January 27, 2009

ベト7ソーセージ地獄

ソーセージ●ついに来てしまったか……。先日、スーパーで買い物をしていたのだ、肉野菜ミルクお菓子ジュース味噌醤油、なんでも買える宇宙一ラブリーな場所のひとつである食材サンクチュアリ、しかしその平和もこれまでだ。調味料売場で「醤油はフツーの醤油と丸大豆醤油とどっちにしようかなあ?」などとノンキに迷っていたら、近くからよく知ってるメロディが聞こえてきた。お、ベト7、第1楽章、一瞬にして盛り上がり、一瞬にしてコーダにジャンプ、これは何だろう、ヤな予感がすると思って近寄ってみた加工肉コーナー、そこには小型液晶ディスプレイが設置され、画面の中でまたも始まるベト7、ヨーロッパの劇場でベートーヴェンを演奏するオーケストラ、そして曲にあわせて紳士淑女がソーセージをパリッ。おいしそうにパリッ。また始まるベト7、ソーセージをパリッ、そしてコーダが終わったと思ったらまた始まるベト7、ソーセージ、パリッ、もう止まらない、半径20メートルくらいどこで買い物していてもベト7無間地獄、執拗に同じ曲が延々と繰り返される、きっと閉店までループ攻撃。うう、なぜそこまで休みなくループ。いいんすよCMにベト7でも、テレビならループしないし、でも加工肉売場はループ、気のせいかな、みんなループ地獄を避けようと素早くそそくさとベーコンやハムを買って立ち去っていくぞ、いやそれたぶん気のせいだよ気のせいだよ気のせいだよ気のせいだよ気のせいだよ……。
●うおおっ、もうここではゆっくり買い物ができない。いい店だったが惜しいことをした。翌日、別のスーパーに出かけると、やはり加工肉売場から延々とベト7ループが。パリッ。急いで逃げた。山で熊に出会ったハイカーのごとく、どこかベト7が聞こえない遠くに向かって競歩ダッシュ。
●を、してみたら聞こえなくなりました、ベト7、無事に。代わりにラジカセから「♪ターラコー、ターラコー」。もちろんループ。でも許す、全面的に。さっきのベト7に上書き保存したい、ターラコー。

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1088

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「ポチッとな、メンデスゾーン生誕200周年に」です。

次の記事は「「東京のオペラの森」→「東京・春・音楽祭」へ」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。