ドミノ・ピザ
March 7, 2011

週末フットボール通信。Jリーグ開幕! 名古屋vsマリノス

マリユニ2010●祝!開幕。呪!ロスタイムの失点。怯えつつも(?)待ち望んだJリーグ開幕。いきなりやってしまった……。
マリノスの初戦は王者名古屋とアウェイで。厄介な相手と戦うことになったが、おかげでNHKが中継してくれたのでテレビ観戦。マリノスはキャプテン中村俊輔が怪我でベンチ。こっちの先発だけ書いておくと、GK:飯倉-DF:小林祐三、中澤、栗原、波戸-MF:谷口、小椋、兵藤、長谷川アーリアジャスール-FW:大黒、渡邉千真。昨季、山瀬や坂田ら多くの選手を放出して世代交代を進めるのかと思ったら、大黒だもんなあ(小野裕二は途中出場)。頭の中は?だらけ。脱中村俊輔の中盤構成を課題と見ていたのだが、谷口が加わったのは吉。長谷川アーリアジャスールの大ブレイク待ちでもあり。
●序盤から名古屋の中盤の守備が弱い。ケネディ、玉田、金崎の後ろに藤本淳吾、小川、中村直志というやたら攻撃的な布陣で、これはマリノス側にかなり攻撃のチャンスがあるとは予想していたが、完全にこちらがゲームを支配。兵藤のゴールは見事だった。が、組立て段階でのミスが多いこともあり、攻撃の効率が悪く、名古屋の守備に十分脅威を与えられず。案の定、後半から徐々に押され、猛攻に耐える羽目に。
●で、後半21分、名古屋が金崎に代えて新人永井謙佑を投入したらもう大変。ありえないスピード、加速力。彼が前を向いて走り出したらこちらは誰も追いつけない。終了間際にぶっちぎられた栗原の絶望的なファウルでPKを取られて、ケネディが決めて1-1。もう後半50分だったのでそのまま試合終了。あと一歩で勝利を逃したのもショックだが、それ以上に永井が衝撃的。代表コンビセンターバックでも前を向かれると打つ手なし。
●わかってはいたが今季もマリノスは苦しそう。名古屋も永井以外は寂しいゲーム内容だったが、向こうはコンディション面で不利だったので、まだまだ調子を上げる余地あり。
●てか、黄色いユニのマリノスって。
長友のインテル初ゴールが泣ける。そして笑える。

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1657

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「Facebookページを作ってみた」です。

次の記事は「「カルロス・クライバー 無への足跡」」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ