ドミノ・ピザ
February 27, 2013

まもなく開幕Jリーグ、LFJ鳥栖

●いよいよ今週末Jリーグ開幕。ああ、スタジアムでサッカーが見たい。しかしまだ寒いっすよね。
●少し前、欧州サッカー連盟のプラティニ会長やバイエルンのルンメニゲ会長が「カタールW杯の後に春秋制への移行を考えている」と発言したとかいうニュースがあって、思わず快哉の声をあげる。だよな~。Jリーグの秋春制論議なんて冗談じゃないと思っていたら、当のヨーロッパ人だって冬の試合はもう止めたいと思っていた、と。欧州が春秋制になるなら、もはやJリーグが秋春制を検討する意味はほぼないわけで、ぜひそうなってもらいたい。寒風吹きすさぶスタジアムで数時間を過ごすのは苦行。特に日本海側の多くの地域では冬は連日雨か雪の日ばかり、吹雪も珍しくない。閑古鳥が鳴く。
●で、今季のスケジュール。Jリーグ(J1とJ2)、そしてJFL。このスケジュールを見るのが楽しい。どれくらい楽しいかというと、テレビの番組表を検索して観たい番組を録画するのと同じくらい楽しい。たとえば3月2日は日産スタジアムでマリノスvs湘南戦、3日は味スタでJ2のヴェルディvs福岡戦、9日は国立で川崎vs大分戦で、10日はJFL開幕日だから夢の島で横河武蔵野vs藤枝MYFC戦を観戦……とか妄想する。妄想するだけで、ホントは1試合も見ない。寒いし、3月15日までに確定申告だし。観戦プランを立てるだけ立ててひきこもるという倒錯の喜び。まるで貯める専用ポイントカード。
●いま一番ねらい目なのは5月の鳥栖。東京のLFJと重なるので100%妄想なんだけど、5月3日に鳥栖自慢の球技専用競技場ベストアメニティスタジアム(通称ベアスタ)で鳥栖vsFC東京を観戦して、中一日置いて、5月5日と6日はLFJ鳥栖というゴージャスすぎる遠征プランがありうるわけだ。LFJ鳥栖のテーマは「モナミ!モーツァルト」。公式サイトの絵柄もモーツァルト+ベアスタだったりして、このスタジアムが鳥栖のシンボル扱いとなっているっぽい。西日本の方にはオススメ。

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「SALUS、ゾンビ短信」です。

次の記事は「モーツァルトの交響曲第31番「パリ」と拍手」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ