January 26, 2015

ニッポンvsUAE@アジア・カップ2015準々決勝

UAE●もう敗退してしまった大会について今さら振り返るのもなんだが、それでも振り返っておく。アジア・カップ2015準々決勝のニッポンvsUAE。1対1の同点から延長でも決着つかずにPK戦で本田と香川が外して、決勝トーナメントの初戦でニッポンはあっさりと敗退してしまった。
●こちらは中二日、相手は中三日というコンディションの差は当初から危惧されていた。ニッポンはグループリーグの3試合でも先発をローテーションさせずに戦ってきた。そして、この試合でもやはりメンバーを動かさずに戦った。相手とのコンディション差はじわじわと効いていただろうし、実際に終盤では交代枠を使い切った後で長友が足を痛めるというアクシデントがあったわけで、アギーレ監督の起用法がよかったとは思えない。が、ジーコだって固定メンバーで優勝を果たしたわけで、短期決戦でコンディションよりメンバー固定を優先することがまちがいとはいえないこともわかっている。メンバーは、GK:川島-DF:酒井高徳、森重、吉田、長友-MF:長谷部-遠藤(→柴崎)、香川-FW:乾(→武藤)、本田、岡崎(→豊田)。
●試合内容を振り返れば、一方的にニッポンが相手を押し込んでいた。早々にUAEが先制してしまったが、その後、ニッポンはチャンスの山を築いた。本田のワンツーからの柴崎のミドルシュートはセンセーショナルだったが、後半36分と追いつくのが遅すぎた。こちらのシュートは35本(枠内8本)、相手のシュートは3本(枠内2本)。一方的にもほどがあるが、それでも入らないときは入らない。決定力不足というより、運がなかったという印象。サッカーではこういう試合も避けられない。PK戦は先攻のニッポンのほうが統計的にはずっと有利だったはずだが、これもまた不運な結果に終わってしまった。
●じゃ、結果論以外でなにが悪かったかといえば、それは世代交代を一歩も進められなかったことだろう。ザッケローニがスタート時から抱えていた(そしてワールドカップ本大会でアキレス腱ともなった)長谷部と遠藤のバックアップをどうするか問題が、まさか次の監督になっても続くとは。アギーレの悲しいところは当初、独自の評価基準でフレッシュなメンバーを選びながら、親善試合を重ねるごとにザック時代に回帰し、すっかりもとにもどったアジア・カップで早々に敗退してしまい、オーストラリアや韓国といった同レベルのサッカーで戦える公式戦を経験できずに終わってしまったこと。なんという、踏んだり蹴ったり感。おまけにスペイン時代の八百長騒動まで勃発していて、呪われている。
●で、これからどうすんのよってのが問題。アギーレを解任するっていっても、違約金などの契約条件がどうなっているんだか。八百長事件の行方によっては、急激な展開があるかもしれないが……。

このブログ記事について

ひとつ前の記事は「ノセダ&N響でカセルラの交響曲第3番、Jupiterで新連載」です。

次の記事は「LFJ2015は「PASSIONS(パシオン)恋と祈りといのちの音楽」」です。

最新のコンテンツはインデックスページへ。過去に書かれた記事はアーカイブのページへ。

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。