February 26, 2009

クラシックのネットラジオ

古ラジオ●クラシックのネットラジオが楽しすぎる。当サイトのリンク集のネットラジオや音楽配信関係の項目を一念発起してアップデイトしたのだが、あちこちの局を訪ねていると、ついつい時が経つのを忘れて聴きふけってしまう。
●欧州、米国の放送局を中心に「これはいいな」と思えるところをピックアップし、さらに番組表サイトや、その他のクラシック音楽配信サイトも含めて、以下のページの中ほどに整理した。このブログの右下のほうにも、いくつかの局とともにリンクを張っておいたので、気が向いたときに使っていただけると吉。

クラシックのネットラジオと音楽配信リンク

●自分の気に入った局を選んだわけだが、基本的な条件としては「音質がそこそこ以上良い」「少なくともWindows Media PlayerとRealAudioのどちらかで聴ける」「音楽以外の番組がほとんどない」「選曲や番組構成がよい」といったところ。BBCやORFといったメジャーで一般的な公共放送もあれば、アメリカによくあるカレッジ・ラジオステーションみたいなところもある。逆にメジャーな局でも、ネットには低品質の音声しか置いてくれないところは割愛。
●ネットラジオの使い方は二つあると思う。「あらかじめ番組表を見て、海外ライブの聴きたい公演を聴く」というのが一つ。これは最強。ただし時差の関係もあってそれなりにいろんな面で労力が必要。もう一つは「ふと思い立ったときに聴く、できれば浴びるように聴く」。音源がライブだろうがCDだろうがかまわない(というか日本から普通の時間帯に聞けるのは大半はCDだ)。局はたくさんあるわけだから、自分の聴きたいものが出てくるまでどんどんザッピング(って言うのか?)しちゃうし、気分を変えたくなったらさっさと別の局に飛んじゃう。まあこれはクラシック音楽の聴き方としては外道なんだけど、ラジオとの付き合い方としては正道のはず。「ありきたりの名曲」ばかりかけてるような退屈な局はほとんどなくて、どこも鮮度の高い選曲をしてくれるから、いつまででも楽しめるし、微妙に中毒性がある。
●ADSL以上のネット環境さえあればどこに住んでようがこれだけ聴ける。これで何かが変わらなかったらウソだと思う。

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1111

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「まだまだ「宇宙創成」」です。

次の記事は「名刺をどうしても渡せない悪夢」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。