ドミノ・ピザ
May 24, 2009

レッドクリフ Part I → 三国無双2

レッドクリフ Part I●「レッドクリフ」ってなんのことかと思ったら、「赤壁の戦い」じゃないっすか。どうして「三国志」とか「赤壁の戦い」っていうタイトルにならないんだろか、と思いつつジョン・ウー監督の映画「レッドクリフ Part I」。録画でだけど。
●劉備三兄弟といい趙雲といい曹操といい日本人が抱くイメージを覆すムサい感じで「ドキッ!オッサンだらけの戦国時代」状態な配役、これが中国的センスなのかと衝撃を受けつつ、孔明が金城武っていうのは別次元でカッコよすぎやしないかとかツッコミ入れながらも、荒唐無稽な猛将アクションを堪能。あー、これ「長坂の戦い」だなあ。おお、これが尚香か、あっ、小喬だー。「赤壁の戦い」はPart IIに続くのか、そりゃそうだな。
●で、なんかこの映画、群集とか遠景とかCG全開で、しかもそのCGが最近珍しいほどかなりCGっぽいというか、もうスゴくプレステ感が漂ってる気がして、プレステ→猛将→赤壁の戦いと来たらこれしかない、埃をかぶった古いソフトを引っ張り出して遊びたくなったですよっ!
真・三國無双2●「真・三國無双2」(2001年)。もはや懐ゲー。これで「長坂の戦い」をプレイしてから「赤壁の戦い」をクリアすると、気分的には「レッドクリフ」完結。Part IIまですっかり見終わった気分になれるという不思議! 不思議すぎる不思議、謎すぎる謎! そのまま勢いで激しく張飛、周瑜、甘寧、孫尚香などさまざまな猛将を操り、「真・三國無双2」の傑作ぶりにひたすら驚嘆、わが家に猛将ブーム再到来。スゴいな、「レッドクリフ」効果。

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1174

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「ニッポン代表メンバー発表@ワールドカップ2010最終予選」です。

次の記事は「レッツゴー!クラヲくん2009 気鋭の若手指揮者編」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ