December 6, 2009

ワールドカップ2010南ア大会組合せ抽選会

南ア2010●ド深夜に生中継を見てしまった、ワールドカップ2010南ア大会組合せ抽選会。いやー、楽しいっすよね、こういう抽選は。ドキドキした。で、結果から言うと、開催国南アに「抽選の神」は訪れなかった。だって、シードから漏れたフランスが南アのところに来て、うまい按配に最強国が分散されたんだから。つまり、抽選はガチであってインチキはない……いやいや待てよ、フランスがうまい具合に一緒になったからこそインチキくさいという見方もあるわけだ(笑)。疑心暗鬼になってりゃキリがない。
●ニッポンはオランダ、カメルーン、デンマークの組。全世界のフットボール・ファンのほとんどから見て、この組はニッポンがぶっちぎりで最弱。オランダは優勝候補の最強国。無尽蔵にスターが出てくる人材の宝庫。強いだけじゃなくオープンで美しいフットボールを目指す。フィジカルも強い。世界ランク3位。デンマークは基本的にオランダと同じ哲学を共有しているチームだと思う。ブラジルだろうがスペインだろうが、デンマークには楽に勝てない。カメルーンはアフリカ最強国のひとつで世界ランク11位。最前線でエトーが中澤やトゥーリオにプレスをかけてくるなんて現実離れした光景だ。こんな強いチームとばかり対戦できるんだからラッキーなんだろう、ニッポンは。
●フツーに考えりゃワールドカップは世界32ヵ国しか参加できなくて、そのうち決勝トーナメントに進めるのは16ヶ国だけなんすよ。そこに世界ランク40位台のニッポンが参加してるんだから、どの組に入ったって3戦全敗してもおかしくないって。しかも参加国中、勝てそうな相手(ニュージーランドとか北朝鮮)は、全部自分たちと同じポットに入ってるから、絶対に同じ組には入らない。
●でもそんなこと、いいじゃないっすか。ワールドカップはお祭り。辛気臭い顔して「ベスト4」とか言わなくたって、世界のスーパースターたちが集っている、それだけでワクワクするし、そこにまぜてもらえるんだから猛烈に嬉しい。2002年の日韓大会のときだって、各国のサポはみんなお祭りモードで楽しそうに来日してた。ワールドカップは、予選まではブーイングでも椅子投げでもなんでもありの戦い、でも本大会はお祭り。それでいいじゃん、せめて世界ランクベスト16くらいに入るまでは。

Group A : 南アフリカ、メキシコ、ウルグアイ、フランス
Group B : アルゼンチン、ナイジェリア、韓国、ギリシャ
Group C : イングランド、米国、アルジェリア、スロベニア
Group D : ドイツ、オーストラリア、セルビア、ガーナ
Group E : オランダ、デンマーク、日本、カメルーン
Group F : イタリア、パラグアイ、ニュージーランド、スロバキア
Group G : ブラジル、北朝鮮、コートジボワール、ポルトガル
Group H : スペイン、スイス、ホンジュラス、チリ

●今回極端な「死のグループ」はない。ただグループDが厳しい。4ヵ国ともベスト4を狙える。世界を驚かせるダークホースは米国、オーストラリア、パラグアイと見た。

トラックバック(1)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1319

2010年ワールドカップ南アフリカ大会第一次リーグの組み合わせ抽選 の結果が出た。我が日本代表(サムライブルー)のお相手であるが…… 続きを読む

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「「トスカニーニ~大指揮者の生涯とその時代」(山田治生著)」です。

次の記事は「リーグ戦今季終了」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。