ドミノ・ピザ
June 14, 2013

ボロメーオのベートーヴェン・シリーズ進行中

ベートーヴェン●13日はサントリーホール ブルーローズにてボロメーオ・ストリング・クァルテットのベートーヴェン・シリーズへ。全5公演で全曲演奏するシリーズの4回目だが、ワタシはこれで2公演目。プログラムが重量級で、「大フーガ」ではじまり、弦楽四重奏曲第16番ヘ長調、弦楽四重奏曲第13番変ロ長調と続く高密度満腹プロ。すばらしい。最初の1公演で第1番から第6番まで一気に演奏してしまったように、おおむね作曲時期で曲を割り振っているので、後ろのほうはスゴい密度になっている。明日15日の最終日はさらに強まって、第15番イ短調、第14番嬰ハ短調、第13番変ロ長調「大フーガ付」 という、休憩2回の長丁場になる。つまり、第13番を通常バージョンと「大フーガ付」バージョンで日を分けて2回演奏するわけだ。おまけに「大フーガ」も都合2回演奏する恐るべき入念さ。重複的な不思議なプログラムというべきなのか(最終日のほうがお得じゃね?とか)、偉大な作品を立て続けに2度も聴けてうれしいというべきなのか。
テレビマンユニオンチャンネルにさっそくボロメーオが演奏したベートーヴェン弦楽四重奏曲第1番の第4楽章の動画が掲載されている。MacBookを使った演奏風景という点でも一見の価値あり。このチャンネルはいろんなライブが掲載されているんだけど、どれも一部楽章のみなのが謎すね。

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「「終わりの感覚」(ジュリアン・バーンズ著)」です。

次の記事は「ブラジルvsニッポン@コンフェデレーションズ・カップ ブラジル2013」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ