ドミノ・ピザ
March 30, 2012

「AUDIO BASIC」で別冊付録「はじめてのインターネットラジオ」

オーディオベーシック 2012年 04月号季刊「AUDIO BASIC」vol.62で別冊付録「はじめてのインターネットラジオ」。ネットラジオについて1ページのコラムを書いた。この別冊はその名の通りまったくの初心者の方にネットラジオなるものを紹介しようという企画。こういう企画がオーディオ誌で成立しているということが興味深く、心強くもある。
●日頃オーディオ誌には縁がないが、見本誌をいただいたので、せっかくなので本誌のほうも眺めてみた。なぜか付録CDとして、小倉貴久子さんのフォルテピアノ独奏、桐山建志さん、花崎淳生さん、藤村政芳さん、花崎薫さんのメンバーでモーツァルトのピアノ協奏曲第11番、第12番、第13番の室内楽編成版というCDが付いていてお得。日本モーツァルト協会例会として昨秋行なわれたライブ録音の模様。
●オーディオの記事はワタシのような門外漢にはなかなか難解。ただ、すでに「PCオーディオ」という言葉が定着しているようで、PC側の話になるとある程度はなじみがある。個人的な感触では、PCの世界でのデジタル・データに対する前提と、コンシューマー向けオーディオの世界におけるデジタル・データの扱いについて、基本的なところで齟齬が生じないのかなあ、とか気にならんでもない。
●84万円のプリアンプとかスゴいすよね。あとD/Aコンバーターで23万円とか(もっと上があるとか教えてくれなくていいっす)。パソコンにくっついてる光学ドライブもCDを再生できるんだからなんらかのD/Aコンバーターが入ってるわけだろうけど、そういうのはいくらくらいのものなんすかね。500円くらい?(笑)

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「ミューザ川崎「フェスタサマーミューザKAWASAKI 2012」他、記者発表」です。

次の記事は「「電車男」がピアノ三重奏曲に」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ