May 8, 2009

レアル・マドリッドvsバルセロナ@スペインリーグ

バルセロナ●いやー、久々にテレビでちゃんと(?)サッカー観戦。スペイン・リーグの「クラシコ」ことレアル・マドリッドvsバルセロナ戦が大変なことになってて、なんと2-6のスコア。バルセロナ圧勝。
●でもなんというかな、驚きはスコアじゃないんすよ。とにかく両者とも異様にボール扱いが上手い。あまりにも狭いところでピシピシとパスが通るから、特にバルセロナのボール回しは(倒錯的だが)「ウィイレ名人による神プレイ」を思わせる。そんなワンツー、ゲームでしかできないだろ!みたいなプレイが現実に。
●試合開始早々から両チームとも超ハイテンションで飛ばしてきて、イグアインのゴールでマドリッドが先制した時点では「これはキツい試合になりそうだな」と思ったのだが(バルサ視点で見てる)、その後すぐにアンリの実にエレガントなゴールでバルセロナが追いついた。バルサのゴールはどれも美しかったが、アンリの2点目とメッシの2点目が特にすばらしい。

レアル・マドリッド 2-6 バルセロナ ゴールシーン
http://www.youtube.com/watch?v=6r4_2uMpzKI

●近年、チャンピオンズリーグなどを見ても明らかにイングランド勢が他を引き離している感があるけど、今のバルセロナなら伝説を作れるかもしれない(伝説ってのはそうだなあ、6-0くらいで勝つとか。でも0-6で負けて伝説になる可能性だってある)。チャンピオンズリーグ決勝は5月27日(水)の27:45~。バルセロナvsマンチェスター・ユナイテッドは現在考えられうる最強カードだろう。地上波でも生中継してくれると思うが、夜更かしも早起きもできない時間帯(しかも平日)なので、なにかと大変。セルフ情報統制しなければ。

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1163

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「熱狂の後に~金沢篇」です。

次の記事は「ゾンビと私 その6 「大西洋漂流76日間」」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。