Music Unlimited
August 5, 2014

フェスタサマーミューザ2014~川瀬賢太郎&神奈川フィル

フェスタサマーミューザ 2014●4日はミューザ川崎でフェスタサマーミューザ2014、川瀬賢太郎指揮神奈川フィルへ。平日の15時開演、プログラムはルロイ・アンダーソンと「スターウォーズ」組曲が中心ということで、会場には子供たちの姿も大勢。先日のインバル&都響のブルックナーとはうってかわって、ファミリーコンサートの雰囲気になった。この多様性がサマーミューザ。
●神奈川フィルの鮮やかな演奏も期待以上の楽しさだったんだけど、川瀬賢太郎さんのトークがうまくて舌を巻く。言葉が聞き取りやすいし、言い淀まない。微妙に乾いた笑いを呼び起こすネタもあって勇気凛々。吉。あと細くてカッコいい。本物の若者しかできないキレのある動きが音楽の躍動感につながっていたと信じる。前にも書いたけど、「オヤジもっさり理論」によれば30代半ばあたりには、だれもがこのキレを失う。速度じゃなくて加速度がなくなるんすよね。
●「スターウォーズ」組曲は、メイン・タイトル、レイア姫のテーマ、帝国のマーチ、ヨーダのテーマ、王座の間とエンド・タイトルの5曲、っすよね? ワタシは「王座の間」のファンファーレを聴くと、第1作の最後でルークやハン・ソロが讃えられる晴れがましい場面が目に浮かんできて、ぐっとくる。オッサンホイホイという気もするけど、子供たちも楽しんでくれただろうか。

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「ミンコフスキ&東京都交響楽団のビゼー」です。

次の記事は「ルロイ・アンダーソンの「タイプライター」」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。