May 11, 2010

ワールドカップ2010南ア大会ニッポン代表発表!

●ああ、やはり今回も呼ばれなかったか。まあやむをえないだろう、最後の俺ゴールからすでに何年も経っている、そして世田谷区の砧公園サッカー場における、あのわが生涯に燦然と輝く伝説の俺ゴールを岡田監督は見ていない、おそらく。……もう引退する。これからはワールドカップはテレビで観戦します!
●今までもテレビで観戦してるけど。
●選ばれたメンバーをここに挙げておこう。こんなサプライズのない人選でも、後で読み返すとびっくりするだろうから。

GK:
川口 能活(ジュビロ磐田)
楢崎 正剛(名古屋グランパス)
川島 永嗣(川崎フロンターレ)
DF:
中澤 佑二(横浜F・マリノス)
田中 マルクス闘莉王(名古屋グランパス)
駒野 友一(ジュビロ磐田)
岩政 大樹(鹿島アントラーズ)
今野 泰幸(FC東京)
長友 佑都(FC東京)
内田 篤人(鹿島アントラーズ)
MF:
中村 俊輔(横浜F・マリノス)
稲本 潤一(川崎フロンターレ)
遠藤 保仁(ガンバ大阪)
中村 憲剛(川崎フロンターレ)
松井 大輔(グルノーブル/フランス)
阿部 勇樹(浦和レッズ)
長谷部 誠(VfLヴォルフスブルク/ドイツ)
本田 圭佑(CSKAモスクワ/ロシア)
FW:
玉田 圭司(名古屋グランパス)
大久保 嘉人(ヴィッセル神戸)
矢野 貴章(アルビレックス新潟)
岡崎 慎司(清水エスパルス)
森本 貴幸(カターニャ/イタリア)

●予想と違ったのは第3キーパーが西川ではなく川口だったこと。FWの控えが興絽、平山ではなく、森本、矢野だったこと。矢野は本人だって予想してなかったと思う。ただ、高さのあるフォワードは必ず一枚は入れると思っていた。DFとMFは先日の予想メンバーそのままだった。
●こうして見ると、欧州の強豪クラブ所属といえるのはかろうじて長谷部一人といったところか。圧倒的にJリーグの選手が多い。Jリーグ最高の選手が何人か欠けるが(外国籍だから)、その代わりレベルの高い欧州組の日本人選手が入る。大ざっぱにいって、Jリーグのレベルが本大会の成績に反映されると考えていいんじゃないかな。

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1428

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「週末フットボール・パラダイス~W杯メンバー発表直前編」です。

次の記事は「ダンサック」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。