ドミノ・ピザ
March 17, 2009

煎り上手

煎り上手●最近、コーヒーを焙煎するときはもっぱらこれを使う。「煎り上手」という猛烈にわかりやすいネーミングなんだが、たしかに簡単かつ上手に焼ける。焼きムラが少ない。技術もほとんど要らないし、焼いている間にチャフ(豆の皮)が飛び散らないのでガスコンロが汚れない(これ大事)。唯一の短所は一度に焼ける量が少ないこと。しかしそれを手軽さが上回っている。
コーヒー生豆●これがコーヒーの生豆。基本的に薄いグリーンで、コーヒーの香りはしない。この状態なら何ヶ月でも保存可能。で、これを焼くと下のようなよく見るフツーのコーヒー豆になる。

自家焙煎コーヒー●自分で焙煎すれば、いつでも鮮度の高い、おいしいコーヒーを飲める。煎り具合も深め浅め、好きにできて吉。自分で飲む分を100%自家焙煎するとメンドくさくて大変なので、市販の豆と適宜使い分けている。自分で焼いたものであれ、買ってきたものであれ、コーヒーは焙煎から日が経つにつれて確実に味も香りも落ちる。焼いた翌日の味は至福。

トラックバック(1)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1125

午前中は家の用事をする。前日に頼んでおいたコーヒー豆を取りにも 行ってきた。いつも注文するのは“ヨーロピアンブレンド”というの で、それをフレンチロー... 続きを読む

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「プーランク「カルメル会修道女の対話」」です。

次の記事は「代替わり」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ