June 14, 2010

セルビアvsガーナ。ジャンプして片手でブロック。

セルビア●ともにセルビア人監督が率いる両チーム。完全に西欧化されているガーナ、セルビアどちらも組織は鍛えられていて、個々の能力も高い。ミスをして失点するか、セットプレイを決めて得点するか、それがなければ70分くらいまで0-0で来て、疲れ出してからが勝負か……という展開。後半29分にセルビアのセンターバック、ルコヴィッチが2枚目のイエローで退場。圧倒的に不利になったはずだが、なぜかそこからセルビアが攻勢を強めて、このメンタリティの強さには唖然。彼らは一人減ったから守って0-0で済ませようなどとは思っちゃいないんである。
●しかし後半38分、セルビアのクズマノヴィッチがペナルティエリア内でどう見ても意図的なハンドをしてしまいPK。なぜそんなことを? ギャンが決めてガーナが勝利。アフリカ大陸初のW杯で、アフリカ勢初の勝利。
●セルビアって202cmのジギッチがいるだけじゃなくて、全般に高いんすね。ガーナより高い。で、この組ってほかにドイツとオーストラリアがいるわけで、巨人族みたいなことになっている。
●ここがもっとも大変なグループかも。

セルビア 0-1 ガーナ
騒音度 ★★★★
伝説度 ★

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1456

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「イングランドvsアメリカ。GKのミスで痛恨の失点。」です。

次の記事は「ニッポンvsカメルーン。ホーム以外で初勝利ゲット!」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。