April 9, 2009

ボリビア 6-1 アルゼンチン

●先日のワールドカップ南米予選でボリビア 6-1 アルゼンチン。マラドーナ率いるアルゼンチンが歴史的大敗を喫してしまった。試合会場はいつも高度が問題になるラパス。標高3600メートルの高地なので、富士山の山頂でサッカーするみたいなもので、アウェイチームがまともに走れるはずがない。90分走るどころか、スタンドで観戦するだけでも高山病になりそう。ゴールシーンをYouTubeで見たけど、もしかして空気が薄くて豪快なミドルシュートが決まりやすいんだろうか?
●Google Mapで見たラパスのスタジアム。どんどんカメラを引いていくと、山の上のすり鉢状の土地に街があるのがよくわかる。こんな空気の薄い土地でも走り回ってサッカーしなきゃ気がすまないワタシら人類。

大きな地図で見る

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1145

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「ゾンビと私 その2 「ドーン・オブ・ザ・デッド」」です。

次の記事は「「ワルキューレ」@新国立劇場」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。