July 4, 2010

アルゼンチンvsドイツ。殺戮のゴール・マシーン。

ドイツ●出た、ドイツのサッカー。キックオフまでは「これも今大会屈指の好カードで楽しみ~」くらいに思っていたが、いざ笛が鳴ったら、そこは完璧なドイツによるアルゼンチン虐殺ショー。アルゼンチンはメッシもイグアインもテベスもちゃんといたんすよ。退場者が出たわけでもなく、コンディションも悪くなった。なのに、0-4。ドイツのゴールラッシュ。
●前半3分、フリーキックからミュラーが頭で決めてあっという間にドイツ先制。その後はアルゼンチンにも十分にチャンスはあったが、後半23分にゴール前でクローゼがおいしいゴールを決めると後は一方的な展開に。相手が意気消沈したところで、かさにかかって攻めるドイツはさすが。ワールドカップで大差をつけて勝利するのはいつもドイツ(……という印象がある)。
●それにしても、ドイツ代表でのクローゼのゴールをワタシらはいったい何度見ているんだろうか。ワールドカップ通算14ゴール目? 前の試合で「もうクローゼのゴールは飽きた」って書いたら、また見せられた(苦笑)。あと1点でブラジルのロナウドの記録に並んでしまう。承服しがたい(笑)。誰かクローゼを止めてくれ。ユーロも含めると何ゴールだ。
●そしてアルゼンチンがワールドカップで4点差付けられるってどんな現実なのか。メッシはノーゴールで敗退することになったが、メッシのプレイはぜんぜん悪くない。だれもマネできないような、スーパーなドリブルを毎試合のように連発していたはず。ただ、一人でプレイしててはどうにもならない。テベスもイグアインも個人ではスゴいんすよ。チームで攻めることができなかっただけで。
●このドイツは今大会の最強チームだと思う。イングランドからもアルゼンチンからも4点取ってる。そしてドイツは試合を重ねても選手のコンディションが良いまま保たれている。常に選手たちは勝利のために全力を尽くすし、勝手な個人プレイに走る選手もいない。組織があって、気持ちも強い。もともとパワフルな大型選手がそろっているところに、若い羽生みたいなドイツ人離れした柔らかいボールタッチを持つ選手も出てきた。あ、羽生じゃなくてエジルだった。そもそもワールドカップでのドイツ(含む西ドイツ時代)の戦績は尋常じゃないくらい優れている。決勝に行くのがフツーくらいの感じで、もしW杯に通算成績というのがあればぶっちぎりの1位のはず(ブラジルは強いときは無敵だが、あっさり負けることも多い)。ドイツはあらゆる代表にとっての目標になるべき立派な存在だ。なのに、なぜみんなからあんなに嫌われているんでしょうねえ。
●ああ、決勝戦にスペインが出てきますように! オランダvsスペイン、あるいはウルグアイvsスペインになりますように! ラテンが生き残りますように。


アルゼンチン 0-4 ドイツ
満足度 ★
伝説度 ★★★★

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1484

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「ブルーノ・レオナルド・ゲルバーのベートーヴェン」です。

次の記事は「パラグアイvsスペイン。90分内でプチPK合戦。」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。