October 2, 2012

樫本大進「ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ集」CDリリース・コンベンション

樫本大進とリフシッツ
●1日夜は、サントリーホールのブルーローズ(小ホール)にて、EMIからリリースされる樫本大進とコンスタンチン・リフシッツによる「ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ集」のCDリリース・コンベンションへ。CD収録曲から一部楽章の演奏とトークで構成される一時間。樫本大進がEMI CLASSICSと世界契約を結び、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全集をレコーディングするということで、まずはその第1弾として作品30の第6番~第8番が明日リリースされる。
樫本大進「ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ集」●樫本「ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタはヴァイオリニストにとってぜひ挑戦したいレパートリー。リフシッツは昔から大好きなピアニストで、いずれいっしょに演奏したいと思っていた。初共演もベートーヴェンだった。今回、レコーディングで共演することができてうれしい」。互いの親密さと敬意が伝わってくるトークだった。リフシッツは作品30の3曲をばらばらの3曲ではなく、一つの作品として見ていると語っているのが印象に残った。「これらはオペラのようなものではないけど、ストーリー性があって、3曲で一作のお芝居のようになっている。3曲がいっしょに出版されたのは、たまたま都合がよかったからではなく、ベートーヴェンなりの意図があったはず」。
●樫本大進にとってはベルリン・フィルのコンサートマスター就任後、初リリースとなるアルバム。このご時勢にヴァイオリン・ソナタでメジャーレーベルが全集を作ってくれるというのはなかなか貴重。

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「週末フットボール通信~香川真司ゴール編」です。

次の記事は「「いまどきのクラシック音楽の愉しみ方」(山田治生著/アルファベータ)」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。