ドミノ・ピザ
January 24, 2013

北朝鮮、サッカー非公式世界王者(UFWC)の座をスウェーデンに譲る!

北朝鮮●2011年11月、ニッポンが平壌で北朝鮮に奪われたサッカー非公式世界王者(UFWC)の座。予想以上に(いや予想通り?)北朝鮮がチャンピオンベルトを明けわたさず、どうなることかと思ったが、ついにスウェーデンが北朝鮮を破った。タイで開催されたキングズ・カップで、1対1の同点からPK戦でスウェーデンが勝利。引分けに終わっていれば王者北朝鮮の防衛で終わるところだったが、大会がトーナメント式でPK戦があったおかげで新チャンピオンが誕生した。
●おっと、「非公式世界王者ってなに?」という方がいらっしゃるかもしれない。これは仮想タイトルで、サッカーにおける有史以来の代表戦について「勝ったほうがチャンピオン」というシンプルなルールを適用したら、今どこが王者かっていう話だ(ボクシングみたいに引分けは王者防衛)。その歴史は1872年11月30日に開かれたスコットランド対イングランドにまで遡る。ま、イギリス人のジョークみたいなものなんだが、2010年10月にニッポンがアルゼンチンを破って以来、ニッポン代表は15試合にもわたって王者の座を防衛し続けたこともあって、一部から注目されるようになった。
●北朝鮮も意外と試合数は多かった。昨年3月にAFCチャレンジ・カップ、12月に東アジアカップの予選ラウンド(ニッポンは免除されている)があったため。

15/11/11 北朝鮮 1-0 ニッポン
17/02/12 北朝鮮 1-1 クウェート
29/02/12 タジキスタン 1-1 北朝鮮
09/03/12 北朝鮮 2-0 フィリピン
11/03/12 タジキスタン 0-2 北朝鮮
13/03/12 北朝鮮 4-0 インド
16/03/12 北朝鮮 2-0 パレスチナ
19/03/12 トルクメニスタン 1-2 北朝鮮
10/09/12 インドネシア 0-2 北朝鮮
01/12/12 台湾 1-6 北朝鮮
03/12/12 北朝鮮 5-0 グァム
05/12/12 北朝鮮 1-1 オーストラリア
9/12/12 香港 0-4 北朝鮮
23/01/13 北朝鮮 1(PK1-4)1 スウェーデン

●ニッポンとしてはできればタイトルが北朝鮮にある間に奪還したかったところ。途中で台湾やインドネシアが勝てばアジア戦国時代に突入する可能性もあったが……。長らくアジアにとどまっていたタイトルは、2010年9月のスペイン代表以来、久々にヨーロッパに帰ることになった。

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「小野裕二、ベルギーのスタンダール・リエージュへ」です。

次の記事は「「小田嶋隆のコラム道」(小田嶋隆著/ミシマ社)」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ