November 28, 2012

LFJ新潟2013のテーマは「モーツァルト」

ビバ、モツァルト●そういえばこの近辺じゃあまり話題になっていないんだけど、来年のラ・フォル・ジュルネ新潟のテーマは「モーツァルト」なんである(→新潟日報)。知ってた?
●東京のテーマは「フランスとスペイン」とか「パリ」とかいろいろ言われているんだけど、どんな言い方になるんすかね。基本的にナントのほうは「**年から**年までのフランス音楽」みたいな打ち出し方で済むみたいなんだけど、日本の感覚だともっとキャッチーなテーマがほしくなる。
●新潟の本公演は4月26日~28日。東京やナントのテーマから外れるけど、モーツァルトってのは英断では。わかりやすいし(モーツァルトの音楽が、じゃなくて、テーマがはっきりしててイメージが共有されやすい)。
●個人的に東京でやってほしいなと思う作曲家はベートーヴェン。第1回でやってるけどやり切ってないだろうし、まだみんな知らなかったわけだから。

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「ピエール=ロラン・エマール~ル・プロジェ エマール2012 II」です。

次の記事は「2013年 音楽家の記念年」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。