June 22, 2010

ワールドカップ2010、グループリーグ最終節へ。

チリチリ 1-0 スイス。主審がうまく試合をコントロールできていなかった。ベーラミ一発退場とか、完全にチリのワナにかかったようで、やや残念な試合。しかしチリが勝ってくれたのは吉。楽しみなチーム。
●で、これでグループリーグの第2節が終わり、本日夜からいよいよ最終節へ。最終節はグループごとに2試合同時開催となる。地上波はどういう放送スタイルになるんすかね。適宜「より(勝点的に)おもしろいほう」を見せてくれたらいいなと思うが、試合はじっくり楽しみたい方もいるだろうしなあ。それと、スカパーがないと深夜3時30分の時間帯の試合は中継そのものがない(日本戦除く)。つまり全グループの5/8しか見ることができない。これが非スカパー派にとっては最大の弱点なんであるが、まあ事前にわかっていたことなのでしょうがない。しかし、こんなにグループリーグが混戦だらけになるとは……。
●欧州強豪国がいくつか脱落しそうでワクワク。そして、南米+メキシコ不敗伝説は続いている!

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1466

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「ブラジルvsコートジボワール。聖なる手。」です。

次の記事は「フランスvs南アフリカ。大量得点伝説の予感、一瞬。」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。