ドミノ・ピザ
October 16, 2011

勝てないマリノス

マリユニ●うむむ、せっかくBS-TBS で中継があったのに、またもマリノス勝てず。ホームに広島を迎えたが、序盤から押される展開。しかし先制点は見事。兵藤のヘディングで決まったように見えたが、得点は大黒についていた。大黒をかすってコースが変わったのか? 終了間際にムジリに同点ゴールを決められ1-1。何度もディフェンスを崩されていたので、むしろよく1点で済んだなという印象。上位3チームに引き離され、下に仙台が迫ってきた。目標はACL出場に。
●先発2トップは大黒と小野裕二なんすよね。結局大黒が先発しているというのが苦しい。坂田とか放出した末に大黒を獲ってしまい、渡邉千真(カズマ)がベンチに座っている……うーん、これでよかったんだろか。木村和司監督は小野裕二をがまんして使っている。伸び盛りだから、なんだろう。スゴいと思う。なかなかできない。しかしなー、渡邉千真も使い続けないと、第二の坂田になる恐れも。大卒で入ったからもう25歳。あと狩野健太も25歳だ。今ベンチにいるようならこのチームに自分の未来はないと感じて当然の年齢。後半に狩野ではなく復帰した中村俊輔が入ってしまうことが悔しい。俊輔をベンチ(あるいはベンチ外)に釘付けにしなければいけない。世代交代のためにたくさんの選手を切ったんだから。
●劣勢に立った終盤に、DF登録のキム・クナンが長身フォワードとしてスクランブル発進するとき、そこにハーフナー・マイクの影を見ないで済ますことは難しい。レンタル移籍の末に完全移籍させ、ついにたくましく育ってしまったマイク。甲府はアウェイのセレッソ大阪戦で、代表帰りのマイクが2ゴール決めたよ、どっちも足で。あのマイクがドリブルで自陣から爆走してゴールって! 「自信」ってものがどれだけ選手を伸ばすのかよくわかる。恐ろしい。

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.classicajapan.com/mtmt/m--toraba.cgi/1809

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「「オスカー・ワオの短く凄まじい人生」(ジュノ・ディアス著/新潮社)」です。

次の記事は「マティアス・ゲルネ バリトン・リサイタル」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ