October 29, 2009

ラトル、ドゥダメル、マンボ!

●サイモン・ラトルとベルリン・フィル、首席指揮者の契約を2018年まで更新。Sir Simon Rattle verlängert。ベルリン・フィルのTwitterアカウントから流れてきて知った。
●Arte Live Webのドゥダメル指揮フランス国立放送フィル&シモン・ボリバル・ユース・オーケストラの映像アーカイブが公開されている(→こちら)。両オーケストラ合同によるベルリオーズ「幻想交響曲」は特大編成で舞台がぎゅうぎゅうづめになっているのがおかしい。Arteは天井からのカメラがお気に入りなんすかね。真上からのショットがおもしろい。終わった後に強烈なブーをした人がひとりいたような気がするが客席はブラボーの嵐で、アンコールはお得意の「マンボ!」。熱い。ユーザーからのコメントが付けられるようになっているが、スペイン語がかなり目立つ。
●いいなあ、「マンボ!」って。いや一昨日シンシナティ響で聴いたばかりであるが。でもあのときは誰も客席で「マンボ!」と叫ぶ人はいなかった。なんか「マンボ!」って発声したとたんにすべての問題が解決し、災厄が退散するような気がする。ときどき厄除け代わりにつぶやいてみようか。「明日は晴れますように……マンボ!」とか。いずれ世界のすべてがマンボになる!

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1290

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「エンリコ・オノフリのリハーサル映像と「カリオストロの城」」です。

次の記事は「日はまた昇るんじゃないっすかー、たぶん」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。