ドミノ・ピザ
June 17, 2013

ブラジルvsニッポン@コンフェデレーションズ・カップ ブラジル2013

ブラジル●えっ、またブラジル代表と試合できるの?と思ったコンフェデ杯。昨秋、ポーランドで試合したときは0-4で大敗したと思うんだけど、あの試合はすばらしかった。同時期に1-0でフランスに勝った試合は勝ったけど手も足も出ない悲しい試合だったのに対し、ブラジル戦は大敗したけど手も足も出た堂々と胸を張っていられる試合だった。が、今回はまったく事情が違う。
●ほぼそのときとメンバーは同じだが、今度は中立地ではなくアウェイ、そしてニッポン代表は中東での灼熱のW杯予選を戦った後のブラジル入り。もともと実力で大差がある相手なのに、フィジカル・コンディションはこちらのほうがずっと悪いんだから、どうにもならない。0-3で完敗、なにもさせてもらえなかった。
●GK:川島-DF:内田、吉田、今野、長友-MF:遠藤(→細貝)、長谷部-岡崎、香川、清武(→前田)-FW:本田(→乾)。相手のレベルが高くなるほど本田のキープ力が際立つ。香川はまたも機能せず。むしろ交代出場で入った前田が目立っていた。開始3分でネイマールのスーパー・ゴールが決まって、ニッポンは下を向いてしまった感じ。今大会、コンディションが下がったまま初戦を迎えることになるのは事前にある程度覚悟していたが、恐れていた通りの展開に。
●コンフェデ杯の最大の意義は「ワールドカップの予行演習」。試合から選手が得たものは少なかっただろうけど、チーム全体としてはアジア・チャンピオンの特典として収穫を得ているんだろう。で、予行演習が必要なのはワタシらファンのほうでもあるわけで、時差が12時間ある大会をどうテレビ視聴するかをこの大会で学ばなければならない。まず、このブラジル戦のように午前4時キックオフの場合。これは欧州の夜の試合とほぼ同様で、夜更かしも早起きも厳しい時間帯。が、とにかく必死で起きてさえいれば他のなにとも重ならない時間帯ともいえる。日本戦は生で見て、それ以外は録画+追っかけ再生で朝観戦するか? 一方、イタリア戦は午前7時キックオフ。これはもう朝の観戦しかない。朝に観れなかったら、たとえ録画しておいても日中の結果バレは避けられないであろう一発勝負の時間帯。ライフスタイルによって極端に好都合だったり不都合だったりしそう。ともあれ、ブラジル大会は朝ご飯のおともにワールドカップという大会になりそうだ。

このブログ記事について

ショップ