ドミノ・ピザ
August 24, 2011

マリノス松田直樹の最終戦

●松田直樹関連の映像をいくつか見る機会を得た。緑のユニをまとった松本山雅FCの松田の姿にはなかなか目が慣れなかったが、松本山雅FCサポの熱さがJFL離れしたものだというのはよくわかった。すごい。
マリユニ2010●でもいちばん印象に残ったのは2010年最終節の大宮戦終了後に行なわれた、シーズン閉幕のセレモニー。マリノスは松田直樹との契約を終了し、これが彼にとってのマリノス最終戦。マリノス・サポは松田をはじめとする功労者たちが大量解雇されることに憤っていた。木村和司監督、嘉悦朗社長の挨拶が続く間、サポがこれをかき消すようにみんなで「ナーオーキ」とずっと松田のチャントを歌っていた。その後で、松田の「オレ、マジでサッカー好きなんすよ」の挨拶が続く。
●嘉悦朗社長の挨拶の場面が痛々しい。氏は日産自動車の執行役員をされていて、他の役員の方々とは違って本当にサッカー・ファンでもあるらしいんすよ。だから挨拶もシーズンの流れを踏まえたものだし、去る選手への感謝の言葉も述べてくれたし、来シーズンへの目標も具体的で「最低でもACLの出場権を獲得できなかった場合、責任をとって辞任します」とまで断言した。でもワタシはこれが残念だと思ったな。これまでの経緯からしょうがないのかもしれないが、マリノスの社長にはサポに対して宥和的な態度を見せてほしくなかった。クラブの利益のためなら手段を選ばない冷徹な経営者であってほしかった。「年俸が高いベテランは切って、有望な安い若手を獲得する。そうしなければクラブに未来はない。君たちはただ感傷に浸っていればいいのかもしれないが、社長である自分はそんな美しい幻想に付き合うことなどできないのであり、断固としてこのクラブを自分の考え方で前に進ませる」くらいの態度をにじませてほしかった。
●たとえサポと正反対の立場でも、本気でクラブの未来を背負ってるって立場を見せてくれたら、一目置かれると思うんすよ。だって、バルセロナやレアル・マドリッドの会長だったらどうするのよ。ラウールを移籍させたって、レアル・マドリッドはレアル・マドリッドであり続ける。選手も監督も常に入れ替わるけど、チームだけはそこにあって変わらないということを、サポだって本心では知っている。社長はサポーターと直接対話なんて断固拒否していいから、マリノスの仕事をしてほしい。「ACLに出られなかったら責任をとって辞任します」なんて軽々しく言うけど、それは辞めても日産自動車にもどるだけなのでは? むしろ「優勝するまで辞めない」って言ってくれ。監督も選手も全員クビにしてでも勝つ、っていうくらい、タイトルに対して執着してほしい。

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1773

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「また夏にもどるのか」です。

次の記事は「タイトル防衛中」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ