ドミノ・ピザ
May 14, 2009

美しい5月

近所の公園で●一瞬訪れた美しい5月、しかし雨が降ったり、雲がムクムクと分厚く空を覆ったり、晴天のようでなく晴天でなく、しばしば曇天、猛烈に満喫したい美しいはずの5月、なのに日照時間低まってて、せめて今日はスッキリ晴れ上がってほしいのだがどうか。
●バルセロナvsビジャレアル戦@リーガ・エスパニョールの観戦ポイント。ビジャレアルのロッシがほとんど完璧なシュートを打つ、しかしバルセロナのキーパー、ビクトル・バルデスが人間離れした反射神経で片手を伸ばしてパンチングで防ぐ。コーナーキックへ。そのときロッシはゴール前でほとんど意識レスにビクトル・バルデスに手を掲げ、ビクトル・バルデスもこれに応えて片手で軽くタッチする。カッコよすぎる! 敵味方でハイタッチみたいな感じなんだけど、あまり手を高く上げないでさりげない感じなのがいい、よすぎる、あまりによすぎる。悶絶。
●ワタシもやってみたい。ビクトル・バルデスになった自分とロッシになった自分をそれぞれ10回くらい超満員の脳内カンプノウ・スタジアムで妄想してみる。ていうか、これに似た場面、リアルでなかったっけ、前に草サッカーしてるときに。あった気がする、そうだあったのだ、あのゴールはたしか渋谷区スポーツセンターの……いやいや、それはさっきまで反芻しすぎていた妄想スタジアムの一場面なのでは。記憶はこうして捏造されるんです、脳科学的に証明されてるんですね。暴走するサカオタの神プレイ空想メカニズム。
●梅雨入りまでに美しい5月を満喫できますように。

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1165

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「映画「つぐない」(ジョー・ライト監督)」です。

次の記事は「男だけが知っている秘密」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ