ドミノ・ピザ
October 18, 2010

ショパン・コンクール2010、いよいよファイナルへ

●現在ワルシャワで開催中のショパン・コンクール2010、現地18日から20日にかけてのファイナルには10名が残っている。今回は1stステージからライヴでのヴィデオ中継&現地FMによるインターネットラジオ中継があったので、関心があればずっと追いかけてウォッチすることも可能だった。ワタシはほんの一瞬しか見てないんだけど、ライヴ映像はリアルタイムだと回線が重くてカクカクになったりもするが、ラジオ(Polskie Radio Dwójka)のほうは問題なく聴くことができた。ファイナルはもっとアクセスが集中するだろうから、どうなるかはわからないが。
ヴィデオ・アーカイブもあるので、これまでの分も遡って観ることができる模様。
ファイナルに残った10名を見ると、意外にもアジアからの参加者はゼロ(前回は入賞者6人中、優勝者以外の5人全員がアジア勢だったかと)。ロシア勢が目立つ。
●なお、今回の優勝者は12月のN響定期Aプロでショパンの協奏曲をデュトワと共演することになっている。
●それにしてもショパン・コンクールに対する関心の強さっていうのは特別っすよね。ほかのどんなコンクールよりも桁違いに注目されている。ショパンしか弾かないのに。あの85年、ブーニン優勝の社会現象化とか、今にして思うと何が起きたんすかね……。
●おさらい。過去30年の優勝者は、ダン・タイソン(80)、ブーニン(85)、なし(90)、なし(95)、ユンディ・リ(00)、ブレハッチ(05)。

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1560

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「オーストラリア・バレエ団「白鳥の湖」」です。

次の記事は「オーストリア放送協会 ORF がアーカイブを設置!」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ