ドミノ・ピザ
January 20, 2010

ウィーン・フィルの自主制作盤

●ナクソスさんのディストリビュートでウィーン・フィルの自主制作盤が発売されるとの情報あり(2月24日発売予定)。「5人の指揮者によるハイドンの交響曲集」という3枚組で、内容は以下に。アーノンクールもいればブーレーズもいる。さすがに強力。

CD1
1.交響曲第12番ホ長調 クリストフ・フォン・ドホナーニ
1991年11月10日 ムジークフェラインザール

2.交響曲第22番変ホ長調「哲学者」 ズービン・メータ
1972年1月16日 ムジークフェラインザール

3.交響曲第26番ニ短調「悲しみ」 フランツ・ウェルザー=メスト
1998年3月22日 ムジークフェラインザール

CD2
1.交響曲第93番ニ長調 ニコラウス・アーノンクール
2009年5月10日 ウィーン・コンツェルトハウス

2.アーノンクールによる演奏についての語り

3.交響曲第103番変ホ長調 ニコラウス・アーノンクール
2009年5月10 日 ウィーン・コンツェルトハウス

CD3
1.交響曲第98番変ロ長調 フランツ・ウェルザー=メスト
2009年9月8日 ルツェルン

2.交響曲第104番ニ長調 ピエール・ブーレーズ
1996年3月24日 ムジークフェラインザール

●ウィーン・フィルの自主制作盤は今後も予定されているとのこと。期待大。
Twitterで見つけた写真。ネコ柄のネコ。神様の茶目っ気を感じる。

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1350

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「冬の善福寺公園」です。

次の記事は「寒くなったり暖かくなったり」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ