ドミノ・ピザ
May 9, 2013

アレックス・ファーガソン退任

マンU●昨日からフットボール関連メディアはこの話題で一色。マンチェスター・ユナイテッドのサー・アレックス・ファーガソン監督が今シーズン限りで監督を引退することになった。せっかく香川真司が移籍して伝説的名将に鍛えてもらえると思ったのに。
●ファーガソンはマンUを27年間にわたって率いてきた。名監督でもどんどんとクビにされる今どき、こういう超長期政権を築く指揮官はもうあらわれないかもしれない。ベッカムが「ボスは僕にとって、最高の監督というだけじゃない。11歳からクラブを去るまで、ずっと父親みたいな存在だった」とコメントしているように、ファーガソンって「父」だったんすよね。クリスチャーノ・ロナウドに対しても、ルーニーに対しても、ライアン・ギグスに対しても。相手がどんなビッグスターになっても、父であり続ける存在というか。「ふがいないプレーをした選手に、鼻と鼻が触れるほどの距離で大声で怒鳴り叫ぶ」みたいな監督は、今やトップレベルでは稀少種なのでは。昨年の記事だけど、「サー・アレックス・ファーガソンの実像と虚像」が彼の特徴をよく伝えている。
●後任はエヴァートンのモイーズと伝えられており、今日中にも正式発表があるらしい。以前からそうなるだろうという予測されていた通りの人選。ファーガソンもモイーズもともにスコットランドのグラスゴー出身というのがおもしろい。同郷だから、ってのは後任の人選に関係するの?
●モウリーニョの来季のポストがまだ決まっていないというこのタイミングでファーガソンが引退を発表したということは、彼が後釜かと期待したんだけど違ったみたい。モウリーニョの「兄貴」キャラはファーガソンの後を継ぐのにぴったりだと思ったんだけどなあ。

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「LFJ2013備忘録」です。

次の記事は「「戦後のオペラ 1945~2013」(山田治生、渡辺和/新国立劇場運営財団情報センター)」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ