ドミノ・ピザ
June 29, 2014

決勝トーナメント1回戦、ブラジルvsチリ、勝負は時の運

ブラジル!●グループリーグが終わった後、中一日の休養日(だれの?もしかしてわれわれの?)をはさんで、いよいよ決勝トーナメントへ。スペインやイタリアといった欧州勢が脱落、アジアは一勝もできず(次回の出場枠はきっと減る)。一方、中南米勢は躍進。ブラジルで開催した甲斐があったというべきか。
●しかし、南米勢の4カ国がトーナメントで同じ山に入ってしまったのはまったく残念。ブラジル、チリ、ウルグアイ、コロンビアでつぶし合って、どれか一か国のみがベスト4に進出することに。なにも開催国ブラジルの山といっしょにならなくても、ブツブツ……。南米はアルゼンチンだけが別の山へ。少なくとも準決勝まで生き残ってほしい。
●で、まずはブラジル対チリ。開始前の国歌斉唱からすさまじいテンションの高さ。完全にブラジルホームだが、スタジアムの一角にはチリサポがびっしり集まっていて、雰囲気は最高だ。サンパオリ監督が率いる今回のチリは今大会でも屈指の先端フットボールを展開している。今大会、3バックの復権が見られるが(というか今やJ2でも3バックは増えている)、単に3バックというだけでなく、そこに170cm台の身長の低い選手たちを並べるスタイルは異彩を放っている。それでいて空中戦にひるまない強さも恐るべきものだが(ブラジルのフレッジや途中出場のジョーといった大型選手をことごとく抑えた)、眼目はボール扱いにすぐれた、フィード能力の高い選手を起用したいということなんだろう。つまり従来なら中盤の底を務めたような選手たちを並べる。長身で屈強だが足元はもうひとつという伝統的なセンターバックを排したという点で3バックというよりは、ノーバックと呼びたくなる。前線に伝統的9番を置かないノートップ・システムの時代の次は、ノーバック。チリは従来サモラノやサラスなど9番の人材はいつもいたわけだけど、今回は9番タイプのピニージャをサブに置いているので、いわばノートップ、ノーバックの進化形フットボールを実践しているともいえる。ハイプレス、ハードワークの最適化のひとつのありかたというべきか。
●これに対してブラジルは個人の突破力とインスピレーション豊かなパスワークが頼みの綱。前半12分、フッキのワンツーを使った直線的な突進がすさまじい迫力。前半18分、ネイマールのコーナーキックから、チアゴシウバの頭を経由して、ダビドルイスが泥臭く押し込んでブラジル先制。しかし内容ではむしろチリがペースをつかんでいたかも。前半32分、まさにチリの狙い通りの形がぴたりとはまって、ブラジルの自陣奥深くのマルセロのスローインからフッキが返したところをバルガスがかっさらって、すぐにアレクシス・サンチェスにつないで、これをゴール左隅に決めて同点。前半終盤にもチリが怒涛の攻勢をかける。チリはブラジル相手に自信と気迫にあふれたプレイを見せた。
●ハイペースの展開だっただけに、後半の途中からは両者ともに運動量が落ちて、早々と消耗戦の様相を帯びてくる。ブラジルは前線のフレッジに代えて投入したジョーにまったくボールが収まらない。王国にはいくらでももっといい選手がいそうなものだが……。後半10分フッキのゴールはハンドで幻に。フッキは終盤になっても突破力が衰えないのがスゴい。チリはブラジルを仕留めるチャンスを何度も迎えていた。まさかブラジル開催のワールドカップで、ここでブラジルが敗退してしまっていいものだろうかという思いと、勝者にふさわしいのはチリのはずという思いで、どちらを応援していいのかもまったくわからなくなる。延長に入った時点で、あとは時の運次第という様相に。延長後半14分、交代出場したチリのピニージャのシュートがバーを叩いた。これが入っていれば試合は終わっていた。ブラジルはバーに救われて、PK戦に。
●PK戦が始まる前からブラジルのベテランGK、ジュリオ・セザールが泣いている。PK戦が終わって泣くのではなく、始まる前に泣いたキーパーを始めて見た。カナダのトロント所属のキーパーが正GKというブラジル代表もどうかと思うが、なんと、そのジュリオ・セザールがピニージャ、アレクシス・サンチェスを立て続けに止める。チリの二人はともに「外したくない」という気持ちが強すぎたのか、甘いコースに蹴ってしまった。一方、ブラジルも2人目のウィリアン、4人目のフッキがPKを失敗。チリのキーパーはバルセロナへの移籍が決まっているブラボ。5人目、もっとも重圧がかかるところでブラジルは若きエース、ネイマールが左下に慎重に決め、一方、チリはハラがポストを叩いて失敗。勝ったネイマールも、敗れたハラもピッチ上で号泣。ネイマールとダビドルイスは向き合って跪いて祈りを捧げた。PK戦なので、記録上は引き分け。チリではなくブラジルを大会に残したのは、運の仕業だ。

ブラジル 1-1 チリ (3 PK 2)
娯楽度 ★★★★
伝説度 ★★★★

このブログ記事について

ショップ