ドミノ・ピザ
July 27, 2012

ミンコフスキとOEK

●25日は金沢へ。石川県立音楽堂でミンコフスキ指揮オーケストラ・アンサンブル金沢。プログラムは古い時代の作品ではなく、20世紀前半プロ。ヴァイルの交響曲第2番、プーランクの2台のピアノのための協奏曲(独奏はギョーム・ヴァンサン、田島睦子)、ラヴェルの「マ・メール・ロワ」バレエ版。かなり思い切ったプログラムだが、出色の出来、客席の反応もとても良好。ていねいで繊細に整えられた響きなんだけれど、ミンコフスキが全身から発するオーラで自然と熱を帯びていくのがすばらしい。プーランクも洒脱というよりも一段柄の大きな腕白っぷりがあらわれていて、きかん感じやね(←金沢弁)。
●OEKの7月定期って、ハーディングとミンコフスキなんすよね。スゴすぎる。金沢の都市圏の大きさ(というか小ささ)では同一演目二公演は現状無理、しかしこれで一公演ではあまりにもったいないわけで、ハーディングは新潟市妙高市でもう一公演開かれた。ミンコフスキは26日東京と、さらにこの後28日(土)に横浜みなとみらいでも公演が開かれる。
●ちなみにOEKの来シーズンのプログラムには、ミンコフスキ指揮ルーヴル宮音楽隊の公演が入っている。OEKの定期なんだけど、OEKは出演しなくてルーヴル宮音楽隊が演奏するという方式。東京だと「どして?」となるかもしれないが、中規模以下の都市では理にかなっている。客席の大半は定期会員だし。あと、エンリコ・オノフリ&OEKという公演もあって、これはバッハ・プロ。

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「SONYのMusic Unlimited」です。

次の記事は「スペインU23vsニッポンU23@ロンドン・オリンピック」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ