ドミノ・ピザ
November 19, 2009

香港vsニッポン代表@アジア・カップ予選

香港●アジア・カップを予選から戦わなければいけないとは……と今さら嘆いてもしょうがない、香港vsニッポン代表。前回ホームで戦った時点で香港が技術的精度を欠いていることはわかっているんだけど、それでも一筋縄ではいかないのがアウェイゲーム。ニッポンのコンディションがよくないこともあって、序盤は香港に押されてしまった。
●でも開始早々の相手の勢いが収まってからは、ニッポンがゲームを支配。32分に長谷部誠の代表初ゴール(意外!)となるミドルが決まるまではヤキモキしたが、終わってみれば4-0で完勝。佐藤寿人のヘッド、俊輔のFK、岡崎の自ら獲得したPK。メンバーはこう。GK:川島-DF:内田、中澤、トゥーリオ、駒野(→徳永)-MF:長谷部、遠藤(→阿部)、中村俊輔、松井-FW:大久保(→佐藤)、岡崎。
●少し相手とレベル差があったので、W杯に向けてチームを作ったというよりは、アジア・カップの出場権を得るための試合と割り切るしか。松井はルマン時代の松井からは遠い。松井ではなく本田圭佑を使って中村俊輔との共存を試す手もあったと思うんだが……。
●これは親善試合じゃないから3人しか交代枠はない。本田や稲本は南アフリカから香港まで飛んできて、試合に出ずにそのまま欧州までもどるわけだ。肉体はもちろん精神もタフじゃなきゃやってられないな、と。

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1306

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「沼ガール」です。

次の記事は「「カルロス・クライバー ある天才指揮者の伝記」(上)」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ