ドミノ・ピザ
January 15, 2010

隣のメロンパン

●電車に乗ったら隣の女子がメロンパンをパクパクと食べはじめた。甘い香りが漂い、うまそうである。翌日地下鉄に乗ると、今度は隣の席の男子中学生がフライドチキンを食べだした。油脂の匂い全開。
●たまにイスに座ると、隣の人物がなにか食べはじめるという設定になっているらしい。次回はコンビニ弁当が来ると予想。
●自分メモ。第8回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作「さよならドビュッシー」(中山七里著/宝島社)。書店に寄ったら要チェック。コンクール優勝を目指すピアニスト志望の少女という青春小説の設定でありながら、殺人事件が起きてミステリーになるという。期待。

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1347

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「ゾンビと私 その15 「最後のクラス写真」(ダン・シモンズ著)」です。

次の記事は「新国立劇場2010/2011シーズン」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ