ドミノ・ピザ
October 6, 2009

続・ドゥダメル祭り

LAフィルのウェブキャストは、今これを書いてる時点で、あと2時間ほど。アンコール配信はありがたいが、1日限りとはなかなか厳しい。でもまあお祭りだから、ドドッと盛り上がってパッと終わるのがいいのか。
●で、ネタバレ(とは言わんか)。ハリウッドボウルの公演なので、お客さんはユルユルで、楽章間でもいちいち「イェーイ!」とか言いながら盛り上がる(笑)。ついには終楽章の Vor Gott! の後でも「イェーイ!」って、おいおい、そこで拍手した人は始めて見たぞ。で、最強に盛り上がって曲が終わった後、アンコールでもう1回おしまいのところを演奏するんだけど、そこでドンパチドンパチ花火が上がる。絵的にスゴいことになってて爆笑。そこまでやるか。
●しかもウェブキャスト用に「第九」の歌詞が手作りっぽい字幕で出てきて、それが英語とスペイン語と交互になってたりする。異界。演奏後のドゥダメルのスピーチも英語だったりスペイン語だったり。フツーの演奏会じゃありえないものをたくさん楽しませてもらった感じ。なんかもう、スゴいノリだった。
●お祭りはもういいから音楽監督ドゥダメルとLAフィルの普通の演奏会を見たい/聴きたいという方は、10月9日にARTE Live Webで中継があるのでそちらを見るのが吉。曲はジョン・アダムズのCity Noirとマーラー「巨人」。えーと、これは時刻はフランスで5時ってことだとすると、夏時間だから7を足して日本は12時? これまでの前例では後日に期間限定でアーカイブにアクセスできるはずなので、基本的にそちらを期待。あと、音声だけなら地元局 KUSC の中継もあるかと。(※後日追記:ARTE Live Webのサイトの開始時間が4時に変わっていた。つまり日本時間で11時。KUSCと時間がずれているからヘンだと思ったんだけど、これで納得)
●昨シーズンの演奏でよければ今すぐ聴ける公演がひとつ。音声だけだけど、アメリカン・パブリック・メディアのラジオ番組 SymphonyCast から、ドゥダメル指揮LAフィルのR・シュトラウス「4つの最後の歌」とベートーヴェンの交響曲第6番「田園」を。(ドヴォ7はドゥダメルじゃありません)

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1273

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「ドゥダメル祭り」です。

次の記事は「いないときに限って」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ