ドミノ・ピザ
October 10, 2009

ニッポンvsスコットランド代表@キリン・チャレンジ

scotland.gif●アジアカップ予選から中一日で日産スタジアムで対スコットランド戦。もうこんな日程になってしまった以上は割り切るしかないということで、全員(現状での)控え組を先発させることに。でもおかげでフレッシュな代表が見れて(ら抜き)よかった気もするが。
●GK:川島-DF:内田(→徳永)、阿部、岩政、今野-稲本(→駒野)、橋本(→大久保)、本田圭佑、中村憲剛、石川ナオ(→松井)-FW:前田(→森本)。こういうときでも岡田監督は森本を先発させないんすね……。岩政はなぜこれまで代表にいなかったのか謎な選手の一人。遅すぎたデビュー。本田圭佑と俊輔の併存が可能かどうかは試せず。石川ナオは再デビューみたいな感じ。
●で、これが試合をしてみるとまるでバラバラ。前半は中盤でボールが落ち着かず、うまくチームとして機能しない。いくら優れた個人11人を集めても、チームにならないとサッカーはできないのだなあということを改めて実感。かといって相手も屈強ではあっても攻撃に迫力は感じられず。
●後半、特に中村憲剛が左サイドからボランチに移ってから、うまくボールが回り出した。やっぱりここに遠藤とか憲剛みたいな、ディフェンス・ラインから見て安心してボールを預けられる指揮官が必要なのか。あと本田も森本も周囲の助けがなければ自分のチームでやるようには存在感を発揮できないわけで、俊輔や遠藤とは仲良くしてもらいたいものである(そんな話なのか?)。
●マリノス・ファンとしては石川ナオという存在に複雑な感情を抱かざるをえないんだが、がんばっていただきたい。昔好きだったのにふられてしまった人みたいな存在。
●相手のオウンゴールと、こぼれ球を押し込んだ本田のゴールで2-0。次はトーゴ戦。きっと香港戦のAチームに、今日のBチームから何人かをブレンドすることになるんだと思う。じゃ誰が入るのかっていうと、それは結構微妙。でしょ?

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1277

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「ニッポンvs香港代表@アジアカップ予選」です。

次の記事は「天皇杯2回戦、伝説の予感」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ