように。
●でもな。先代のパソコンだって、最初は驚くほど速かった。たぶん、半年くらいは無敵感を楽しめる。それがだんだんと何をやるにもキレが悪くなって、鈍重になり、しまいにはブラウザでウェブを見るのにも「どっこいしょ」って掛け声かけながら、ヨロヨロと画面を描画するようになる。なんだかパソコンって人間みたいだね! 生きてるねっ! ……ふぅ。
●新たに環境を構築するのに週末をつぶした。グズなので、まず最初の一歩、掃除して前の機種を片付けるのがなかなかできない。配線を外すとか、重いニューパソを段ボールから取り出すとか、そういうのが苦手。で、電源入れてセットアップしたら、山のようなバックアップデータを外付けハードディスクからコピーして、必要なソフトウェアを順次インストール&設定する。エディタ、メーラー、画像編集ソフト、ブラウザ類、ブックマーク、フォント、FTPなどの細かなツール類、バックアップソフト、iTunes、RealPlayer、Skype、Excel、OpenOffice……。この作業が延々と続く。OSがXPからVistaに代わったこともあって、あれこれと余計に時間がかかる。
●なんかな、身軽じゃない感じがダメだな、これは。ホントなら最小限のインストール&設定だけで乗り切りたい。「これがなきゃPCは使い物にならない」みたいなツールは少ないほどいい。クラウド・コンピューティングってわけでもないんだけど、なんでもローカルでやらなきゃいけないものでもないし。少し整理せねば。ホントは細かなツール類を使いこなすのが楽しんだけど、楽しさと効率が両立してくれないのが悲しい。
●松本から送られてきたから「松本初号機」って名づけよう、PCの名前。

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1057

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「磐田vs仙台@Jリーグ入れ替え戦」です。

次の記事は「「バレンボイム音楽論──対話と共存のフーガ」(ダニエル・バレンボイム著)」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。