Music Unlimited
July 2, 2014

東京オペラシティで大野和士指揮フランス国立リヨン歌劇場管弦楽団

●30日は大野和士指揮フランス国立リヨン歌劇場管弦楽団へ(東京オペラシティ)。ルーセルの「バッカスとアリアーヌ」組曲第2番、ラヴェルの「ラ・ヴァルス」とバレエ音楽「ダフニスとクロエ」全曲という、一曲ごとにクライマックスが訪れるような華やかなプログラム。ホールの空間いっぱいに響きが充満したせいもあってか、フランスのオーケストラという先入観から予想されるものとは少し異なる、濃厚で芯のあるサウンドを満喫。「ラ・ヴァルス」のグロテスクな美しさがよく伝わってきた。「ダフニスとクロエ」は一大スペクタクル。フルートが冴えまくっていて、猛烈にうまい。こんなソロイスティックな笛を聴かせる人がオペラのオーケストラにいるものなんだろか……と思って、メンバー表を見たら、上野星矢とクレジットされていた。今回だけの客演なんすかね? もう感服。合唱は同歌劇場の合唱団でこちらも好演。熱気が渦巻くラヴェル。
●アンコールにフォーレ「ペレアスとメリザンド」から「シシリエンヌ」、ビゼー「アルルの女」から「ファランドール」。会場はわきあがって、大野和士のソロ・カーテンコールが2回。
●大野&リヨン歌劇場はこの後、今週末からBunkamuraでオッフェンバックの「ホフマン物語」を上演する。ますます楽しみに。演出はロラン・ペリー。
●ややこしいのだが、今月はさらにフランス国立リヨン管弦楽団の来日ツアーもあって、うっかりすると混同しそうになる。こちらの指揮はスラットキン。フランス国立リヨン歌劇場管弦楽団とは別の団体だ。同じ街の2つのオーケストラが同じ月に日本に来ているのは珍しいけど、これって偶然そうなるもの?

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。