ドミノ・ピザ
September 11, 2013

ニッポンvsガーナ@キリンチャレンジカップ2013

ニッポン!●グアテマラ戦はスパーリングになってしまったが、今回の相手はガーナ。メンバーはベストとは言えなくても、クォリティはグアテマラの比ではない。個々の選手の身体能力の高さやスピードを考えると、親善試合としてはいい相手だったのでは。この時期、どうやっても中盤からガツガツつぶし合うような試合にはできないだろうから。
●GK:川島-DF:内田(→酒井高徳)、吉田、今野、長友(→槙野)-MF:長谷部(→山口)、遠藤-清武(→森重)、香川(→齋藤学)、本田、FW:柿谷(→大迫)。岡崎が負傷で離脱したので、清武、香川、本田がそろって出場。トップが柿谷、さらに泥臭いプレーも厭わない岡崎がいなくなって、ますます足元の精度の高い選手ばかりになった。中盤のボール回しはスムーズ、効果的なスルーパスもぽんぽん出てくるし、ゴール前の崩しも見事でスペクタクルな展開。ガーナの先制点はディフェンスに入った内田に当たってコースが変わったアクシデント。後半に入ってから香川の個人プレイで同点ゴール(強烈な右足)、本田とのワンツーから遠藤の逆転弾(キーパーは防げたはず)、そして左サイドからの遠藤のフリーキックに本田が頭で合わせて3-1。決定機はまだまだあった。
●終盤に清武に代えて森重を投入して3バックへ。4-2-3-1から3-4-3への変更は前の試合でも試していた。ザッケローニは試合終了後に「相手が2トップで来たので」とコメントしているが、これは予定通りの変更では。ずっと伊野波と栗原で迷い続けた「3人目のセンターバック」については、どうやら二人とも不合格で、森重に定まりつつある気配。森重セットの3バックにどうしても実戦を経験させておきたかったのかな、と。
●ワントップの柿谷はやや精彩を欠いたか。しかし第一選択肢なのは変わらなさそう。大迫にも可能性を感じる。もうハーフナーや前田は呼ばれないのか……。遠藤、長谷部に続く第3のセントラルミッドフィルダーは山口という序列になっているみたい。しかし本番になれば細貝を呼ばないはずはないと思う。齋藤学にも期待しているけど、いざとなったら乾が割って入るのでは。
●本田か岡崎をトップにすれば清武、香川を含めて4人全員使えるんだけど、そういう気配はないっすね。

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「ブルーレイ・ディスクによる「ヴェルディ/オペラ全集」シリーズ進行中」です。

次の記事は「Jリーグ、呪いの2ステージ制」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ