ドミノ・ピザ
November 9, 2009

木村監督から木村監督へ

●わがマリノスであるが、シーズンがまだ残っているというのに監督交代が発表されてしまった。成績不振により契約期間を残して木村浩吉監督を解任、来季は木村和司新監督が就任する。木村監督から木村監督へ。浩吉から和司へ。マリノスOBからマリノスOBへ。監督未経験者から監督未経験者へ。そして伝説へ……。
●はっ。いかんいかん、思わず鬱々としてしまった。いや、木村和司さんはミスター・マリノスというかミスター日産であり、日本リーグの日本人プロ選手第一号。これだけのヒーローにいままで監督経験がなかったのも意外(S級ライセンスは持ってたらしい)。しかしマリノスは監督経験のないOBが好きだなあ。下部リーグで実績を残した監督を引っ張ってきて日本のアリゴ・サッキを発掘してほしいんだが……。今のマリノスには若くて有望な選手は何人もいるが、超人的な個人能力を持っているのは中澤だけ。これでJ1を戦い抜くには、戦術面でヨソ以上に鍛え上げるしかない。新監督はきっと鍛えてくれるはず。ああ、なのになにをワタシはそんなに怖れているのであろうか。
●JEF千葉がクラブ史上初の2部降格。日本リーグでの古河電工時代以来44年で初めてというから歴史を感じる(日本リーグ時代は日産や読売が新興勢力だった)。
●一方J2は仙台とセレッソ大阪が久しぶりにJ1昇格。おめでとうございます>両サポの方。J2の3位争いが熾烈。湘南と甲府が同勝点で並んでいる。しかも11月21日に小瀬スポーツ公園陸上競技場で両者の直接対決があるではないか。これは熱い。

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1297

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「ネトラジ&ウェブキャスト短信」です。

次の記事は「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2010は「ショパンの宇宙」」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ