ドミノ・ピザ
October 15, 2009

ニッポンvsトーゴ代表@キリン・チャレンジ

オナガガモのメス
●久しぶりに近所の公園に足を運ぶと、カルガモとアヒルしかいなかった池に、オナガガモとキンクロハジロが飛来していた。ついこの前までは渡らないカルガモの天下だったんだけど、これから続々とオナガガモとキンクロハジロがやってくる。もうすっかり秋なのですねえ……。
●と詠嘆してみたところで、ニッポンvsトーゴ代表@キリン・チャレンジ。いよいよワールドカップ本大会に向けて、海外組含めた代表メンバーの最終選考段階に入ってきてる感が全開なんだが、なんと! トーゴ代表はこの直前のワールドカップ予選で敗退してしまったんである。そんな状況でベストメンバーが組めるはずもなく、それどころか予選を戦ったカメルーンから成田まで30時間もかけて来日したくないとだれかが言い出したのか、来日メンバー驚きのたった14人。ベンチが埋まらない……。
●まー、でも14人いてまだよかったのかも。これ11人未満だったらどうするの。ニッポンから控えメンバー貸すのか(←それ草サッカー)。それとも在日トーゴ人から急遽代表にサプライズ選出とか。なわけない。すっかり有料公開練習みたいな雰囲気になってしまっても、そしてキックオフ直後から彼らがプレスをかけてこなかったとしても、誰がトーゴ人たちを責められようか。てか、開始11分で3-0になってるし。結果は5-0
●一応こっちのメンバー。GK:川島-DF:徳永(→内田)、中澤、トゥーリオ、長友-MF:遠藤(→本田)、長谷部、中村憲剛(→今野)、中村俊輔(→石川ナオ)-FW:岡崎(→佐藤寿人)、森本貴幸(→大久保)。岡崎はまたもハットトリック。森本代表初ゴール、本田もごっつぁんゴール。森本はすっかりイタリア人化してて、そろそろ日本語忘れそうな勢い。一頃に比べて内田に元気がない。中村俊輔と本田はお互いパス交換ができていた。でもあれなら本田じゃなくてもいいわけで、「ケンカはしませんよー」というレベルの宥和的な共存。
●アデバヨールが来ないどころかたった14人しか来日しなかったトーゴ代表に、1億5千万円(推定)も払えるかと犬飼会長が激怒しているとの報道。そりゃこれで満額払ってたらどう見てもニッポンはカモ。えっ。

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1280

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「続々・ドゥダメル祭り」です。

次の記事は「ゾンビと私 その11 顔振峠~越上山ハイキング」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ