June 25, 2010

デンマークvsニッポン。もう渋谷行くしか!(ウソ)

●ス、スゴすぎる! まさかこんなにふうに完勝してしまうなんて。ニッポン、2勝1敗の勝点6、グループ2位で堂々の決勝トーナメント進出。
denmark.gif●この第3戦。ニッポンは勝つか引き分けでOK。デンマークのほうも勝てば進出。裏カードの結果は関係しないという、わかりやすい勝点状況でキックオフ。序盤はデンマークがニッポンを圧倒した。パススピードが非常に速くて、ピッチをワイドに使ったダイナミックなサッカー。まさにこれがデンマークというスタイル。ディフェンダーの間にたびたびトマソンが走りこんできて、次々とチャンスを作られてしまう。テレビだと全体が見渡せないのでよくわからなかったが、どうやら今日は2ボランチで守っていたのがうまく機能しなかったとか。で、現場の判断で阿部がトマソンに付いてから落ち着いた模様。この大会は阿部のアンカーと本田のワントップの功績が猛烈に大。
●本田、前半17分のフリーキック。距離があるので直接入るとは期待していなかったが、まさにクリスチャーノ・ロナウドばりのブレる無回転シュートでネットを揺らした(35mもあったって?)。続く前半30分、ふたたびゴール前のフリーキック。今度も本田が蹴るかと思いきや、ボールの側に立っていた遠藤が右足でこするように蹴って、これが壁を巻いてきれいにゴール右上隅に入った。GKソーレンセン気の毒。その後、動揺があったのか、遠藤の山なりのフリーキックに慌てる場面も。キーパーの立ち位置が微妙に前すぎるのを見て、あそこに蹴れてしまう遠藤のイジワルさが吉。
●それにしても、ここからが困った。あっさりと2点リード。3点失わない限り、決勝トーナメントに進めるという圧倒的な優位。浮かれていいはずなんだけど、ドーハ以来の失点恐怖症が体の奥深くに刻み込まれているためか、どう気持ちを持っていけばいいのか、わからない。「絶体絶命」っていうのはなんどもあるけど、「どう考えてもド楽勝」などという珍しい状況が、まさかワールドカップのこの場面で到来するとは!?
●今日の主審は最初から不安定だった。後半36分になって、待ち構えていたかのように長谷部のプレイにPKを宣告。あれのどこがPK? その一方でPKが取られてしかたのないような場面でも笛を吹かなかったりとか、謎。トマソンのPKはコースが甘く、川島が弾いたものの正面だったため、ふたたびトマソンにシュートされて1-2。
●デンマークはパワープレイに来るんだけど、むしろ序盤のようにつながれたほうが怖かった。中澤とトゥーリオは強力。
●後半42分、ゴール前で本田が見せた鋭い切り返しにも驚き。こんなことまでできちゃうの? で、自分でシュートせずに中にパスして岡崎に押し込ませた。本田ってエゴイストみたいな口ぶりでモノを言うけど、少なくとも今大会でやってることは正反対で、ひたすらチームのために献身的にプレイしている。何よりトップの位置で体を張ってボールを収めることに尽力しているわけで。ナカタとぜんぜんタイプ違うから。
●メンバー書いておかねば。GK:川島-DF:駒野、トゥーリオ、中澤、長友-MF:阿部、長谷部、遠藤(→稲本)、松井(→ 岡崎)、大久保(→今野)-FW:本田。ほんの少し前まで、阿部とか駒野、大久保、松井がこんなにワールドカップの試合に出場することになるなんて想像もしなかった(逆に中村俊輔や内田に出番がないことも)。ホント、わからないものっすよね。

デンマーク 1-3 ニッポン
満足度 ★★★★★
伝説度 ★★★★★


●決勝トーナメントではパラグアイと対戦することに。強敵。午後11時の試合なのは助かる。午前3時半だと仮眠してから起きて観戦して、また少し寝るというのがキツくて。それにしても瞬間最高視聴率、午前4時58分で41.3%って何事?

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1470

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「スロヴァキアvsイタリア。王者敗退。」です。

次の記事は「ポルトガルvsブラジル。安全に消化。」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。